恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170702114716.html
買い物依存症になる人の心理や特徴10選

買い物依存症になる人の心理や特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
買い物依存症になる人の心理や特徴10選

買い物依存症という言葉を知っているのではないでしょうか。 買い物依存症とは買い物をしないと心が落ち着かなくなってしまう病気です。 これは、依存という一つの病気なので根本的なものを治さないと改善しません。 では、買い物依存症になる人の特徴や心理を紹介したいと思います。

  • ストレスを溜め込みやすい
  • 見栄っ張り
  • 自己評価が低い人が多い
  • ネットショッピングがすき
  • クレジットで何でも買う
  • 真面目な人が多い
  • 責任感が強い
  • 元々買い物がすき
  • ブランド志向
  • 買い物をするとスカッとした気持ちになる

1. ストレスを溜め込みやすい

女性(拒否2)

人間 関係や仕事の悩みでストレスを感じてしまう事はあると思います。 しかし、買い物依存症になる人はそのストレスが人よりも大きいことが多いです。

そのため、心が不安定になり買い物でストレスを発散してしまいます。 そして、それが癖になり、依存症へと発展していきます。

2. 見栄っ張り

手アップ(スマホ操作・女性9・クレカ)

実は見栄っ張りな人も依存症になる可能性があります。 流行りモノが大好きで、高級品を見に着けて、それをいつも自慢するような人は見栄っ張りな人が多いです。 ブランドを身に着ければ誰かに羨ましく思われたり、すごいといわれたりそれが心地よくなり、買い物ばかりするようになります。

そして、誰かに褒められる事でバランスを取っていくうちに依存症へと移行していきます。

3. 自己評価が低い人が多い

女性(悩み4・膝抱え)

自分は駄目な人間、存在価値がないと思っている人は買い物依存症になりやすい傾向にあります。 自分に価値がないため、高いものを買ってそれを身に着けたり、買い物をする事を心のよりどころにして精神を保とうとします。

4. ネットショッピングがすき

手アップ(パソコン操作2・女性)

そもそも買い物依存症になる人はネットショッピングが好きな人が多いです。 ネットを見れば何でも手に入る時代なので誘惑がとても多いです。

そのため、ネットをしているうちについつい何でも買ってしまいそれが心地よくなってしまい買い物依存症に走ってしまいます。

5. クレジットで何でも買う

クレジットカード

クレジットカードで何でも買う傾向にある人は買い物依存症になりやすいです。 何故ならクレジットカードを使うとお金を使った感覚が鈍くなるため抵抗がなくなるからです。

そのため、現金では抵抗がある金額でもクレジットカードでは簡単に買ってしまうという事になり、それが積み重なって買い物依存症になってしまいます。

6. 真面目な人が多い

手アップ(女性・花1つ)

買い物依存症と言えばお金にだらしない人が多いというイメージがありますよね。 ですが、実は反対で真面目な人が陥りやすいのが特徴です。 真面目な人はストレスを抱え込みやすい傾向にあり、それをなかなか外に発散する事が出来ません。

ストレスを溜め込んだままにしてしまうため、それが買い物をする事で発散しようとしてしまいます。

7. 責任感が強い

両親(笑顔)

実は責任感が強い人ほど自分への現状への不満や不平を弱さとして考えてしまう傾向があります。 責任感が強い人は人にお願いしたり、頼ったり出来ないため、ストレス発散が依存症へと変わってしまいます。

責任感が強いと人に頼られる事も多いのでストレスを人一倍感じやすいのも特徴です。

8. 元々買い物がすき

指輪(ケース内)

買い物依存症になる人は昔から買い物をするのが大好きで買い物が楽しみという人が多いです。 そのため、ストレスがたまるとすぐに自分が楽しい事をしてしまい、結果買い物がやめられなくなるという傾向があります。

今買い物依存症ではなくても買い物が好きな人は気をつける必要があります。 依存症になると買い物がしたいという気持ちが止められなくなってしまいます。

9. ブランド志向

風景(都市俯瞰1)

元々ブランドが好きな人も買い物依存症に気をつける必要があります。 高い買い物ばかりしている人は依存症になると借金をしてまで買い物をしてしまう傾向があります。

借金をしてまで自分が好きなものを買うのは依存症なので元々ブランド志向の人も要注意です。

10. 買い物をするとスカッとした気持ちになる

プレゼント2・文字無し青

買い物をすると気持ちが安定したり、スカッとしたりする人も注意が必要です。

依存症になるとそのスカッとする快感を忘れられずに止められなくなってしまいます。 買い物をしてスカッとするという事はストレスが溜まっている証拠なので別の方法でストレスを解消するようにしましょう。

買い物以外に自分の好きな事を見つけて解消するようにしてくださいね。

このように、買い物依存症になる特徴や心理を紹介しました。 買い物がすきで止められない人はこれらに当てはまる事がないか確認してみましょう。

まだ自分の使える範囲のお金で買い物をしているうちは良いのですが、借金してまで買い物をしようと考え出したら危険です。 特にクレジットカードはリボ払いという便利な方法があるので、借金をしやすい環境になっています。

もし、買い物をしてスカッとしたり安心したりしたらそれは、依存症になる前触れなので、自分と向き合いストレスを解消する方法を見つける事をおすすめします。 買い物依存症は一度なると自分だけではなかなか治す事が出来ません。

取り返しがつかなくなる前に対策を考えて依存症にならないようにしてくださいね。
もし、依存症かなと思ったら専門機関に相談してみる事をおすすめします。

買い物依存症という言葉を知っているのではないでしょうか。 買い物依存症とは買い物をしないと心が落ち着かなくなってしまう病気です。 これは、依存という一つの病気なので根本的なものを治さないと改善しません。 では、買い物依存症になる人の特徴や心理を紹介したいと思います。


女性(拒否2)

人間 関係や仕事の悩みでストレスを感じてしまう事はあると思います。 しかし、買い物依存症になる人はそのストレスが人よりも大きいことが多いです。

そのため、心が不安定になり買い物でストレスを発散してしまいます。 そして、それが癖になり、依存症へと発展していきます。

手アップ(スマホ操作・女性9・クレカ)

実は見栄っ張りな人も依存症になる可能性があります。 流行りモノが大好きで、高級品を見に着けて、それをいつも自慢するような人は見栄っ張りな人が多いです。 ブランドを身に着ければ誰かに羨ましく思われたり、すごいといわれたりそれが心地よくなり、買い物ばかりするようになります。

そして、誰かに褒められる事でバランスを取っていくうちに依存症へと移行していきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!