恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170414163510.html
浮気したのに反省してない旦那や彼氏の特徴

浮気したのに反省してない旦那や彼氏の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
浮気したのに反省してない旦那や彼氏の特徴

女性にとって厄介な「浮気者」の男性は、恋愛中も結婚後もつねにトラブルを巻き起こします。



  • 絶対に浮気の事実を認めない
  • 誘惑されたと相手の責任にする
  • パートナーのせいにする
  • 本格的にバレる前に逆ギレする
  • 証拠を隠滅する
  • 女性の心理を知り尽くしている
  • 心の奥に「寂しい闇」を抱えている
  • 女性をアクセサリーのように考えている
  • 倫理観を完全に無視する
  • 決定的な別れ話がでるまで反省しない
  • まとめ

愛想を尽かされるリスクがありながら、なぜ反省もせずに何度も浮気を続けるのか、浮気者の男性の心理と行動パターンについてまとめてみます。

  • 謝らない
  • 何回も浮気する
  • 浮気はして当たり前だと思っている
  • 反省したふりをしている

1. 絶対に浮気の事実を認めない

絶対に浮気の事実を認めない

浮気がバレた時、反射的に「していない」と反論するのが男心です。

自分の否を認めず、反論しながら次の言い訳を考えているのです。

言い訳のパターンはいくつもあり、最期まで認めないことで、自分の立場を守ろうとします。

体の関係はないと言い切る男性は多いです。

2. 誘惑されたと相手の責任にする

誘惑されたと相手の責任にする

「泣き落としされた」など、相手の女性が心理作戦を用いて誘惑してきたと断言します。

自分は浮気する気持ちなんてなかったのに、相手がしつこく迫ってきたので仕方なかったなどの、責任転嫁をするのです。

怒りの矛先を自分ではなく、相手の女性に向けるように、巧みに誘導していくのが特徴です。

理性があれば誘惑されても浮気しません。

3. パートナーのせいにする

パートナーのせいにする

相手の女性に矛先が向かなければ、次はパートナー自身に責任転嫁します。

寂しかった、遊びだった、などの簡単な言葉を並べ、最終的にはパートナーが仕向けたというような流れにもちこみます。

悪いのは浮気した自分ではなく、パートナーの配慮が足りなかったという風に話をすり替えていくのです。

4. 本格的にバレる前に逆ギレする

本格的にバレる前に逆ギレする

例えば、男性の携帯に夜中に何度も着信があったり、浮気相手の女性からラブラブメールがきていたとしましょう。

浮気を確信したら、当然問い詰めますが、逃げ道がないと感じたら、浮気者の男性は逆ギレします。

消せない証拠が揃っていれば不利ですから、話が長引く前に逆ギレして、一旦相手を黙らせつつ、言い訳を考えています。

こんな男性とは絶対分かれるべきです。

5. 証拠を隠滅する

証拠を隠滅する

着信履歴やメールなど、浮気中なら消しておくべき証拠を突き付けられたら、完全に不利ですよね。 逆ギレもしますが、その後にやりがちな行動は、携帯を破壊して隠滅することです。

浮気癖がある男性ほど、2つ以上の携帯を持っている傾向があり、1つくらい破壊しても連絡がとれるからです。

破壊するということは、浮気したことを認めるのかと思いきや、「お前があんまりうるさいから八つ当たりしただけ」など、隠蔽した事すらパートナーの責任にすることもあります。

こんな男性とは絶対分かれるべきです。

6. 女性の心理を知り尽くしている

女性の心理を知り尽くしている

若い頃からモテる男性ほど、浮気のトラブルに慣れています。 バレた時にどう言えば良いのか、一旦、事態を収集するにはどうすれば良いのかを心得ているのです。

浮気の事実が明るみにでて、パートナーが泣いたり怒ったりする前に、「本当に好きなのはお前だけ」という甘いセリフで切り抜けます。

ほんの出来心であって、何の感情ももっていなかったと主張すれば、時間が解決してくれると思っているのです。

寝たら忘れると思っている心理です。

7. 心の奥に「寂しい闇」を抱えている

心の奥に「寂しい闇」を抱えている

幼い頃から両親がいないとか、あまり可愛がられた経験がないと、慢性的な寂しさを感じやすくなります。 パートナーへの依存度が高く、構ってほしいという欲求が高まると、自分でもコントロールできないのです。

浮気をしやすいのはパートナーへの不満が原因で、通常では満たしきれない膨大な欲望を抱えています。

それは本人も気づいていない、深層心理レベルの「寂しい闇」であり、何度も浮気をくり返すのは、この闇を埋めようとあがいているからです。

やはり親が浮気していた子供は親に似ることが多いです。

8. 女性をアクセサリーのように考えている

女性をアクセサリーのように考えている

浮気をするには、ある程度の時間とお金の余裕が必要です。 朝から晩まで忙しなく働き、残業や休日出勤をしている男性は、浮気なんてしている時間がないのです。 でも、転職や起業で成功をおさめ、自分の自由な時間ができた途端、浮気をする男性もいます。

「浮気は男の甲斐性」と捉えており、アクセサリーを付けるような気分になっているのです。 若くて美人な浮気相手をGETして、自己満足に浸っている傾向があります。

こちらは浮気ではなく遊びだった感じです。

9. 倫理観を完全に無視する

倫理観を完全に無視する

浮気や不倫をくりかえす男性は、社会における倫理観を完全に無視しています。

「浮気の1回や2回くらいで何が悪いんだ!」と高を括るタイプが多く、浮気が原因で社会的な立場が危うくなるとは一切考えていません。

浮気が原因で離婚などの大きなトラブルにならかなった男性ほど、たかが浮気ぐらいで・・と甘い考えをもっていることが多いです。

モラハラ的な男性です。

10. 決定的な別れ話がでるまで反省しない

決定的な別れ話がでるまで反省しない

何度も浮気をされているうちに、パートナーが愛想を尽かせることもあります。

「次に浮気したら離婚する」などと言われていても、大丈夫だろうと考えて軽く考えているのです。

でも、浮気がバレて問い詰められた時、同時に離婚届けを出せば、その瞬間に初めて反省することになるのです。

まとめ

いくら怒っても、何度注意しても浮気癖が治らない男性はいるものです。

人によって軽い気持ちで浮気していることもあれば、心に深い闇を抱えていることもあり、対処法は難しいです。

ご紹介した行動パターンを踏まえたうえで、浮気をしないように対処法を探っていくことをお勧めします。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!