恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170415101325.html
不倫や浮気を黙認する夫婦やカップルの特徴10選

不倫や浮気を黙認する夫婦やカップルの特徴10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
不倫や浮気を黙認する夫婦やカップルの特徴10選

男女関係がこじれてしまう原因No.1は浮気ですね。 嫉妬や束縛くらいで済めば軽いですが、実際に浮気をしたとなれば一大事です。

  • 男も女も浮気する生き物と考える
  • 女性は内面的な魅力を感じたら浮気する物だと思っている
  • メンタル弱めのパートナーなら浮気を許す場合も多い
  • 別れて突然1人になるのが耐えられない
  • 男の「安心感=浮気」の心理を心得ている
  • 仕事のパートナーを兼ねている
  • 罰則ルールを設けて貸しをつくる
  • セカンドパートナーの存在を認めている
  • 「ダメンズ×ダメジョ」の最強コンビ
  • 別れに対してトラウマがある

世の中にはパートナーが浮気をしても、黙認するカ夫婦も存在します。
度重なる浮気を知っていても、別れることなく関係が続くのは、一体どいういうことなのでしょう?
ここでは、浮気を黙認&別れない摩訶不思議な夫婦について検証します。

1. 男も女も浮気する生き物と考える

男も女も浮気する生き物と考える

好きなら浮気なんてしないはず・・と考えていると、浮気されたショックは計り知れません。 男なら誰でも一度や二度くらい浮気の経験があり、それが甲斐性という意見もあります。

しかし今の時代、軟弱な好き嫌いの感情や、古臭い甲斐性などは一切関係ないのです。 男も女も生殖機能があれば、本能的に体の関係をもつこともあります。
性的な魅力を感じた相手と関係をもちたくなるのは当然で、浮気する生き物として悟っているのです。

2. 女性は内面的な魅力を感じたら浮気する物だと思っている

女性は内面的な魅力を感じたら浮気する物だと思っている

男性に比べると、女性は心の繋がりを重要視します。 現在のパートナーにはない内面の魅力を感じれば、惹かれるのは当然のことです。

内面的に合うと感じたら、相手のことを異性として意識して、関係をもつこともあるのです。 とはいえ、最初のうちは急速に惹かれても、時間が経てば冷静になり、あっさりと関係を絶つ女性もいます。

3. メンタル弱めのパートナーなら浮気を許す場合も多い

メンタル弱めのパートナーなら浮気を許す場合も多い

ストレス社会で、あらゆる悩みを抱えている人が大勢います。

パートナーがメンタル弱めであれば、それをカバーしてあげるのが相手の役割ですが、正直とても難しいですよね。

いくら話し合っても解決しないのであれば、お互いの相性が悪いのかもしれません。
抱えきれない重荷を背負わされると関係が壊れやすくなるので、上手にパートナーの精神サポートができる浮気相手なら許すということもあります。

4. 別れて突然1人になるのが耐えられない

別れて突然1人になるのが耐えられない

浮気は予想外の時に発覚するものです。 腹が立って問い詰めたとしても、相手が自分と別れると言い出したらどうなるでしょう。

別れて浮気相手と付き合うのかと考えれば、寂しさと意地を張る気持ちもでてくるものです。 このように、突然1人になるのが耐えられず、ついつい浮気を許してしまうこともあるのです。

5. 男の「安心感=浮気」の心理を心得ている

男の「安心感=浮気」の心理を心得ている

浮気症の男性ほど、特定のパートナーが必ずいるものです。 男性はパートナーとの関係に安心感を感じると、ふらっと他の女性に惑わされやすくなります。 既婚者男性が不倫するのはこのためです。

「安心感=浮気」という男性心理を理解している女性は、甘えているだけの男性にいちいち文句を言わないというわけです。

6. 仕事のパートナーを兼ねている

仕事のパートナーを兼ねている

夫婦で仕事をしている場合、浮気がバレてもなかなか別れを切り出せないですね。

共同名義で経営している場合は、離婚するとなれば色々と面倒なことが起こるからです。 そのため、多少の浮気ぐらいで仕事を辞めるわけにもいかず、遊びなら黙認するケースも多いです。

7. 罰則ルールを設けて貸しをつくる

罰則ルールを設けて貸しをつくる

パートナーの浮気が発覚したら、その時点で罰則ルールを執行する人もいます。

何度か浮気をされた経験がある人に多く、自分の好きな物を買ってもらったり、やりたい事をさせてもらうのです。

浮気を黙認する代わりに、何らかの償いをしてもらうことで、貸しをつくるという考え方です。

8. セカンドパートナーの存在を認めている

セカンドパートナーの存在を認めている

近頃は、妻や夫がいても、別にパートナーを作る人が増えています。 セカンドパートナーというもので、肉体関係の有無を問わず、もう1人のパートナーをつくるのが社会現象になっているのです。
この存在を認めあっている夫婦であれば、浮気を黙認しているのと同じ状態になります。

9. 「ダメンズ×ダメジョ」の最強コンビ

「ダメンズ×ダメジョ」の最強コンビ

浮気ばかりくり返すダメンズと相性が良いのは、なぜか浮気を許してしまうダメンズウォーカーです。

ダメンズウォーカーの特徴は、ダメンズを渡り歩くことですが、これに輪をかけたのがダメジョです。

ダメジョの特徴は、ダメンズと匹敵するくらい浮気をしますし、ギャンブルや買い物に現を抜かすタイプの女性です。
「この人(こいつ)には自分しかいない」と考えやすく、2人ともダメダメ繋がりの結束が固いので別れないのです。

10. 別れに対してトラウマがある

少し精神的なところにくいこみますが、男女ともに、幼い頃に両親が離婚したのを経験すると、ある種のトラウマになります。

信頼していた両親がいきなり別れた事実を、大人になっても心の中で消化しきれていないのです。

この場合、もしもパートナーが浮気をしても、別れるという選択肢を選べず、延々と心の闇が続くことになります。 離婚率が高まっている昨今ですが、トラウマが原因で別れられないカップルも多いことでしょう。

付き合い方も人それぞれ

あなたの身のまわりにも、浮気が原因で別れるといって揉めているカップルがいませんか?
ケンカするのは仲が良い証拠とも言いますが、今回検証した、浮気をしても別れないカップルについては、その理屈が通らないような気もしますね。
心理を中心に特徴をまとめましたが、どうやら酸いも甘いも噛み分けたカップルが、このような傾向になりやすいと考えられます。

男女関係がこじれてしまう原因No.1は浮気ですね。 嫉妬や束縛くらいで済めば軽いですが、実際に浮気をしたとなれば一大事です。


世の中にはパートナーが浮気をしても、黙認するカ夫婦も存在します。
度重なる浮気を知っていても、別れることなく関係が続くのは、一体どいういうことなのでしょう?
ここでは、浮気を黙認&別れない摩訶不思議な夫婦について検証します。

男も女も浮気する生き物と考える

好きなら浮気なんてしないはず・・と考えていると、浮気されたショックは計り知れません。 男なら誰でも一度や二度くらい浮気の経験があり、それが甲斐性という意見もあります。

しかし今の時代、軟弱な好き嫌いの感情や、古臭い甲斐性などは一切関係ないのです。 男も女も生殖機能があれば、本能的に体の関係をもつこともあります。
性的な魅力を感じた相手と関係をもちたくなるのは当然で、浮気する生き物として悟っているのです。

女性は内面的な魅力を感じたら浮気する物だと思っている

男性に比べると、女性は心の繋がりを重要視します。 現在のパートナーにはない内面の魅力を感じれば、惹かれるのは当然のことです。

内面的に合うと感じたら、相手のことを異性として意識して、関係をもつこともあるのです。 とはいえ、最初のうちは急速に惹かれても、時間が経てば冷静になり、あっさりと関係を絶つ女性もいます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!