恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180107135751.html
男性が年下妻を羨ましいと思う9つの理由

男性が年下妻を羨ましいと思う9つの理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
男性が年下妻を羨ましいと思う9つの理由

年下妻を持つことへの憧れは多くの男性がもっているものなのですが、具体的にどこにその魅力があるのでしょうか。 次の9つの点を調べてみることにしましょう。

  • 自分の妻が年上で女らしさがなくなってきている
  • 若いというだけで価値がある
  • どちらかというと社交辞令なところもある
  • 若い女の子への憧れがある
  • 自分も含め年下妻を持つ夫婦が身近にいない
  • どこに行っても自慢できる年下妻
  • 女性をアクセサリーのように見ている
  • 年下妻の年齢がポイント
  • かわいがれることの楽しさ
  • まとめ

1. 自分の妻が年上で女らしさがなくなってきている

自分の妻が年上で女らしさがなくなってきている

自分の配偶者である妻が年上だと年齢ゆえに段々と女であることの自覚がなくなっていき、地味な服装をしたりあまり恰好に気を使わなくなってしまって女としての魅力がなくなってしまっています。

一方で年下妻というのは若くてまだまだかわいいので羨ましいし、若い服装をしても違和感がない、そんな元気で明るくて女としての魅力に溢れているゆえに羨ましいと感じてしまうのです。

2. 若いというだけで価値がある

若いというだけで価値がある

年下妻、特に夫よりもかなり若い妻を持っている夫婦は羨ましいと感じてしまうのは、年齢的に若いということの価値があるからです。 20代のきれいは肌を持つ女性を妻として得ることができれば誇らしい気持ちになるし、こんな若い子をその気にさせることができたという自分の魅力をそれとなくアピールすることができたりします。

そのようなカップルはとにかく羨ましいのであり、芸能人が離婚して再婚するときに、その自分の持つ魅力を活かして自分の娘のような若い女性と結婚することがありますが、それはとても羨ましいのです。

3. どちらかというと社交辞令なところもある

どちらかというと社交辞令なところもある

年下妻を得た夫婦について褒めるのは、それが社交辞令のような部分もあります。 年下の若い妻を得ているといういわば所有物を褒めるような意識であり、そうすることで相手との会話をスムーズで楽しいものにする意図があります。 リップサービスのような気持ちでそのように言うのです。

4. 若い女の子への憧れがある

若い女の子への憧れがある

男性というのは老けてもアイドルが大好きだったり、オタクなどもいたりしてかわいい女の子への憧れというのを持っているものです。 かわいさと若さというのはかなりつながりがあるので、若い妻を持つというのはその若さそしてかわいさを独占するようなものですので単純に羨ましい気持ちになります。

自分もそのような関係を持って見たいという強い願望があるのであり、それを得た人に嫉妬してしまうこともあるでしょう。

5. 自分も含め年下妻を持つ夫婦が身近にいない

自分も含め年下妻を持つ夫婦が身近にいない

最近は特に年上の妻を持つ夫婦が多いことで身近に年下妻を持つような夫婦がいなかったりすると羨ましいと感じてしまうことがあります。 兄弟や親族そして友人たちもほとんど年上妻で年下妻の夫婦がいないととても新鮮に見えるし、その年下妻の若さが際立って見えてしまい、新鮮な気持ちになったり若くて元気の良いノリが羨ましく見えてしまうのです。

6. どこに行っても自慢できる年下妻

どこに行っても自慢できる年下妻

かっこいいブランド服やかっこいい車を持つとちょっとその姿を誰かに見せたくなるように、年下妻を得るとそれを所有していることを見せたいという気持ちになるものです。

誰もが羨むような若さをきれいさを持っている女性を妻として得ることは誇りであり最高のプライドでもあります。 自分にはそのようなものを持っていないので羨ましいのであり、願わくはそんな年下妻を得て自慢するようにデートをしてみたいという願望をがあります。

7. 女性をアクセサリーのように見ている

女性をアクセサリーのように見ている

地味なアクセサリーよりも華やかで周囲の人が見てしまうほどの華やかなものの方がいいという見方がありますが、男性たちの目線として年下妻というのはいわば地味ではなく華やかなアクセサリーのようなものとみている部分があります。 ルックス重視であり、そんな華やかなアクセサリーを持つ男性が羨ましいのです。

8. 年下妻の年齢がポイント

年下妻の年齢がポイント

いくら年下妻といっても55歳の男性と49歳のカップルであれば普通が感じがしますが、やはり男性が30才で女性が23歳とか24歳という年齢だと若くてうらやましいという気持ちになりやすいものです。

女性の年齢が20代であると、いわば売れ残りを拾うような感じではなく、まさに最も売れ時の女性をゲットすることができたということが自慢もなるし周囲には羨ましく映るのです。

9. かわいがれることの楽しさ

かわいがれることの楽しさ

年上妻だとかわいがるというよりも自分が甘えたくなってしまうかもしれませんが、年下妻というのは自分に甘えてくるし、かわいがることができるということで、そんなことへの憧れを持っているのかもしれません。 若い女の子をかわいがり続けたいという願望を持っているのでそう思うのです。

まとめ

年下妻を持つこと、特に歳が10くらいに離れた若い女性と結婚することを夢見ている男性はたくさんいますが、年齢が進み独身40代とかになるとその傾向が強くなります。

若い年下妻を得て一発逆転のような自慢することをしてみたい男性はいますし、若い子を所有することの華やかな生活への憧れもあります。 とはいえ大切なのは中身ですので夫婦生活がうまくいくかどうかは外見や年齢で決まるものではないことを覚えておきたいものです。

年下妻を持つことへの憧れは多くの男性がもっているものなのですが、具体的にどこにその魅力があるのでしょうか。 次の9つの点を調べてみることにしましょう。


自分の妻が年上で女らしさがなくなってきている

自分の配偶者である妻が年上だと年齢ゆえに段々と女であることの自覚がなくなっていき、地味な服装をしたりあまり恰好に気を使わなくなってしまって女としての魅力がなくなってしまっています。

一方で年下妻というのは若くてまだまだかわいいので羨ましいし、若い服装をしても違和感がない、そんな元気で明るくて女としての魅力に溢れているゆえに羨ましいと感じてしまうのです。

若いというだけで価値がある

年下妻、特に夫よりもかなり若い妻を持っている夫婦は羨ましいと感じてしまうのは、年齢的に若いということの価値があるからです。 20代のきれいは肌を持つ女性を妻として得ることができれば誇らしい気持ちになるし、こんな若い子をその気にさせることができたという自分の魅力をそれとなくアピールすることができたりします。

そのようなカップルはとにかく羨ましいのであり、芸能人が離婚して再婚するときに、その自分の持つ魅力を活かして自分の娘のような若い女性と結婚することがありますが、それはとても羨ましいのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!