恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170703183241.html
キャバクラにハマる男性の特徴や心理 20選

キャバクラにハマる男性の特徴や心理 20選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
キャバクラにハマる男性の特徴や心理 20選

女性と付き合った経験のない人がキャバクラにハマる人も多いようです。 そこで、キャバクラにハマる男性の特徴や心理をまとめて見ました。

  • 女性に対して免疫がない
  • 自由になるお金が多い
  • 遊び好き
  • 女好き
  • 褒められたい
  • 威張りたい
  • 支配欲が強い
  • 頼られたい
  • プレゼント好き
  • おしゃべり好き
  • 非日常を味わいたい人
  • ストレスが多い人
  • 友達が少ない人
  • 自分に自信がない人
  • 恋愛に懲りた人
  • 愚痴が多い人
  • 居場所がない人
  • 寂しがり屋
  • 若い女性が好きな人
  • モテ気分を味わいたい人

1. 女性に対して免疫がない

男女(ハグ・夕日・見つめあい)

今まで女性と付き合った経験のない人がキャバクラにハマると言った事も少なくありません。

女性と付き合いたいと思っていても、なかなかチャンスがない人。 また、思い切って告白などする勇気がない人などの場合、手短に女性と知り合う事ができる場所として、キャバクラを選ぶ傾向があるのです。

そこで女性と楽しい時間を過ごすだけでも、十分満足だと感じる人も少なくありません。

2. 自由になるお金が多い

現金

お小遣いの多い人や独身で稼いだお金はすべて自由に使う事ができる人の場合、キャバクラにハマる人も少なくありません。

お金を惜しむことなく使用する事ができるため、ついついキャバクラにハマってしまう傾向があるのです。

お金があるからこそ、行く事ができるキャバクラだと言えるのではないでしょうか。

3. 遊び好き

足アップ(女性・波打ち際)

根っからの遊び好きの男性の場合、キャバクラも遊びの一つとしては丸傾向があります。

色々な遊びを行う中の一つとして、夜はキャバクラ!と言った感じで考える男性も多く、キャバクラで楽しく飲み遊ぶ事を楽しみにしている男性も多くなっています。

その結果、キャバクラにハマる人も多くなっているのです。

4. 女好き

男性(肌・洋・側面)

女好きの人が手っ取り早く女遊びする事ができる場所と言えば、キャバクラ。 キャバクラには、可愛い女性がたくさんいます。

わざわざ、自分の足で可愛い女性を探す必要などありません。 そう言った事から、女好きの人が自然とキャバクラにハマってしまうと言う事は十分に考えられるのです。

女好きの場合、手短に女性と遊ぶ事ができるキャバクラは、もってこいの場所と言えるのです。

5. 褒められたい

足アップ(女性・砂浜)

男性の場合、自分の事を認められたい!褒められたい!と言う願望を強く持っている人が多くなっています。

しかし、現実の彼女や奥さんからは、自分の思い通りに褒めてもらうと言う事ができない場合も少なくありません。 そんな願望を満たすために選んだのがキャバクラだという男性もいるのです。

キャバクラの場合、男性を上手く褒めてくれる女性がほとんどです。 その為、気分よくお酒を飲み、楽しい時間を過ごす事が可能になるのです。

6. 威張りたい

男性(暗・サングラス・正面)

昔の男性は威張って当然!という風潮がありました。 しかし、現在では、そう簡単に威張る事ができる環境にいない人も少なくありません。

仕事でも威張る事は出来ず家庭でも威張る事ができない男性。 そう言った男性がキャバクラに行く事で女性に対し威張る事ができ、その感覚を忘れる事ができないとハマってしまう人も多くなっているのです。

キャバクラの場合、いくら威張っても非難させる事はありません。 反対に「すごいね!」なんて優しい言葉をかけてもらうことができるため、ついついキャバクラに通ってしまうと言った人もいるのです。

7. 支配欲が強い

風景(ラベンダー)

支配欲が強い男性もキャバクラにハマりやすい傾向があるようです。 女性を支配したいと思っていても、実際、現実ではなかなか難しい事も多くなります。

そんな人がキャバクラに行く事で、その場だけでも女性を支配した気分を味わう事ができるのです。 実際、キャバクラの女の子は、支配されても素直にその支配を受け入れてくれます。

そんな事、現実の彼女にすれば、どうなるか分かりません。 その為、恐ろしくてできない人でも、キャバクラで支配欲を満たす事で、現実の彼女を支配することなくうまくやっていく事も可能になってくるのです。

8. 頼られたい

男性(ハグ・男性カメラ目線)

男性の多くは、女性に頼られたいと思っています。 しかし、強い女性が増えてきた現代では、そう簡単に男性に頼ってくる女性を見つける事はできません。

そういった事から、女性に頼られたいという願望を満たすためにキャバクラにハマってしまう男性も少なくありません。

キャバクラの女性と言うものは、基本的に男性にうまく頼ってくる傾向があります。

それが例え、商売とわかっていても男性としては嬉しくてたまらないといった事もあるのです。

9. プレゼント好き

風景(草原・山)

プレゼントを贈る事が大好きな男性もいます。 もちろん、プレゼントを贈る事が好きと言うのではなく、プレゼントを贈る女性の事を考え選んでいる自分が好きな男性。

また、それを受け取って喜んでくれる女性の顔が好きな男性などプレゼントを贈る事が好きだと言う人もそれぞれです。 しかし、共通して言える事は、キャバクラの女性の場合、これでもか!と言う笑顔でプレゼントを受け取ってくれるという点です。

その笑顔を見るために、キャバクラに通い、そして、プレゼントを贈る男性もいるのです。

10. おしゃべり好き

男女(海岸・歩き・会話)

おしゃべり好きな男性の場合、キャバクラにハマってしまう傾向があります。 キャバクラの女性は、とにかく、聞き上手な人が多いのが基本です。

自分の話を「そうだね」「すごいね!」と聞いてくれる事を気持ちよく思う男性も多く、結果、おしゃべりをする為にキャバクラに通い詰めると言った人もいるのです。

楽しい会話をする場所として、キャバクラを選び楽しい時間を過ごす傾向があります。

11. 非日常を味わいたい人

風景(海・波1)

仕事で疲れている人。 それら以外でも毎日の日常で疲れ切っている人がキャバクラにハマってしまうと言った事も少なくありません。

キャバクラに一歩入れば、そこは非日常の正解です。 自分の仕事の事や悩み事を知っている人など基本いません。

また、日常では味わう事ができないような接待気分やお世辞を聞く事もでき、結果、非日常を忘れ、キャバクラにいる時間だけでも心の底から楽しい時間を過ごす事が可能になるのです。

そんな時間を忘れる事ができないと言う事でキャバクラにハマってしまう人も少なくありません。

12. ストレスが多い人

男性(悩み4・モノクロ)

ストレスの解消の場としてキャバクラにハマってしまう人もいます。 キャバクラに行けば可愛い女性がたくさんいます。

そして、そんな可愛い女性が自分の横で楽しい会話をしてくれるのです。 それによって、昼間抱えていたストレスを一気に解消する事ができると思う人も多く、結果、ストレスを解消するためにキャバクラに通い続けると言う人もいるのです。

13. 友達が少ない人

風景(橋・明)

基本的に友達が少ない人の場合、キャバクラに一人で通い、そして、ハマってしまう傾向があります。 キャバクラに行けば、そこで馴染みの女の子とまるで友達のように楽しい会話をする事ができるのです。

そうすれば、友達が少なく寂しい自分を実感する事もなく、まるで多くの女友達がいるかのような気持ちになる事もできるのです。

14. 自分に自信がない人

男性(木陰・座り)

自分に自信がない人がキャバクラにハマってしまうと言う事も少なくありません。 自分に自信がないという事で、職場などでは積極的になる事ができない人でも、キャバクラならばお酒の力を借りて自分に自信を持つ事もできるのです。

また、キャバクラの女性は、お客様に自信を持たせるという事も非常に上手です。

その結果、キャバクラに通う事で自分に自信があると思い込む事もでき、気持ちいい時間を7過ごす事が可能になります。

15. 恋愛に懲りた人

風景(ビル・エンタメ)

現実の恋愛に懲り懲りだと言う人の中には、恋愛には懲りたけれど女性は好きだと言う人も多く、結果、恋愛に関係なく女性と楽しい時間を過ごす事ができるキャバクラにハマってしまうと言う場合も少なくありません。

恋愛と言うものは楽しい事も多い反面、面倒な事が多いという事も事実です。 一方、キャバクラの場合は、面倒な事は一切なく、基本的に楽しい事が基本となります。

そう言った事から恋愛に懲りた人がキャバクラにハマってしまうと言った事も多くなっています。

16. 愚痴が多い人

男性(真顔・側面)

日常の愚痴が多い人がキャバクラにハマってしまうという場合もあります。 愚痴と言うものは、言う相手を選ばなければいけません。

愚痴を言う相手を間違ってしまうと最悪の状況に陥ってしまう事も考えられるのです。

その反面、キャバクラの場合、どれだけ愚痴を言っても大丈夫!自分の知り合いの事を知っていないという安心感。

また、お客様の愚痴を聞くというキャバ嬢の仕事によって、気持ちよく愚痴を言う事ができるのです。

日常のストレスをキャバクラで愚痴と言う形で発散する事に快感を得た場合、キャバクラにハマってしまうと言えるのです。

17. 居場所がない人

風景(水面)

職場で居場所がない人。 家庭でも居場所がない人が行きつく場所として、キャバクラを選ぶといった事も少なくありません。

仕事終わりに自宅に帰りたくないと思う人がついつい寄ってしまうのがキャバクラ。 キャバクラの場合、話も聞いてくれ、居心地のいい空間作りをしてくれる場合がほとんどです。

その結果、自分の居場所はここにしかない!と思い込む男性も多く、結果的に職場からキャバクラに寄ってからではないと帰宅する事ができないほど、キャバクラにハマってしまう人も多くなっているのです。

18. 寂しがり屋

男性(悩み5)

基本的に寂しがり屋の人がキャバクラにハマってしまう場合が多くなっています。 寂しがり屋なのに日常、周りの人にかまってもらうことができない男性。

帰っても一人で寂しい男性が、寂しさを紛らわすために選ぶ場所としてキャバクラを選ぶのです。

キャバクラにいる時間だけは、寂しいと感じることなく、過ごす事ができ、少しでも寂しい時間を埋める為にキャバクラにハマってしまうと言えるのです。

19. 若い女性が好きな人

風景(空1・暗)

基本的に若い女性が好きな男性がキャバクラにハマってしまう事も少なくありません。 若い女性と知り合うきっかけがなくなった年配の人でも、キャバクラに行けば、若い女性とたくさん話す事が可能になります。

そう言った目的からキャバクラについついハマってしまうと言った年配の男性も多くなっているのです。

20. モテ気分を味わいたい人

男性(暗・夕日・側面・目線下)

全くと言っていいほどモテた事のない男性でもモテ気分を味わう事ができるのがキャバクラです。

そんなモテ気分を忘れる事ができないと言う事で、何度もキャバクラに足を運んでしまう男性も多く、その時だけでもモテ気分を味わい、気分よくなる事を楽しみにしている男性も多くなっています。

女性と付き合った経験のない人がキャバクラにハマる人も多いようです。 そこで、キャバクラにハマる男性の特徴や心理をまとめて見ました。


男女(ハグ・夕日・見つめあい)

今まで女性と付き合った経験のない人がキャバクラにハマると言った事も少なくありません。

女性と付き合いたいと思っていても、なかなかチャンスがない人。 また、思い切って告白などする勇気がない人などの場合、手短に女性と知り合う事ができる場所として、キャバクラを選ぶ傾向があるのです。

そこで女性と楽しい時間を過ごすだけでも、十分満足だと感じる人も少なくありません。

現金

お小遣いの多い人や独身で稼いだお金はすべて自由に使う事ができる人の場合、キャバクラにハマる人も少なくありません。

お金を惜しむことなく使用する事ができるため、ついついキャバクラにハマってしまう傾向があるのです。

お金があるからこそ、行く事ができるキャバクラだと言えるのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!