恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20190110110047.html
「またとない機会」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

「またとない機会」の意味・読み方・類語【使い方や例文】 | 恋のミカタ

恋のミカタ
「またとない機会」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

またとない機会では、よく言われるような、チャンスの掴み方というものではなく、またとない機会がまるで自然なかたちで表れるような、物語性の強いものです。

個それぞれにその人生での、物語がどれほどあるかは、それぞれがどれだけ人生に対し真剣に生きているかを試されるような瞬間とも言えます。

よって、またとない機会は、いついつどこでというように、未然にわかるようなものではありません。

それは、頑張った結果としての、拾われる側からの発言に近いですし、その経験の苦しみから生まれた、プレゼントしての機会なのかもしれません。

またとない機会が訪れたとしても、それを有用に使用していかなくてはなりませんので、その機会の成就を困難に陥れようとするものに関しては、機会のあとの道程に対する留意も必要です。



  • 「またとない機会」の意味
  • 「またとない機会」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「またとない機会」の言葉の使い方
  • 「またとない機会」を使った例文と解釈
  • 「またとない機会」の英語
  • 「またとない機会」は敬語で使える?使うときの注意点
  • 「またとない機会」はチャンス?
  • まとめ

1. 「またとない機会」の意味

「またとない機会」の意味

またとない機会の意味は、もう二度とないかもしれない機会のことです。

そして、この機を逃したら、もう来ないかもしれないという期待を込めた表現方法になります。

ただし、またとない機会では、最後の一回きりの機会という意味ではなく、ラストチャンスとは同義ではありません。

またとない機会では、幸せを予期するような希望に満ちたものとして、考えられます。

1-1. 「またとない機会」の読み方

またとない機会はきかいと読みます。

またとない機会では、ここぞというときの、ジャスト・タイミングの要素が強く、好機があるという意味です。

ですので、このまたとない機会を利用して、自分を軌道に載せようとする意味もあり、また、このグッドタイミングを使用して、調子を合わせようという意味にもなるでしょう。

2. 「またとない機会」の類語や言い換え・似た言葉

「またとない機会」の類語や言い換え・似た言葉

またとない機会では、類義語として、ベストチャンスや、グッドオケージョンという表現があり、好機という言葉でそれは代用できます。

好機という言葉に変えると、好機を逃してはならないというイメージになります。

絶対の好機とすれば、それが、一度だけではなく、今後もわかるかどうかは、不明な点ですが、実際眼前の好機を逃してはならないとするのが、通常になります。

3. 「またとない機会」の言葉の使い方

「またとない機会」の言葉の使い方

またとない機会では、それが、本人にとって感覚的にも認識されうる事象でなくてはなりません。

つまり、人から聞いた言葉ではなく、自分の五感を総動員しても認識されうる、実感としての機械のことです。

そして、またとない機会では、かねてよりそれを切望していたケースがありますので、その切望をかなえようと、瞬時にそれを掴み取るという施策があります。

4. 「またとない機会」を使った例文と解釈

「またとない機会」を使った例文と解釈

またとない機会では、その例文として、自分自身の願望が叶いそうな瞬間としての期待度を表す場合があります。

他には、これをまたとない機会と悟るような、瞬間の出来事の場合があります。

いわゆるひらめきというような体験です。

そして、切望していた長い間の忍耐から、ようやく道が開けるという、労苦の報いに関しては、よろこばしい前途として表現が可能です。

4-1. 例文1

またとない機会が訪れる瞬間に、彼は大喜びでそれを表情で現しました。

またとない機会が訪れると、それは本人の大きな喜びとなります。

切望していた物事が、確かに起こることは、世の中では稀ですが、その信頼性に耐えうる事実が確認できるのは、やはり世の中では、喜ばしいことなのです。

そして、その信頼性の確かさに、人は興じるのです。

4-2. 例文2

またとない機会が訪れるや否や、その用意していた説明文を空で発言しました。

またとない機会が訪れるということは、それをただ単に待っているだけでも、そのチャンスを逃すおそれがあります。

これは、未来の予定的な話ではなく、その前に入念に勉学や忍耐を費やして、そのまたとない機会に、大きく羽ばたけるものなのです。

ですので、待っているだけではだめで、それまでの努力が報われるかたちでなくてはなりません。

4-3. 例文3

長い間の苦労を続けた結果、またとない機会が訪れました。

長い間の苦労というものがあります。

その苦労の間の努力が報われるかたちで、またとない機会が訪れるのであれば、それは、希望に満ちた救いに等しいものです。

ですので、その苦労の期間が長ければ、長いほど、待ち焦がれていたまたとない機会は優良な美しさとなって表れます。

ただし、この苦労は、本人の切望と努力を素にするものなので、災難からの機会という意味ではありません。

5. 「またとない機会」の英語

「またとない機会」の英語

またとない機械の英語は、ノットセカンダリーという意味を加えて、オンリーチャンスという意味で良いでしょう。

若しくは、リミテッドタイムという限定的な表現でも可能です。

その他は複合語で、タイムオブインポータンスでも充分です。

価値的なものを表現すれば、ヴァリューやプロフィットを加えることも可能です。

その場合は、タイムオブバリュー・バリアブルオケージョンとしても良いでしょう。

6. 「またとない機会」は敬語で使える?使うときの注意点

「またとない機会」は敬語で使える?使うときの注意点

またとない機会は、敬語で使用できるかどうか、考えてみましょう。

またとない機会です。

と表現するのは、機会を提供した上位に対してでは、あまり発言の意味がありません。

またとない機会を感謝します。

と言って、行動に出るのであれば、それは、感謝という意を伝える意味で、敬う意味になります。

もし、正確にそれを表現するのであれば、謙遜を伴って、ふつつかな者にこのような待遇を感謝致しますとするのが、常識になります。

7. 「またとない機会」はチャンス?

「またとない機会」はチャンス?

またとない機会はチャンスと訳するかどうかは、それぞれの自由になります。

通常チャンスというのは、当たり外れのような世界です。

そして、宣伝文句としてよく多用されますので、その点では、信頼性の少ない陳腐なことばになっています。

またとない機会とする、人生での重要事項は、自分の人生を心機一転するような、大きな大事件に関して、良い意味で関与性がある場合に、使用します。

またとない機会を呼び起こすには、未来の不確定性事項により、事前には一切わからないのが真理です。

未来のことがわからずに、目前に広がるシーンが、予期せぬ出来事であった際に、歓びも大きいのです。

そのためにまたとない機会では、それを願望として、努力と研鑚を続けた結果の賜物であると表現することもできます。

まとめ

またとない機会がどのように表れるかについては、またとない機会として望んでいることが何なのかをはっきりさせる必要があります。

これは、哲学や心理学を含む問題ですが、世の中の人が、簡単に求めてしまうような金銭であっては、またとない機会もあやふやで、使い古されてしまうでしょう。

そして、このまたとない機会として、多くの人が切望するのが、結婚というシーンであったり、また、会社や事業での成功というものです。

これは、チャンスという簡単な景品のコピーや、金銭的な欲求を満たすものではなく、人生をよりよく生きるための社会的な成功として、認識される方が格別です。

就職戦線という状況でも、自分の人生に期待が持てるかどうかを認識するには、採用のお知らせというものも、またとない機会として目に写ります。

そして、そのまたとない機会を上手く利用するかどうかについても、それからの本人の努力や、継続する忍耐に依って試されるのです。

またとない機会は、単純に手に入ったりしません。

それは、それを期待してきた本人の壮絶な物語があるからこそ、その物語の経過点で、喜ぶべき現象として捉えられます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!