恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170424105202.html
メンヘラの男性の12の特徴

メンヘラの男性の12の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
メンヘラの男性の12の特徴

今回はおすすめできないメンヘラ男の特徴を挙げていくので、いくつも当てはまるようなら注意してくださいね。

  • どんな意見も否定してくる
  • とにかく自分に自信がない
  • 自分が世界で一番不幸だと思っている
  • よく愚痴っている
  • ストレス発散方法を持っていない
  • 他人と比較したがる
  • 自己犠牲を良しとする
  • 一人になると性格が変わる
  • ネット上では攻撃的
  • 省かれることを全力で避けようとする
  • 積極的行動は起こさない
  • 現状維持を好む
  • 最後にまとめ
  • 自傷行為
  • すごい劣等感がある
  • 中二病
  • 完全に病んで鬱気味
  • ネットでは最強
  • 周りから少し怖いと思われている

1. どんな意見も否定してくる

風景(人込み・歩道・雨)
  • 「否定から入る人は少し病んでいる、反抗的なことが多いのではないでしょうか」(28歳/会社経営/専門職)

たまにいませんか?あなたが思うことを言っても必ずと言っていいほどそれを否定してくる人。 口癖が、「いや、そうではなくてこういう感じかな?」の男は注意です。

最初は自分の意見を言える人だと思うかもしれませんが、どれも良い風に受け入れないとメンヘラの可能性があります。

2. とにかく自分に自信がない

男性(悩み2)
  • 「自信のない人間はあまり好感度がないです」(20代/男性)

「俺なんて」「どうせ」が口癖の男も要注意です。 ネガティブなことを言っていると日本では謙虚と捉えられることもありますが、あまりに多いと周りをも暗い雰囲気にしてしまいます。

このような人は褒めても謙遜ではない否定をしてくるので、一緒にいても楽しくないでしょう。

3. 自分が世界で一番不幸だと思っている

男性(涙・哀・モノクロ)
  • 「悲劇のヒロインのつもりですか」(20代/男性)
  • 「メンヘラ男の可能性がグッと上がります」(30代/男性)

誰にも辛いことや悲しいことはありますが、それを聞いたときに心の中で自分の方が可哀そうだ、と思っている男はメンヘラです。

そんなことくらいでと思う悩みも確かにありますが、人によってその捉え方、感じ方は違うことを理解していない男は相手の気持ちになって考える能力に乏しく、彼氏にはしたくないタイプです。

4. よく愚痴っている

男女(男詰問)
  • 「なんでも他人のせいにする傾向があります」(20代/女性)

世の中に不平不満があると、メンヘラは結構周りに言ってしまうタイプがいます。

どうして俺だけこんな不遇な扱いなのだという不満を持っていると、それが余計に不幸を巻くことがあります。

5. ストレス発散方法を持っていない

男女(不仲3・男性拳)

メンヘラになってしまう原因の一つに、ストレス発散方法を持っていないことがあります。

嫌なこと、不都合なことがあってもそれでうまく心の処理ができる人はメンヘラにはなりません。

ため込むタイプの男は精神的に弱いかもしれません。

6. 他人と比較したがる

男性(スーツ9・時計・顔隠れ)

メンヘラの中には、自分より不幸な人を見つけると心が少し休まるという人もいます。

他人の不幸を見て、それと比べれば俺なんて・・・と言う反面、自分より不幸な人を見て安心したいのです。

誰でも少しはある感情かもしれませんが、それが大きく出てしまうと精神的にキツイ状態になります。

7. 自己犠牲を良しとする

男性(天を仰ぐ1)

自分なんて、と思っている男は、自分がどうなったってと良い、それくらいの価値しかないと感じていることが多いです。 メンヘラと呼べるでしょうね。

実際に自傷行為をするという人でなくても、心の中では自己犠牲をいとわないと思っている人もいます。

8. 一人になると性格が変わる

男性(真顔・正面)

人前ではそれなりに空気を読んでいても、家に帰って一人になると暴力的になるメンヘラ男もいます。

ゲームをして敵をとにかく倒しまくることで少しの優越感を感じたり、破壊衝動を満たすことで満足することがあります。

9. ネット上では攻撃的

男性(パソコン操作・暗・背)

リアルの世界では自分は傷つけられて可哀そうだと思っている場合、ネットでは攻撃的になることがあります。 自分がされた分を周りにするかのように誹謗中傷していると、メンヘラが進行しています。

返ってきた反論に対してまた叩くことを心の安定剤としているのかもしれません。 傷つけられる前に他人を攻撃しておこうという考えです。

10. 省かれることを全力で避けようとする

男性(後ろ姿・座・黄昏れ)

学生時代、友達の輪になかなか入れなかった人は、その寂しさからメンヘラになったということも多いです。

よって、新しい環境、例えば職場では最低限人の輪には入っておきたいと思っている場合があります。

彼なりの、傷つかないようにする自己防衛です。

11. 積極的行動は起こさない

男性(背向け・海岸)

メンヘラ男は自分に自信がない人が多いことから、人に受け入れられないことに敏感です。

行動を起こして成功した時のイメージよりも失敗した方を強く意識するので、ガードが固く、必要以上のことはやらないことも多いです。

12. 現状維持を好む

手アップ(繋ぎ10・恋人繋ぎ)

何か思い切ってこれをしてみようということは少なく、生まれ育った土地で、それなりの生活がしたいという人は多いです。

自分で決めたことなのに上手く行かなかったらやりきれないと思うことがあり、ここからも自信のなさがうかがえます。

高みを目指してキャリアアップを望むというよりは、リーダーについていく方が性に合っていると思っています。

最後にまとめ

男性(シルエット・青背景)

おすすめできないメンヘラの特徴でしたが、誰かこれに当てはまる人はいませんでしたか?

12個中いくつ当てはまりましたか?もちろんこれら全てがメンヘラであるとは言えませんが、傾向として多いのはこのあたりではないでしょうか。

今回はおすすめできないメンヘラ男の特徴を挙げていくので、いくつも当てはまるようなら注意してくださいね。


  • 自傷行為
  • すごい劣等感がある
  • 中二病
  • 完全に病んで鬱気味
  • ネットでは最強
  • 周りから少し怖いと思われている
風景(人込み・歩道・雨)
  • 「否定から入る人は少し病んでいる、反抗的なことが多いのではないでしょうか」(28歳/会社経営/専門職)

たまにいませんか?あなたが思うことを言っても必ずと言っていいほどそれを否定してくる人。 口癖が、「いや、そうではなくてこういう感じかな?」の男は注意です。

最初は自分の意見を言える人だと思うかもしれませんが、どれも良い風に受け入れないとメンヘラの可能性があります。

男性(悩み2)
  • 「自信のない人間はあまり好感度がないです」(20代/男性)

「俺なんて」「どうせ」が口癖の男も要注意です。 ネガティブなことを言っていると日本では謙虚と捉えられることもありますが、あまりに多いと周りをも暗い雰囲気にしてしまいます。

このような人は褒めても謙遜ではない否定をしてくるので、一緒にいても楽しくないでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!