恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170828164324.html
付き合って直ぐに結婚したがる年下彼氏の心理

付き合って直ぐに結婚したがる年下彼氏の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
付き合って直ぐに結婚したがる年下彼氏の心理

付き合って直ぐなのに結婚したがる理解しがたい年下彼氏の心理を探ります。 何も考えていない証拠なのでしょうか?



  • 早く結婚したいから
  • 誰にも渡したくないから
  • 子供が欲しいから
  • 友達に先を越されそうだから
  • 親を喜ばせたいから
  • 収入の安定している彼女をものにして楽をしたいから
  • 恋愛に夢中すぎて冷静になれていないから
  • 自分の親も早く結婚していて普通だと思っているから
  • 仕事より自分を見てほしいから
  • 結婚がカップルにとって最高の形だと信じているから
  • まとめ

1. 早く結婚したいから

早く結婚したいから

どうしても結婚したい場合、真剣交際をアピールし、どうにか深い関係まで進もうとする彼氏もいるのではないでしょうか。 真剣さをわかってもらうことで相手もその気持ちに応えてくれると期待しています。

2. 誰にも渡したくないから

誰にも渡したくないから

彼女のことが大好きで誰にも渡したくないからこそ結婚して手元に置きたいと考えます。 結婚という縛りがあればずっとそばにいてくれると信じているからです。 子供じみていますが愛を感じて幸せな気持ちになる女性も多いでしょう。

3. 子供が欲しいから

子供が欲しいから

子供が大好きで早く子供を欲しいと思っている彼氏なら結婚も急ぐはずですね。 早く一人目を作り、何人も作っていきたいと考えているのかもしれません。 彼女も若いうちの方がいいからだなんて出産マシーンのように考えていたら腹が立ちますね。

4. 友達に先を越されそうだから

友達に先を越されそうだから

友達が付き合っている彼女と結婚しようかなと話していると、何となく負けないように張り合ってしまう男性もいるのではないでしょうか。

先でなければ真似たようにも思われますし、結婚式の招待においても不都合が出るかもしれないとまで考えている可能性もあって付き合いきれません。

5. 親を喜ばせたいから

親を喜ばせたいから

親を早く喜ばせてあげたいから結婚を急いでいるという彼氏もいるでしょう。 親が高齢の場合や病気である場合、他には自分が苦労ばかりかけてきたという自覚がある場合などです。 親を喜ばせるための早い結婚なら素晴らしいことだという自信も持っています。

6. 収入の安定している彼女をものにして楽をしたいから

収入の安定している彼女をものにして楽をしたいから

年上彼女は仕事をしっかりこなし、安定した収入を得ているのでそんな彼女をものにしたいと考えているとしたら楽な生活がしたいだけの男なのでしょう。

自分に夢があり、それを追求するために彼女のお金をあてにしている可能性もあります。

7. 恋愛に夢中すぎて冷静になれていないから

恋愛に夢中すぎて冷静になれていないから

恋愛に夢中になりすぎて結婚がどういうものかを冷静に考えられていないこともあります。 好きだから結婚!と興奮状態なので、彼女が冷静にさせてあげるしかありませんね。

8. 自分の親も早く結婚していて普通だと思っているから

自分の親も早く結婚していて普通だと思っているから

自分の親も早く結婚している夫婦なら、若くして結婚することも何とも思わないはずです。 むしろ当たり前のタイミングなのになぜ拒まれるのだろうと彼女の方こそ理解できない場合もありそうですね。

早いのは悪いことではありませんが、苦労することが多いのもわかっているのか確かめる必要があります。

9. 仕事より自分を見てほしいから

仕事より自分を見てほしいから

彼女がバリバリ働いているなら仕事にやきもちをやいて結婚を迫ってきているケースもあるでしょう。 結婚さえすれば家庭に入ってくれて自分のために尽くしてくれるものだと勝手に想像しているパターンです。 専業主婦を要求されそうで面倒な男性ですね。

10. 結婚がカップルにとって最高の形だと信じているから

結婚がカップルにとって最高の形だと信じているから

カップルでいることよりも結婚という形こそが二人の最高の形であると信じている彼氏ならちょっとドラマの見すぎなところもあります。

理想の二人になれるよう、結婚をしたいのなら可愛らしい一面ですし、自分の親がそれだけ素晴らしい両親であるという想像もできます。

まとめ

付き合って直ぐに結婚したがる年下彼氏にはそれなりの思いがあります。 その気持ちに向き合いながら二人の最高のタイミングを計っていけるといいですね。

早ければだめというわけではなく、安易に決めないようにすることが大切です。 彼氏のまっすぐな気持ちを傷つけないようにも気をつけてください。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!