恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170626175924.html
聞き上手な女性の特徴10選

聞き上手な女性の特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
聞き上手な女性の特徴10選

話を聴くのが上手な聞き上手な女性の特徴10選まとめました。 こんな女性が聞き上手な女性と思う瞬間など。

  • 相手の目をジッと見つめる
  • 相づちを入れすぎない
  • 思いを表情で伝える
  • 内容を掘り下げた質問をする
  • ユーモアにはユーモアで返す
  • 相手の話に関連するエピソードを話す
  • 本当に良いと感じたところだけをほめる
  • 基本的には否定しない
  • アクションを取り入れる
  • アンコール、リクエストをする

1. 相手の目をジッと見つめる

女性(真顔・正面)

これは会話の基本と言えるかもしれませんが、意外と多くの人ができていないのが、相手の目を見て話すことです。

相手の目を見つめることに恥ずかしさを感じ、少し視線をずらして話を聴く人がいますが、これは「相手の話に興味がない」「つまらない」という意思表示に繋がってしまいます。

相手が真剣な話をしている時ほど、相手の目をジッと見つめることで、こちらも真剣に聴いているよ、という意思表示をすることができます。

2. 相づちを入れすぎない

女性(座・ひじかけ・カメラ目線)

相手の話を理解しているという意思表示として効果的な相づちですが、懸命に聴いていることをアピールしようとするあまり、相づちを打ちすぎるという失敗に陥ってしまう場合があります。

相手が自分のペースで気持ちよく話せるようにするには、相づちのペースを相手に合わせ、話の切れ目を見極めた相づちを入れることで聞き上手な女性にぐっと近づくことができるでしょう。

3. 思いを表情で伝える

女性(綺・明6・ウィンク)

相手が気持ち良く話すために、聞き手はいつも笑顔を崩さないことが大切と思われがちですが、話し手が求めているのは「話の内容に適した表情」です。

時には、怯えたり、怒りの表情だったりと、話し手の意図に合った豊かな表情を見せることで、話し手は自分の話が思うように伝わっているな、と安心して話を進めることができるのです。

4. 内容を掘り下げた質問をする

男女(仲良18・会話・女性目線)

自分が話したいことやエピソードを、始めから最後まで完璧に話せる人はなかなかいません。

そこで、聞き手が話を聴く中で疑問に思ったことや、もっと詳しく知りたいと思ったことを話の中で質問していくことで、話す内容が深くなり、話し相手が満足感を得ることに繋がります。

しかし、話を途中で遮って質問をしすぎることは、逆に話し相手にストレスを与えてしまう可能性があるので、注意した方が良いでしょう。

5. ユーモアにはユーモアで返す

女性(背・両手広げ2)

話し相手がギャグを言ったり、ボケたりするということは、聞き手を楽しませたいという気持ちの表れです。

そこでつまらなさそうな態度をとってしまうことは、相手の好意を無視することと同じようなものだと言えるでしょう。

最低限でも、楽しそうに振る舞う必要があります。 できることならば、ボケにはツッコミを入れるなどユーモアにはユーモアで返すというコミュニケーションを心がけると、話し相手とより良い関係が築けるでしょう。

6. 相手の話に関連するエピソードを話す

女性(綺・明3・若)

本当の聞き上手とは、話を聴くと同時に自分の話ができる人のことです。 いくら話すことが好きな人でも、話をするのが常に自分では疲れてしまいますし、物足りなく感じることでしょう。

大切なのは、自分勝手な話をするのではなく、相手の話をきちんと聞き、その話に関連した話をすることです。

それが興味深く話を聴いているということの意思表示をすることにも繋がります。

7. 本当に良いと感じたところだけをほめる

女性(悩み6・横顔・明)

聞き上手になりたい人が、話している相手を気持ち良くさせようと、懸命にほめる場面がよく見られますが、ただ闇雲に相手をほめることは逆効果だと言えるでしょう。

人間は言葉以外にも表情や声のトーンなど様々な情報を相手に与えています。

本当は思ってもいないことを無理にほめると、それが意外と相手に伝わっていると思った方が良いでしょう。

本当に良いと感じたことだけを素直にほめることで、話し相手も素直に喜びを感じることができるのです。

8. 基本的には否定しない

女性(綺・手差し出し1)

正直なリアクションをすることは、話を聴く上でとても大切ですが、話すたびに否定をされると、相手は否定されることを恐れて、徐々に当たり障りのない話しかしないようになってしまいます。

相手の話すこと全てを肯定する必要はありませんが、自分と違う考えなどを、頭ごなしに否定せず、そういう考え方もあるんだな、というような大らかな姿勢で話を聴くことが大切です。

9. アクションを取り入れる

女性(喜1)

表情豊かに話を聴くことで、相手が気持ち良く話せるということは、前にお伝えした通りですが、それに加えてアクションを取り入れることで、より聞き上手な女性になることができるでしょう。

例えば、「すごーい!」と相手をほめる時に、小さく拍手をするといったことや、「ありがとうございます」と言う時にきちんと頭を下げるといったことを意識的にしていくと、相手により良い印象を与えることができるでしょう。

10. アンコール、リクエストをする

女性(楽3)

相手の話を本当に楽しんで聴いているということを伝えるのに効果的なのが、アンコールやリクエストをするということです。

例えば「またこんな風に2人でお話がしたいなぁ」と会話の中で自然に伝えたり、「さっきの話、今度、他の同僚と一緒に飲みに行った時にもぜひ話してくださいね」とリクエストするなどの方法があります。

アンコールやリクエストは相手への期待感の表れであり、そうされることで、話し相手は、自分の話を楽しく聴いてもらえたと満足感を得ることができるでしょう。

話を聴くのが上手な聞き上手な女性の特徴10選まとめました。 こんな女性が聞き上手な女性と思う瞬間など。


女性(真顔・正面)

これは会話の基本と言えるかもしれませんが、意外と多くの人ができていないのが、相手の目を見て話すことです。

相手の目を見つめることに恥ずかしさを感じ、少し視線をずらして話を聴く人がいますが、これは「相手の話に興味がない」「つまらない」という意思表示に繋がってしまいます。

相手が真剣な話をしている時ほど、相手の目をジッと見つめることで、こちらも真剣に聴いているよ、という意思表示をすることができます。

女性(座・ひじかけ・カメラ目線)

相手の話を理解しているという意思表示として効果的な相づちですが、懸命に聴いていることをアピールしようとするあまり、相づちを打ちすぎるという失敗に陥ってしまう場合があります。

相手が自分のペースで気持ちよく話せるようにするには、相づちのペースを相手に合わせ、話の切れ目を見極めた相づちを入れることで聞き上手な女性にぐっと近づくことができるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!