恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170915171638.html
当たらない沖縄のユタに共通する13の特徴

当たらない沖縄のユタに共通する13の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
当たらない沖縄のユタに共通する13の特徴

沖縄県のユタはいわゆる霊能力者のような力をもっている人のことをいい、占い師のような役割を果たし、悩める多くの人を救っています。 しかし、なかには当たらない沖縄のユタというのもいます。 そこで、当たらない沖縄のユタによくある特徴をご紹介します。

  • 値段が設定されている
  • 高額請求される
  • 商品を取り扱っている
  • 威圧的な態度
  • 服装から雰囲気を作っている
  • 否定的な発言をされる
  • 不機嫌になる
  • 笑顔が少ない
  • 建物にお金をかけている
  • 過去の栄光にすがっている
  • 話を聞かない
  • 秘密を守れない
  • 共感しない
  • まとめ

1. 値段が設定されている

値段が設定されている

人々を苦しみから救い出すことを目的としているはずのユタが相談料をもらうことすらそもそもはよくないこととされています。

しかし、ユタにも生活がありますので、相談料はもらわなくてはならないのですが、通常は気持ちとしてお布施のような形で受けとるのですが、当たらないユタというのは、気持ち程度では当たらなかったときにそれでは収入がないことを分かっていますので、値段を一律に設定していることが多いと言えます。

2. 高額請求される

高額請求される

当たらないユタというのは、商業にと向かう傾向にあります。 そのため、相談料を一律にして、なおかつ通常では考えられないような高い金額を設定している傾向にあるのです。

沖縄県の当たらないユタというのは、高値で高級感を与えて、予約をとることが困難であるような、当たる雰囲気作りに力を注いでいると言えます。 なかには一度目は料金を取らず、一度目で安心と信頼を得てから、二回目以降は高額請求されるケースも少なくはありません。

3. 商品を取り扱っている

商品を取り扱っている

沖縄県の当たらないユタにある特徴としては、お守のようなものを準備して販売している傾向にあります。 当たらないユタというのはとにかくお金が大好きである傾向が強く、商売気質なところが見えてしまいます。

4. 威圧的な態度

威圧的な態度

沖縄県の当たらないユタによくある特徴としては、威圧的な態度で相談者に接するといった点です。 自分自身でも当たらないということに気がついてはいますので、それを悟られないようにわざと威圧的な態度を示して、相談者に有無を言わせない姿勢を取っています。

5. 服装から雰囲気を作っている

服装から雰囲気を作っている

いかにも沖縄県のユタのような神秘的な格好をしているような人は雰囲気で自分自身をアピールしているような傾向にあります。 いかにも神秘的な服装をしているようなユタは注意が必要となります。

6. 否定的な発言をされる

否定的な発言をされる

相談をしていても、否定的な発言ばかりをするようなユタというのは当たらないユタだと言えます。 ユタは人の痛みも分かる人物だと言われており、相談に来た相手に否定的な言葉を浴びせてしまうのはプロとして失格であり、当たらないことを隠したい現れでもあります。

7. 不機嫌になる

不機嫌になる

当たらないユタの特徴として、もしもユタの発言した言葉が相談者の思いと異なり、当たらずに素直に違うと言われてしまうと、不機嫌な態度をとられる方も多いと思います。 当たらないユタというのは、当てることに必死になられる傾向にあります。

8. 笑顔が少ない

笑顔が少ない

せっかく意を決してユタの元に行ったのに、眉間にシワを寄せて出てこられたら緊張感を抱いてしまいます。 当たるユタというのは安心感を与えなくてはならないといった使命にかられますので、笑顔が多くなるものです。 すなわなち笑顔が少ない沖縄県のユタというのは、当たらない可能性も非常や高いと言えます。

9. 建物にお金をかけている

建物にお金をかけている

建物に対してお金をかけているようなユタというのは、お金儲けに走っている、すなわち沖縄県の当たらないユタである可能性が非常に高いとされています。

同じように、高級車が数台停まっていたり、ユタの身に付けている装飾品が効果であればあるほど、当たらないユタによく見られる特徴として挙げられます。

10. 過去の栄光にすがっている

過去の栄光にすがっている

有名人の誰々の相談に乗ったことがあるなど、相談に乗った相手が今では医師として活躍をしているなど、いつまでも過去の栄光にすがっているようなタイプというのも、実は沖縄県の当たらないユタとしてあげられます。

過去の栄光は誰にも証明することが出来ませんし、証拠を出せと言われることもありませんので、正に言ったもの勝ちです。 過去の栄光にすがり、前を向こうとしないタイプのユタは当たる確率な非常に低いとされています。

11. 話を聞かない

話を聞かない

ユタの任務は人の悩みを聞いて解決に導くことだとされていますが、当たらないユタというのは、相手の悩みなどを聞かず一方的に自分の話をされる傾向にありますので、悩みは解決しない状態となります。 そのため、沖縄県での当たらないユタとして、話を聞かない人というのが挙げられています。

12. 秘密を守れない

秘密を守れない

有名人や著名人がユタの元に訪れたことをだれかれ構わず喋ってしまったり、他の相談者の相談内容をベラベラと喋るようなお喋りなタイプの、秘密が守れない人というのは、人の心を知らないタイプが多く、秘密を守れない人というのは沖縄県の当たらないユタとして挙げられています。

13. 共感しない

共感しない

相談者の言葉に絶対的に共感をしないといったユタも少なくはなく、否定することでユタの言葉が正しいのだと錯覚させられる効果があるのです。 そのため、沖縄県で当たらないユタというのは、相談に来ている相手に対しても共感をしない傾向にあります。

まとめ

沖縄県にはユタと呼ばれる人が何人もいます。 当たるユタもいれば、当たらないユタもいます。 当たらないユタの大きな特徴としては、お金儲けに走っているか否かです。 本物の実力があるユタの場合、必要最低限のお金しか必要としません。 しかし当たらないユタというのは金儲け主義に走ってしまう傾向にあるのです。 高額な相談料金などを設定しているようなユタというのは、当たらないユタとして捉えてもよいと言えます。

また、当たらないユタというのは自分でも当たらないことを心得ています。 そのため、ついつい相談者に強気な態度で向かったり、発言をすべて否定するようなことばかりを発してしまう可能性もあり、笑顔の数も極端に少ないのが特徴と言えます。 人気がある沖縄県のユタであっても、なかには当たらないユタというのも少なくはありません。 何ヵ月も予約町をしていたのにといった思いを抱いてしまうユタもなかにはいますので、当たるユタと当たらないユタをしっかりと見分ける力を養うことが大切となります。

沖縄県のユタはいわゆる霊能力者のような力をもっている人のことをいい、占い師のような役割を果たし、悩める多くの人を救っています。 しかし、なかには当たらない沖縄のユタというのもいます。 そこで、当たらない沖縄のユタによくある特徴をご紹介します。


値段が設定されている

人々を苦しみから救い出すことを目的としているはずのユタが相談料をもらうことすらそもそもはよくないこととされています。

しかし、ユタにも生活がありますので、相談料はもらわなくてはならないのですが、通常は気持ちとしてお布施のような形で受けとるのですが、当たらないユタというのは、気持ち程度では当たらなかったときにそれでは収入がないことを分かっていますので、値段を一律に設定していることが多いと言えます。

高額請求される

当たらないユタというのは、商業にと向かう傾向にあります。 そのため、相談料を一律にして、なおかつ通常では考えられないような高い金額を設定している傾向にあるのです。

沖縄県の当たらないユタというのは、高値で高級感を与えて、予約をとることが困難であるような、当たる雰囲気作りに力を注いでいると言えます。 なかには一度目は料金を取らず、一度目で安心と信頼を得てから、二回目以降は高額請求されるケースも少なくはありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!