恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170821141722.html
医者の彼氏が女性にモテる理由

医者の彼氏が女性にモテる理由 | 恋のミカタ

恋のミカタ
医者の彼氏が女性にモテる理由

医者の彼氏が女性にモテる理由を10選まとめました。



  • 高収入だから
  • 頭がいい
  • 会話がはずむ
  • 決断力がある
  • 弱っているとき助けてくれる
  • のりがいい
  • 聞き上手
  • 育ちがいい
  • 優しい
  • 真面目

1. 高収入だから

高収入だから

女性は、経済力がある男性を好みます。

女性は将来のことなど先のことを考える傾向があるので、やはり高収入の医者の彼なら将来が安心できるでしょう。

また、医者の彼自身も高収入なので、高級なレストランに連れて行ってあげたり、高価なものをプレゼントしたりといろいろと尽くしてくれるので、そんな男性に女性は惚れてしまうからです。

いつの時代も生活力というのはモテ要素なのです。

2. 頭がいい

頭がいい

医者になったということは、小さいころからしっかり勉強してきた人なので、知識も豊富で、いろいろな場面で知的な面を見る機会があると思います。

女性は尊敬できる男性が好きです。

自分の知らないことを優しく説明してくれたり教えてくれたりしたら、頼りがいのある姿にこれまた惚れてしまうのです。

3. 会話がはずむ

会話がはずむ

医者は小さいころからいろいろなことを勉強しているので、物知りです。

また困っているひとを助けたいという自発的な性格の人が多いので、積極的な人やコミュニケーション能力の高い人が多い傾向があります。

なので、一緒に会話したらとてもはずみ楽しくあっという間に時間が過ぎることでしょう。

話が楽しいともっと一緒にいたいと思うでしょう。

4. 決断力がある

決断力がある

医者は職業柄、常に一秒単位で人の命に対しての決断を下しているのです。

そのような習慣から、何でも決めることが速く、自分自身の意見をしっかりもっています。

そんな男らしい部分も魅力的なのだと思います。

将来のことなどもしっかり決断してくれる人といられると女性は安心なのです。

5. 弱っているとき助けてくれる

弱っているとき助けてくれる

人は弱ってるときに、人のありがたみを強く感じます。

そんなとき医者の彼なら、的確な判断、的確な処置をしてくれるでしょう。

さらに気持ちも分かってくれるでしょう。

辛いときに助けられると、しっかり心をつかまれてしまうのです。

6. のりがいい

のりがいい

医者は大学時代から先輩後輩の縦社会のなかで、揉まれて生きています。

それなのでそのころから培った、フットワークの軽さがあるのです。

ですから急に、飲みに誘っても嫌な顔せずに来てくれたり、多くの場面でフットワークの軽さを感じることでしょう。

そんなふうにいろいろな提案にすぐに答えてくれる男性は、女性にとって最高の男性なのです。

7. 聞き上手

聞き上手

いつも患者さんの話を聞いている医者の彼は、人の話を聞くことが得意なのです。

またそれに対してのアドバイスも得意でしょうから、悩んだときに彼に言いやすく、溜め込んでしまうことがないので、より良い関係が築けるのです。

また、人の意見に対して余裕を持って聞くことができるので、感情的になったりすることがなく、いつも冷静に聞いてくれるでしょう。

8. 育ちがいい

育ちがいい

医者になる人は、もともと育ちの多い人が多いです。

ですから行動がスマートだったり、マナーがしっかりしていたり紳士的なところがみえるでしょう。

また会話にも品があり高貴な部分がうかがえるでしょう。

そんな王子様のような姿に女性は夢見心地になってしまうのです。

9. 優しい

優しい

医者になるということは、根底に人を助けたい、人に喜んでもらいたいという気持ちがある人たちです。

心が優しい人が多いことでしょう。

常に厳しい職場にいることもあり人の傷みもよく分かっているこでしょう。

心の優しい人は強い人間です。

そんな優しさを備えた強い人間はとても魅力的なのです。

10. 真面目

小さいころから周りが遊んでいる中でも、誘惑に負けずに勉学に励んできた医者の彼は、真面目で、やると決めたことは最後までやり通す性格なのです。

何事にも真っ直ぐで誠実な姿に安心できることでしょう。

真面目な彼は、彼女にも一生懸命尽くしてくれたり、考えてくれること間違いありません。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!