恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170826135604.html
年上彼氏を夢中にさせるテクニック8選

年上彼氏を夢中にさせるテクニック8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
年上彼氏を夢中にさせるテクニック8選

恋愛するなら年上男性と!と考える女性にもってこいの、年上男性を夢中にさせるテクニックをご紹介します。



  • 猫のように気まぐれに過ごす
  • にこにこ愛くるしい目で見つめる
  • 頼りになるという態度で接する
  • できなくても一所懸命な姿を見てもらう
  • 若いからだはもちろん魅力的
  • 喜怒哀楽で手をかけさせる
  • 時に甘えさせる
  • 無理なわがままは言わない
  • まとめ

1. 猫のように気まぐれに過ごす

猫のように気まぐれに過ごす

年上男性が年下女性がたまらなくなる理由のひとつは危ういような女性の気まぐれさです。 心の内が見えなかったり自分の手から離れていきそうな感じがして、まるで猫のように気まぐれであってもついかまいたくなってしまいます。

多少のわがままなら見逃せる余裕もあるため、自分の手の内で遊ばせているという満足感もあります。 でも甘える時はたっぷりと甘えることです。 そのギャップで喜ばせてあげましょう。

2. にこにこ愛くるしい目で見つめる

にこにこ愛くるしい目で見つめる

年上の彼氏は甘えん坊の年下女性が大好きなので、にこにこと愛くるしい目で見つめて話しましょう。 照れくさくてつい視線をそらしたくなるかもしれませんが、そこにぐっと入り込んでこられると無邪気でかわいいなぁと嬉しくなります。 人前でそれをやられると彼女はこんなに自分に夢中なんだと見せ付けることができ、幸せを感じます。

3. 頼りになるという態度で接する

頼りになるという態度で接する

年上彼氏は彼女から頼りにされたいと思っています。 愚痴や相談は聞いてもらい、高いところのものをとってもらったり重たいものを持ってもらったりということもちゃんと感謝の言葉をかけながら頼りにしていいのです。

経験談などでアドバイスされる時にさすがという態度で聞いてあげると完璧ですね。 多少は自分に酔わせてあげるということがポイントです。

4. できなくても一所懸命な姿を見てもらう

できなくても一所懸命な姿を見てもらう

年上彼氏はひたむきな彼女の姿にも親心のような優しい気持ちで感動してくれます。 だからできないことでも一所懸命な姿を見てもらい、その健気さをどんどんアピールしましょう。

そこが年上女性とは違う若さからくる幼さと思われたりもします。 できないことを認めてくれるだけでも相手からすると可愛いものですし、できるはずと信じてムキになる様子もまたぐっときます。

5. 若いからだはもちろん魅力的

若いからだはもちろん魅力的

やっぱり若い女性のからだは魅力的です。 ハリのある胸やおしりのラインがわかる洋服を着て迫るのもいいですし、逆に恥ずかしがって見せようとしないのも見たくさせるコツでもあります。 どうにでも使える最強の武器として彼氏を簡単に夢中にさせることができます。

6. 喜怒哀楽で手をかけさせる

喜怒哀楽で手をかけさせる

あまりにやりすぎると嫌われてしまうこともありますが、常識の範囲内で喜怒哀楽をうまく使いこなし、相手に手をかけさせましょう。

たまに見せる切なそうな表情や、何かをしてもらった時の無邪気な満面の笑み、やきもちをやいてプンプンしている姿…それら全てに翻弄されつつも愛されていると感じ、彼氏は夢中になっていきます。

7. 時に甘えさせる

時に甘えさせる

年上男性でもたまには弱音を吐いて甘えたい時がありますから、何だかイライラしているなと感じたらさりげなく話を聞きだして吐き出させてあげるのもいいですね。

子供のように頭を撫でてあげたり、「でも私がいるでしょ?」という一見何も解決しそうにない言葉で慰めるだけでも癒されます。 彼氏はそんな彼女にそばにいてほしいと強く感じてくれるようになります。

8. 無理なわがままは言わない

無理なわがままは言わない

多少のわがままは夢中にさせるのにも使える手ですが無理なわがままを言ってしまうとうんざりされてしまいます。

その境目がわかっているというのが相手を夢中にさせるテクニックなんです。 手のかかる彼女でも本当はよく自分を理解してくれていると感じてもらうのが理想的ですね。

まとめ

年上彼氏はわがままな年下彼女を受け入れてくれながらもどこか自分も受け入れられたいという願望があります。 甘えながら時には理解と包容力を使って上手にサポートしてあげまよう。 そうすることで彼氏ももっと夢中になり、手放したくないと感じてくれるようになります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!