恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170630183808.html
尽くす女性に共通する特徴や心理

尽くす女性に共通する特徴や心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
尽くす女性に共通する特徴や心理

付き合った彼氏にとことん尽くしてしまう女性っていますよね。 何でもかんでも彼のために動いてしまうそういった経験はありませんか? そんな女性はどのような心理や特徴があるのかを紹介したいと思います。



  • 世話を焼きたがる
  • 何でも言う事を聞く女性もいる
  • 金銭的に援助する女性もいる
  • 彼氏に依存している可能性が高い
  • 自己中心的な考えから尽くす女性もいる
  • 自分の不安を消すため
  • 彼が言った事はすべてYESになる
  • 自分の予定を100%合わせる
  • 彼好みになろうとする
  • 待ち合わせは彼より絶対に早くくる
  • 尽くすのが好き
  • 尽くす女性が好かれると知っている
  • 尽くさないと嫌われると思う
  • 母親が尽くすタイプ
  • 愛が深いタイプ
  • 年の離れた弟がいる女性
  • 束縛したい
  • 自分だけを見ていて欲しい
  • 他の女性に触れて欲しくない
  • いつも一緒にいたい
  • ひとりでいても楽しくない
  • 最後にまとめ

1. 世話を焼きたがる

男女(仲良15・雑誌読み)

尽くす女性はまずは彼氏の身の回りの世話からしようとしてきます。 別々に暮らしているのに彼の家を自分の家のようにすべておこなってしまい、まるで自分の部屋のようにしてしまいます。

料理、洗濯、掃除などをすべて行なう女性はまさに尽くす女性の特徴といえるでしょう。

2. 何でも言う事を聞く女性もいる

女性(祈り2)

相手の要求を何でも聞いてしまう特徴があり、例えば「迎えに来て欲しい」といわれれば迎えにいき、朝○時に起こして欲しいといえばおこしてくれるなど彼の要求に何でも答えるのが尽くす女性の特徴です。

金銭的に援助する女性もいる

男女(腕組み・顔隠れ)

そして、その要求がエスカレートすると彼の家賃や身の回りのものまでお金を出してしまいます。 生活費が足りないといえば生活費を出し彼にいくらでも貢いでしまう女性もたくさんいます。

周りから見たらおかしいかもしれませんが、その要求にこたえるのが愛だと思っています。

彼氏に依存している可能性が高い

男女(男性頼り)

身の回りの掃除や家事まで何でもしてあげて彼に信頼されて、感謝される、そうするともっと彼に感謝されたいという気持ちからさらに尽くしてしまう可能性があります。

中には恋愛に依存してしまう人もおり、彼に何かしていないと不安になってしまうのです。

自己中心的な考えから尽くす女性もいる

男女(接近1・足元)

尽くす女性に聞くと「好きだから尽くす」といいます。 しかし、尽くしすぎている人の大半は彼に負担を与えてしまっている事がほとんどです。 彼のために行なっていると思いがちですが、彼の気持ちは一切考えていない場合が多いので、実は尽くしすぎる女性は自己中心的な女性が多いのです。

6. 自分の不安を消すため

女性(悩み21・明・ひじ立て)

尽くしてしまう人は実は自分に自信がなく自分の不安を消すために行なっていることがおおいです。 尽くして彼に認められてそれで自分が愛されていると思い不安を解消します。

7. 彼が言った事はすべてYESになる

男女(仲良14・男性抱きつき)

尽くす女性は彼がいったことを絶対にNOとは言いません。 他の人から聞いたらおかしいと思うことでも必ず肯定します。 彼が言った事は絶対に正しいと思い込み、さらに彼が望んでいることはすべてかなえるものだと思っています。

ですので、彼には絶対に逆らわない女性は尽くす女性といっても良いでしょう。 しかし、その奥には「彼にとって1番の存在」でありたいと思う気持ちが隠れています。

自分の予定を100%合わせる

男女(複数・飲み1)

尽くす女性はすべて彼のスケジュールで行動します。 ですので、彼の予定にあわせて動くので彼が予定を決めるまでは誰とも約束を入れたりはしません。

仮に友達と約束があっても彼との約束とぶつかったら友達との約束はすべて断ります。

自分の行動のすべては彼を中心に回っているので、そのためには友達の約束を断るのは日常茶飯事です。

彼好みになろうとする

首アップ(女性・髪型整え)

例えば彼がきれい系の服装が好きだといったら彼に合わせてまた違うタイプの服装が好みだといったらすべてそれに合わせます。

そのため、彼氏がかわるたびに服装のタイプが変わるので印象も変わります。

自分というものがなく、すべて彼氏に合わせて自分自身も変えていってしまいます。

待ち合わせは彼より絶対に早くくる

男女(走り)

尽くす女性は彼を待たせるということは絶対にしません。 待ち合わせの時間よりも10分前には来て常に自分が先に待っています。

自分が先についていることで彼がいつくるか楽しみに待っている時間を楽しむ傾向にあります。

そのため、遅刻ということはまずありません。

尽くすのが好き

男女(腕組み・顔隠れ)

男性に尽くすのが好きな体質の女性がいます。 彼に何かをしてあげることが、とても楽しいのです。 世話好きで、面倒をみるのが大好きな女性です。

自分に対して愛情を注ぐよりも、他人に何かをしてあげることに喜びを感じる女性です。 彼が尽くされることを嫌っても、尽くすことを我慢することができないのはそのためです。

対等な関係が大事

自分の時間も大切にできるように、精神的に自立する必要があるでしょう。 ただ男性が尽くされることが好きな場合は、Win-Winの関係になります。 尽くすのが好きな女性は、相手との相性が重要になるでしょう。

尽くす女性が好かれると知っている

足アップ(女性・ヒール1・オシャレ)

家庭的な女性から一歩進んで「男性は尽くす女性が好き」と思い込んでいる女性がいます。 このような女性は、尽くす女性を演じることになります。

実際は尽くしてくれる女性を好きな男性もいますが、「重い」と感じる男性もいます。 自分の彼が尽くす女性に対して重いと感じていると分かった場合は、すぐに尽くす女性アピールをやめるでしょう。

尽くさないと嫌われると思う

女性(悩み25・頭抱え・明)

過去の経験から、尽くさないと嫌われると思っている女性もいます。 元彼が尽くすことを求めるタイプだったのかもしれません。 ネガティブな理由で尽くしているため、そのような女性は悲壮感が漂います。 尽くさなくても大丈夫なことを知ることが大切です。

母親が尽くすタイプ

足アップ(女性・落ち葉)

女性は育った環境で行動が変わります。 母親が父親に尽くす家庭で育った場合は、娘も「男性に尽くすのが当然」と思って育ちます。

愛が深いタイプ

手アップ(ハートマーク2)

愛情が深くて、好きな相手に「もっとしてあげたい」と思ってしまう女性がいます。 男性にとっては、だんだん彼女が重い存在になっていく事もあります。

年の離れた弟がいる女性

手アップ(色鉛筆)

年の離れた弟がいて、自分が母親代わりになり育てた経験がある女性は、母性が強いです。 彼氏に対しても弟にしてあげたように、少し過剰なサービスをしてあげます。

小さな子どもにしてあげるのは当たり前のことでも、彼氏にすると尽くしているように見えることがあるでしょう。

束縛したい

男女(ハグ・女性カメラ目線)

彼氏の面倒を過剰にすることで、彼を束縛したいと思っている女性がいます。 彼に自由を与えないくらい、すべての面倒をみてしまう女性です。

服も料理も全て用意してしまうため、彼は自分で何かを選ぶことができません。 それが彼女の狙いです。

自分だけを見ていて欲しい

手アップ(肘置き・女性)

彼の身の回りの世話をすることで、「自分だけを見て欲しい」という欲求を満たしている女性もいます。 彼に尽くせば、彼は自分だけを見てくれると思っています。 しかしその願いが叶わずに、都合のいい女性のような扱いを受けて落ち込むこともあるでしょう。

他の女性に触れて欲しくない

男女(仲良22・男性目隠し・雪山)

彼に関することは全て、自分だけが関わりたいと思っている女性がいます。 彼に他の女性と触れ合って欲しくないのです。 ひとりで食事をさせれば、他の女性と出会う可能性が高くなると考えます。

そのため一人で食事ができるように、お弁当を作ってあげます。 彼にきっかけを与えて、他の女性と触れ合うチャンスがないように、とても気を配っています。 彼に尽くしているというよりも、自分の都合で面倒をみている状態です。

いつも一緒にいたい

手アップ(ゲーム操作・男女)

とにかく彼と一緒にいたい女性は、できるだけ彼といられるようにします。 別に彼が遊んでくれなくてもいいですし、デートなど特別なイベントをしてくれなくてもいいのです。 彼の部屋でまったりと過ごせれば満足です。

彼の部屋で一緒に映画やテレビを観て、食事を作って一緒に食べます。 女友達から見ると、デートに連れて行ってもらえずに、食事まで作って「どれだけ尽くしてんだ」という印象になります。 しかし本人的には尽くしている気持ちはないのです。

ひとりでいても楽しくない

女性(暗・階段・目線下・てすり)

自分の時間を楽しめない女性がいます。 ひとりでいても楽しくないので、彼に会いに行くことになります。 デートなどの日以外で、彼の部屋に遊びに行けば、彼には何かしらの予定があるわけです。 仕事をしたり、趣味に没頭する時間です。

彼女は彼の邪魔はしたくないけれど、ひとりにもなりたくないので、彼の部屋の掃除をしたり、昼食や夕食の支度をして時間を埋めていきます。 結果的に、尽くしている女性のように見えるのです。

最後にまとめ

手アップ(女性・花2)

尽くす女性の共通点を見てみると、生まれつき尽くすのが好きなタイプもいれば、尽くした方が好かれると思って計算しているタイプ、また彼に依存してしまい尽くさずにいられないタイプなどがいました。 ネガティブな理由で尽くしてしまう女性は、少し自分と自分の時間を大切にするようにしましょう。

もちろん尽くすというのがダメなわけではありません。 相手に尽くせるのは素晴らしい女性だと思うのですが、度を越えてしまうと相手の負担になり、振られてしまう可能性があるので、ほどほどにしておきましょう。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!