恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170916110133.html
グレーが好きな人の心理や特徴13選

グレーが好きな人の心理や特徴13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
グレーが好きな人の心理や特徴13選

今回は「グレーが好きな人の心理や特徴」がテーマです。 グレーは何にでも合わせやすくて便利な色ですが、グレーを好きな人に特有の特徴などがあるのでしょうか。

  • 人に合わせるのを得意としている
  • 誰とでも仲良くなりたい
  • 目立ちたくない
  • 自己主張が強くない
  • 物腰が柔らかい
  • 賢く立ち回れる
  • 上司受けが良い
  • 決断力に欠ける
  • 八方美人になりやすい
  • 控えめである
  • やや陰気である
  • 精神的に不安定である
  • 感情を出すことが苦手である
  • まとめ

1. 人に合わせるのを得意としている

人に合わせるのを得意としている

グレーが好きな人は、とにかく人に合わせることが得意です。 他人に合わせていくことで人間関係を構築していくタイプです。

絶妙なタイミングで相槌を打ちますし、相手の気持ちを逆なですることはありません。 集団の中ではリーダータイプではなく、サブリーダーの立ち位置にいることが多いです。

2. 誰とでも仲良くなりたい

誰とでも仲良くなりたい

グレーが好きな人は、誰とでも仲良くなりたいという気持ちを持っています。 いろいろな人と関わって生きていきたいのです。 人と関わりたくないというわけではありません。

来るもの拒まずのスタンスです。 自分から積極的に話しかけることは多くはないかもしれませんが、聞き役になることが多いので、おしゃべりな人はこのタイプの人を友人に持ちたがる傾向にあります。

3. 目立ちたくない

目立ちたくない

グレーが好きな人は目立ちたいとは思っていません。 目立つと何かと裏で叩かれるもので、それが嫌なのです。 そこまでして自分という存在を前に押し出そうとはしません。

特に悪目立ちを嫌い、人と横並び、あるいは人の少し陰に隠れるような立ち位置を探しています。 多数決では空気を読み、必ずと言っていいほど多数側の意見に同調します。 それはほとんど無意識に行っていることです。

4. 自己主張が強くない

自己主張が強くない

グレーが好きな人はあまり自己主張をしません。 主張があっても出さないのです。 自己主張をすることに意義を感じていない可能性もあります。

自己主張をすると反対意見が出てくるものであり、それで自分の気持ちが傷つくことを嫌がります。 主張があまりにないので、周りからは「何を考えているか分からない人」という印象を持たれてしまうこともあるでしょう。

5. 物腰が柔らかい

物腰が柔らかい

グレーが好きな人は物腰が柔らかく、接しやすい相手です。 特に初対面では「とっつきにくい人」という印象はほとんど持たれません。

話しかけても素直に応じ、話をよく聞いてくれるので、とにかく第一印象は良いことが多いです。 物腰が柔らかいことは人間関係において武器になります。

6. 賢く立ち回れる

賢く立ち回れる

グレーが好きな人は組織の中で賢く立ち回れます。 地頭が良いので、相手が何を考えているか分かりますし、次の事態を予測することも上手にできます。 そして自分はどういった存在で、どうやって立ち回ったらベストなのかを瞬時に判断できるのです。

周りからは「何を考えているか分からない」と揶揄されがちな人でもありますが、何も考えていないわけではなく、いろいろと気を回した上で「何もしない」という判断をしていることが多いのです。 沈黙すべき時に沈黙していられる人は、本当に賢い人なのです。

7. 上司受けが良い

上司受けが良い

グレーが好きな人は上司受けが抜群に良いです。 上司は自分の言うことをある程度全面的に聞いてくれて、察して動いてくれる人材を好ましく思います。 指示を聞いてくれると言っても、指示待ち人間では仕事をする上でどうにもならないのですが、グレーが好きな人は指示通りに動いて、なおかつそれ以外のことにも気が付いて動ける資質を持っています。

物腰も柔らかいので、上司に意見する場合にも嫌な印象を持たれません。 上司にとっては最高の部下と言えるでしょう。 秘書に向いている人材です。

8. 決断力に欠ける

決断力に欠ける

グレーが好きな人はやや決断力に欠ける傾向があります。 白黒はっきりつけなければいけない場面でも、グレーゾーンの判断をしたり、保留をしたりしてしまいます。

本人としては考えた上でグレーな発言をしているのですが、何事もはっきりとさせたい人間にとってはイライラの原因となるようなタイプです。

9. 八方美人になりやすい

八方美人になりやすい

グレーが好きな人は八方美人になりやすいタイプとも言えます。 誰にでもいい顔をするので、陰では八方美人として認定され、どこか信頼が置けないようになることもあります。

その場その場で合わせすぎると、全体としてはどこかで矛盾を生んでしまいます。 時には自分の本心を言うようにしていかないと、自分の気持ちにも歪みが生じてしまう原因となってしまいます。 どこかでバランスをとるようにしましょう。

10. 控えめである

控えめである

グレーが好きな人は総じて控えめです。 大皿から料理を取り分ける時も、自分の分を一番最後にとります。 自分の選択は一番最後に回すのです。

それで一時的に損をするようなこともあります。 しかしその控えめな印象があるので、人間関係では損をすることはあまりないようです。

11. やや陰気である

やや陰気である

グレーが好きな人はやや陰気の気質があります。 底抜けに明るくて何でも正直に言ってしまう人とは違い、何を考えているか分からないという印象を持たれているので、若干暗めのイメージを持たれてしまいます。

どこか物憂げな、陰のあるキャラクターです。 しかし暗すぎることがなければよいので、あまり気にし過ぎなくてよいでしょう。

12. 精神的に不安定である

精神的に不安定である

グレーが好きな人は精神的にやや不安定である傾向があります。 グレーの服を好む人は、自分という存在をはっきりとさせたくないのでその色を選ぶのですが、自分の不安定さを暗示しているとも言えます。

ちょっとしたことで心が揺れてしまったり、気分の落ち込みがあったりします。 大きく不安定ということは少ないのですが、少し心配な側面です。

13. 感情を出すことが苦手である

感情を出すことが苦手である

グレーが好きな人は感情を表現することが苦手と感じています。 喜怒哀楽の表現に乏しいのです。

例えば、笑っていてもアンニュイさが感じられるような曖昧な感情表現をするのが特徴です。 また、悲しくて大泣きするということも少ないので、ストレスを抱え込みやすい傾向にあります。

まとめ

自分自身にあてはまるポイントはありましたか。 グレーが好きな人には特有の心理状態や特徴があることが分かりました。

人間関係をうまく築き、人生を良好に送っているように見えますが、その内面では人知れぬ葛藤を抱えて生きています。 自分がグレーが好きな人と思ったならば、時には他の色にも目を向けて違う自分を発見してみてはいかがでしょうか。

今回は「グレーが好きな人の心理や特徴」がテーマです。 グレーは何にでも合わせやすくて便利な色ですが、グレーを好きな人に特有の特徴などがあるのでしょうか。


人に合わせるのを得意としている

グレーが好きな人は、とにかく人に合わせることが得意です。 他人に合わせていくことで人間関係を構築していくタイプです。

絶妙なタイミングで相槌を打ちますし、相手の気持ちを逆なですることはありません。 集団の中ではリーダータイプではなく、サブリーダーの立ち位置にいることが多いです。

誰とでも仲良くなりたい

グレーが好きな人は、誰とでも仲良くなりたいという気持ちを持っています。 いろいろな人と関わって生きていきたいのです。 人と関わりたくないというわけではありません。

来るもの拒まずのスタンスです。 自分から積極的に話しかけることは多くはないかもしれませんが、聞き役になることが多いので、おしゃべりな人はこのタイプの人を友人に持ちたがる傾向にあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!