恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170525144833.html
浮気相手を束縛してしまう既婚男性の心理

浮気相手を束縛してしまう既婚男性の心理 | 恋のミカタ

恋のミカタ
浮気相手を束縛してしまう既婚男性の心理

浮気相手を束縛してしまう既婚男性の心理、浮気相手を束縛する男性には、どんな特徴があるのでしょうか?

  • 手に入らない女性だから
  • 危険な恋を楽しみたいから
  • 所有者としての優越感
  • もともと束縛男である
  • 久しぶりの恋愛にわくわく
  • プライドが高い
  • 恋愛に依存している
  • 最初からわがまま
  • 浮気相手が束縛を望んでいる
  • 相手を信頼していない
  • 相手を思うままにしたい
  • 相手に捨てられるかもしれないという不安
  • 自分に自信がない
  • 甘えん坊
  • そもそも臆病である
  • 最後にまとめ

1. 手に入らない女性だから

女性

浮気をしている限り(結婚している限り)、その女性とは決して一緒になれません。 つまり、浮気相手は決して手に入らないものなのです。

言い換えれば、手に入らない女性だから束縛して、一生懸命手元に置いておきたいと考える人もいるでしょう。

2. 危険な恋を楽しみたいから

男性(ハグ・男性カメラ目線)

浮気は誰が聞いても認められるものではありません。 それは社会的に反する行為であり、人として最低な行為です。

だからこそ、そのリスクを楽しんでいる可能性があります。 そしてその場合は、リスクを楽しむが余りタガが外れて相手を束縛してしまう、ということがあり得ます。

3. 所有者としての優越感

足アップ(男性・紐結び・時計)

浮気相手がいるということは、本命である妻という女性がいながらまだ自分は彼女がいるという優越感を持つことにもなります。

自分は結婚していてもモテる、そんな自覚を男性が持った場合、束縛という形で優越感に浸ることがあります。

4. もともと束縛男である

男性(綺・暗3・モノクロ側面)

もともと奥さんと付き合っていた頃も束縛していたような男性であれば、当然浮気相手も束縛するでしょう。 これはもうサガとしか言えません。

男性によっては女性をものすごく束縛したがるタイプがいます。 この場合は本命であろうが浮気相手だろうが束縛するでしょう。

5. 久しぶりの恋愛にわくわく

手アップ(男女ハグ・ベッド)

奥さんとも激しい恋をして結婚したのでしょうが、それも年数が経ち、その関係も少し冷めてきたころ、新たな恋が芽生えたらわくわくします。

そのわくわくが度を超えてしまい、束縛という形になってしまうこともあり得ます。

6. プライドが高い

男性(真顔・正面)

浮気をする既婚男性の中には、そもそもプライドが高い男性もいます。 俺はモテる、妻がいながら恋人もいる、まさか振られたりはしないという安易な考えです。

そのため、自分ならではのルールを浮気相手に押し付けたがる男性もいるのです。 例えば「俺以外の男と付き合うな!」など。

妻がいるくせにわがままですが、こういう男性も少なくはありません。

7. 恋愛に依存している

手アップ(書類メモ1)

家庭での奥さんとの関係が冷え切っていて、どこにも居場所がない、普段から寂しい思いをしているという男性の場合、浮気相手を離すまいとして一生懸命束縛をすることがあります。 捨てられたら困るという思いから、浮気相手の行動を制限します。

このタイプは非常に暗い人が多いかもしれません。

8. 最初からわがまま

男女(男性拒否)

そもそも浮気をする時点でわがままなのですが、自分に文句を平気で言ってくる奥さんより、なかなか文句を言わない浮気相手に対してわがままを爆発させる男性もいます。 見栄っ張りで、カッコよい姿を見せたい人ですね。

自尊心が高い人とも言えるでしょう。

9. 浮気相手が束縛を望んでいる

部屋(窓辺)

浮気相手にとっても、自分の恋人は既婚者で、お金があるなどと好都合な解釈をしているかもしれません。 すると、浮気相手自身が束縛して欲しい、自分に尽くして欲しい、等と考えている可能性もあり得ます。

その場合はちょっと厄介かもしれませんが、男性の束縛が女性の望み通りの行動である可能性もあり得るのです。

10. 相手を信頼していない

男性(後ろ姿・座・黄昏れ)

そもそも浮気をする時点でその既婚男性も信頼ができないのですが、相手が既婚者と分かっていながらも近づいてくる女性も信頼ができないもの。

そんな意識を持ち、「もしかしたら自分との関係を言いふらされるんじゃないか」「他の男とも付き合っているのではないか」と考える時、男性は束縛に走る傾向があります。

11. 相手を思うままにしたい

風景(森林・暗・川)

これはそもそも多くの男性が持ち合わせている願望ですが、女性を意のままにしたい!という思いです。

奥さんは既に意のままに動いてくれないでしょうが、まだ若く結婚していない浮気相手ならば思い通りに動いてくれる可能伊勢があります。

12. 相手に捨てられるかもしれないという不安

男性(悩み2)

浮気の恋はなかなか実らないものです。 特に既婚男性にとっては、奥さんと別れなければその浮気の恋を実らせることはできません。

でもそんな中、奥さんと別れる勇気はないけれど捨てられたくない!という思いから、不安に駆られて相手を束縛する男性もいます。

13. 自分に自信がない

風景(駅・無人)

そもそも自分に自信がない場合、一生懸命相手を束縛してしまう傾向があります。

いくら愛情をもらっても卑屈に受け取ってしまったり、卑屈に考えてしまったりして、もっと愛情を確認したいと思うが故に束縛してしまうタイプですね。

14. 甘えん坊

男女(仲良22・男性目隠し・雪山)

男性の中には甘えん坊の人も多いですが、これが度を超すと束縛という形になります。

ストレートに愛情をぶつけられず、甘えたい思いが屈折して束縛になってしまうのです。

15. そもそも臆病である

風景(ビル・夜)

恋愛に対してのみならず、いろいろなことに対して臆病な場合、自分を守るために相手を束縛することがあります。

相手を失うかもしれないという恐怖、それによって傷つく自分への恐怖から、相手を束縛してしまうタイプですね。

最後にまとめ

風景(空4・青空・太陽光)

いかがでしょうか。 束縛という行動には、男性のいろいろな心理が表れていることが分かりますね。

浮気相手を束縛してしまう既婚男性の心理、浮気相手を束縛する男性には、どんな特徴があるのでしょうか?


女性

浮気をしている限り(結婚している限り)、その女性とは決して一緒になれません。 つまり、浮気相手は決して手に入らないものなのです。

言い換えれば、手に入らない女性だから束縛して、一生懸命手元に置いておきたいと考える人もいるでしょう。

男性(ハグ・男性カメラ目線)

浮気は誰が聞いても認められるものではありません。 それは社会的に反する行為であり、人として最低な行為です。

だからこそ、そのリスクを楽しんでいる可能性があります。 そしてその場合は、リスクを楽しむが余りタガが外れて相手を束縛してしまう、ということがあり得ます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!