恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170528184909.html
帰国子女の特徴

帰国子女の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
帰国子女の特徴

帰国女子にありがちな特徴について書いてみました。



  • フレンドリーで明るい性格の方が多い
  • 日本語の会話で英語がでると発音がいい
  • ことばによるコミュニケ―ションが得意
  • 自分の意見や思っていることをはっきりと言える
  • YESとNoがはっきりとしている
  • ジェスチャーや顔での表現力が豊富
  • 分かり合うためには時間が必要と考える人も多い
  • 日本人の言わなくてもわかるは難しい
  • 国際感覚が優れている人が多い

1. フレンドリーで明るい性格の方が多い

女性

帰国子女は比較的若い時に、価値観がまだ未完成の段階に自分の意思と関わらず海外で生活している方も多いため、日本で育った女性とはまた違った価値観をもっています。

帰国子女の特徴の一つに挙げられるのが、フレンドリーで話好きで明るいという点です。

日本とは少なからず教育方針の違いがある

海外で育った人はとてもフレンドリーで明るく育つことが多くコミュニケーション上手になることがです。

そのため、帰国子女は明るい人が多く話好きで友好的な性格をしている人が多いといえます。

2. 日本語の会話で英語がでると発音がいい

女性(指さし3・ウィンク)

英語圏で育った人も多く、また、アジアでも英語を使っている環境で育つことも多いので、英語の発音が良かったりします。

人とコミュニケーションを図ることに長けている人が多く、その点は海外で育った人の長所ともいえます。

空気を読むのが苦手な方も多い

日本の空気を読むというコミュニケーションはあまり得意ではないようで、日本で育った人も、雰囲気を読むだけでは、日本人しかコミュニケーションができないということに気づかされます。

3. ことばによるコミュニケ―ションが得意

女性(学生3・驚き)

表現力が豊かに育っているので、自己主張をあまりしない人に対して、とても面倒見がよい人が多いという特徴もあります。

ことばによるコミュニケーションというのを帰国子女は心得ていて、まずは自分の気持ちを言葉にしながら相手の意図を探る人が多いといえます。

4. 自分の意見や思っていることをはっきりと言える

女性(綺・明23・階段座)

相手との距離を縮めるため、質問をしながら相手に意見を聞いたりします。

あいまいな点があればすぐ確認し、自分の意見や思っていることをはっきりと伝える傾向があります。

言葉にしないと確認できないことを海外生活で学んできたので、言葉にすることで相手との距離感を縮めようとします

5. YESとNoがはっきりとしている

手アップ(女性牽引1)

物事に対する価値観をYESとNOで伝える文化で育ったりした人も多いので、グレーゾーンをそのままにすることはあまり得意ではありません。

あいまいな返事は苦手

グレーゾーンがあれば、分解してこれについてはYES、これについてはNOという形で納得して初めて理解ができるという人が多く、物事をそのまま曖昧にするとか、はっきりと分けないということに対しては、あまり慣れていないようです。

6. ジェスチャーや顔での表現力が豊富

女性(綺・明24・パー)

もともと自分の意見をはっきり相手に伝えなければやっていけない世界で育ったので、意見を伝えたり、感情を表現するということを毎日頑張ってきた人が多くいます。

嬉しい場面で喜ばなかったりすると、自分にその後、マイナス的なことが降りかかってくるということを身をもって勉強してきたので、嬉しい場面で嬉しい感情を表現することに自然と長けてきます。

感情豊かな人が多い

ジェスチャーなども不可欠で、ちょっと小話をしても相手に真摯に対応しているということを相手にしっかりと伝えるために、顔で表現をすることにもたけている人が多くいます。

7. 分かり合うためには時間が必要と考える人も多い

懐中時計

お互いバックグランドが異なりますので、分かり合うためには同じ時間を過ごしながらコミュニケーションを続けることは大切だと考えている人が多く、お互いが分かり合えるまでにはある程度時間がかかると考えている人も多いといえます。

8. 日本人の言わなくてもわかるは難しい

手アップ(読書2・男性・手組み)

日本人の文化の特徴である、言わなくてもわかるであろう、という前提は存在しません。

人はことばにして初めて理解されるという価値観の中で幼少期から育ってきた人が多いため、相手がきちんと説明するか、自分から質問して確認する以外はなかなかこの点は伝わりにくいといえます。

9. 国際感覚が優れている人が多い

手アップ(鞄)

帰国子女の女性は、外国で長く暮らし、日本人も含めて多くの国々の人々が共生している社会で暮らしてきた人が多いので、国際感覚にとても優れています

文化の違う相手に対しても、相手のことを理解しながら適切に対応できるセンスをもっています。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!