恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170812135852.html
赤色が好きな人の心理や恋愛傾向10選

赤色が好きな人の心理や恋愛傾向10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
赤色が好きな人の心理や恋愛傾向10選

赤色が好きな人の心理や恋愛傾向を10選まとめました。

  • エネルギッシュ
  • 感情の起伏が激しい
  • 外向的
  • 喧嘩好き
  • 目立ちたがり
  • 好奇心旺盛
  • 考えるよりも先にしゃべる
  • 感情をコントロールできない
  • 野心的
  • 愛情深い

1. エネルギッシュ

エネルギッシュ

赤色が好きな人は、生きようとするエネルギーが強く、あらゆることに欲張りな人といえます。 赤色に情熱を感じるように、赤が好きな男性は、何事にも積極的に取り組む性格というのが特徴です。 仕事面では、何事も活動的に行いますから、仕事の成果を出しやすく、周囲からの評価も高く、女性からももてる人が多いのも、赤色が好きな人の特徴です。

赤色が好きな男性は、消極的になることが嫌いですから、アプローチするなら、積極的に行うことが大切です。 赤色というのは、健康や体力、生命力の色で、赤色と好きな人は、外向的で積極的な精力旺盛な人といえます。

赤色が好きな人は、パワフルで頑張りやという人が多く、感情的な面も持っていますが、基本的に面倒見がよくリーダーシップがあります。 周囲からも慕われいますが、細部を気にせずおおざっぱな一面ももっています。

2. 感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい

情熱的でエネルギッシュな人が多く、行動的で感情の起伏が激しいのも、赤色が好きな人の特徴です。 感情の起伏が激しく、少しでも納得できないことがあると、すぐに他人のせいにしてしまう傾向があります。

3. 外向的

外向的

赤色が好きな人は、怒りや情熱、興奮、元気、愛情などをイメージする赤と同じように、エネルギッシュな人が多く、外向的な人が多いのが特徴です。

情熱的でリーダーシップをとりたい人が多く、自分の存在をアピールしたいという欲求をもっています。 赤は青とともにもっとも一般的に好まれる色で、赤が好きな人は外向的な人といえます。 赤を好きな人は、関心のあることに対しては、臆することなく立ち向かっていくことができますが、ただ、思ったことをすぐ口に出してしまうため、人を傷つけてしまうこともあります。

4. 喧嘩好き

喧嘩好き

赤色が好きな男性は、誰かと争うことが好きで、喧嘩好きな一面があります。 そのため、自分が争っているつもりはなくても、ライバルのように扱われることもあり、闘争心も高い為、いちいちかみつかれることもあるので、面倒だと感じる場合もあります。

5. 目立ちたがり

目立ちたがり

赤色は、ほかの色に比べると目立ちやすいように、赤色が好きな人というのは、目立ちたがりな傾向があります。 集団にいても目立ちたいため、自分が中心になろうと、話のネタも豊富な人が多いのも、特徴となっています。

6. 好奇心旺盛

好奇心旺盛

赤色が好きな人は、いろいろなことに興味をもちやすく、好奇心旺盛ですが、いったん取り組んでしまうとあきてしまうため、熱しやすく冷めやすいという一面ももっています。

最初は熱くなって積極的に取り組みますが、少し経験すると満足してしまい冷めてしまいます。 赤色が好きな人は、好奇心が旺盛ですから、次の恋愛モードへの切り替えも早く、一つの恋愛を長続きさせたい場合には、赤色はやめて、ベージュやカーキなどの心を穏やかにする色を取り入れてみるとよいでしょう。

7. 考えるよりも先にしゃべる

考えるよりも先にしゃべる

普通、社会の場では口に出してよいことと悪いことがあるため、空気を読んで考えてしゃべります。 ただ、赤色が好きな人は、考えるよりも先にしゃべってしまうため、つい太っているとか禿げているなどと正直に口に出してしまいます。 本人は、決して悪気はありませんが、正直に言われると傷つく人もいますから、注意が必要です。

8. 感情をコントロールできない

感情をコントロールできない

何事にも積極的に取り組む傾向にありますが、問題が起きてしまうと、感情をコントロールすることができない時があります。 たとえば、自分の責任ではないのに、上司に怒られてしまったり、理不尽な思いをした場合には、感情をコントロールすることができず、すぐに怒ってしまいます。

9. 野心的

野心的

赤色が好きな人は、不作法な態度をとったり、人がとがめて一方にだけ味方をするという場合があります。 基本的に冷静客観的に自分をみることが難しく、自分の欠点にはいっさい気づいていません。 外見的に物静かに見える場合でも、赤色が好きな人は、外見とは裏腹に、激しい感情や欲望を包み隠していることがあります。

10. 愛情深い

赤色は、体の中で流れる血の色と同じで、肉や熟した果実の色の表現で使われるように、生命に直結する色として知られています。 また、赤色は、若さや行動力、力強いイメージがあり、熱気を感じる場に変えるなど、人にやる気を与える色でもあります。

また、刺激的な色で、性的欲求や性的な興奮を与える色でもあります。 やる気がない時に、赤色を見るのは効果的ですが、ストレスを感じている時には、赤色を見ると余計にフラストレーションがたまってしまい、逆効果になってしまいます。

赤色を好きな人は、しっかりとした自分の意志の元で行動することができます。 そのため、仕事面でも達成にむけてまっすぐな姿勢をつらぬき、問題に対してベストな解決策を見つけることができます。 成功のためには、努力を惜しまず、友人や家族とのつきあいも大事にするというのも特徴です。

赤色が好きな人の心理や恋愛傾向を10選まとめました。


エネルギッシュ

赤色が好きな人は、生きようとするエネルギーが強く、あらゆることに欲張りな人といえます。 赤色に情熱を感じるように、赤が好きな男性は、何事にも積極的に取り組む性格というのが特徴です。 仕事面では、何事も活動的に行いますから、仕事の成果を出しやすく、周囲からの評価も高く、女性からももてる人が多いのも、赤色が好きな人の特徴です。

赤色が好きな男性は、消極的になることが嫌いですから、アプローチするなら、積極的に行うことが大切です。 赤色というのは、健康や体力、生命力の色で、赤色と好きな人は、外向的で積極的な精力旺盛な人といえます。

赤色が好きな人は、パワフルで頑張りやという人が多く、感情的な面も持っていますが、基本的に面倒見がよくリーダーシップがあります。 周囲からも慕われいますが、細部を気にせずおおざっぱな一面ももっています。

感情の起伏が激しい

情熱的でエネルギッシュな人が多く、行動的で感情の起伏が激しいのも、赤色が好きな人の特徴です。 感情の起伏が激しく、少しでも納得できないことがあると、すぐに他人のせいにしてしまう傾向があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!