恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170803143107.html
こんなやり方がある!中学生の片想いアピール方法10選

こんなやり方がある!中学生の片想いアピール方法10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
こんなやり方がある!中学生の片想いアピール方法10選

こんなやり方がある!中学生の片想いアピール方法を10選まとめました。



  • まずは仲良くなって存在をアピール
  • 話しやすい存在になること
  • いろんな表情を見せる事も大切
  • 好きな人に頼ることを忘れない
  • イベントでは積極的にアピールする
  • 同じ班になることが大切
  • 何かをしてくれたらお礼の手紙を書く
  • 授業で一緒のチームになることが大切
  • 一緒にいる時間の長さは大切
  • 噂を流して相手を意識させる

1. まずは仲良くなって存在をアピール

女性(学生14・黒セーラー・正面)

中学生の片想いアピール方法は、まずは仲良くなって存在アピールすることが大切です。 同じクラスなったり、同じ部活になったとして、積極的に話しかけて、身近な存在であることをアピールすることで急接近することができます。

また仲良くなる事は相手がどんなタイプの人を好きなのかを知るきっかけにもなるので、積極的に相手を知ろうとする行動が大切です。

2. 話しやすい存在になること

女性(学生1)

中学生の片想いアピール方法は、話しやすい存在になることです。 話しかけにくい人や、物静かな人よりは話かけやすい存在の方が好きになりやすいです。

また自分の気持ちもいいやすくなるので、積極的に話しかけやすい人というポジションをゲットすることが大切です。 話しやすい中になることで、いつも一緒にいる存在になれます。

3. いろんな表情を見せる事も大切

女性(学生9・指さし)

中学生の片想いアピール方法は、いろんな表情を見せる方法です。 楽しい時は思いっきり楽しんで、悲しい時は涙を流して、喜怒哀楽をはっきりと表現することでその人がどんな人なのかを好きな人にアピールすることができます。

また好きな人にいろんな表情を見せることによって、この表情を見せることもあるんだというように思わせることができます。 普段は見ないような表情を見せられたら、余計にその人のことが気になってしまうのではないでしょうか。

4. 好きな人に頼ることを忘れない

男女(仲良18・会話・女性目線)

中学生の片想いアピール方法は、好きな人に頼ることを忘れない方法です。 できないことがあれば好きな人のもとに行って、積極的に話しかけると好きな人と一緒に共同作業してもらえたり、できないことを手伝ってもらうなど、何かを一緒にする時間が増えるのでそれだけで距離も近づき、2人にとっても思い出となるでしょう。

5. イベントでは積極的にアピールする

女性(学生8・サッカーボール)

中学生の片想いアピール方法は、学校のイベントで積極的にアピールする方法です。 学校では運動会や文化祭などいろんなイベントがあります。

女の子として国内を回るのも良いですが、男の子も一緒に交えて校内を回ったり、一緒にいる時間を作ることによっていろんな思い出を残すことができます。 難しいアピール方法をしなくても、好きな人に近づくことができるのでとても便利です。

6. 同じ班になることが大切

手アップ(花・手渡し)

中学生の片想いアピール方法は、同じ班になることがアピール方法につながります。 修学旅行や林間学校など、同じ班になることは普段を見せることのない一面を見せる良いタイミングです。 そのことがきっかけで一気に気持ちを手繰り寄せることができるので、積極的に同じ班になって好きな人と一緒に行動することが大切です。

7. 何かをしてくれたらお礼の手紙を書く

女性(学生18・カメラ目線・手帳)

中学生の片想いアピール方法は、何かをしてくれたら必ずお礼の手紙を書くことも立派なアピール方法です。 言葉で挨拶するのは簡単ですが、お礼の手紙を書くことによって心からの気持ちが伝わるのと、好きな人からラブレターをもらったかのような気持ちになるので、急激に意識してしまいます。

きれいな字を書くように心がけることで、好きな人に心からの気持ちを届けることができます。 ノートの切れ端などではなく、しっかりとした便箋で手紙を書くことが成功の鍵です。

8. 授業で一緒のチームになることが大切

部屋(教室窓際)

中学生の片想いアピール方法は、授業で一緒のチームになる事です。 特に体育の授業などで、体力の違った男女が一緒のチームになって戦うと、勝つために皆で一生懸命頑張ろうと心を1つにすることができます。

心を1つにすることができる、何においても一緒にやろうとチームワークが芽生えます。 何事にも全力で取り組み、チームを盛り上げることで存在感を与えることができます。 この人と一緒にいると楽しいかもと思わせることが大切です。

9. 一緒にいる時間の長さは大切

女性(学生16・ハートマーク)

中学生の片想いアピール方法は、一緒にいる時間の長さを多くするアピール方法です。 昔の写真を思い返してみたときに、そういえばどの写真にもいるのと意識させたり、いつも一緒にいてくれてこの人といると安心できたなぁなどと思い変えさせることにより、恋心を育むことができます。

ちょっとした休み時間や移動時間も大切な時間であり、一緒にいる時間の長さを意識することは、好きな人に対しての立派なアピール方法につながります。

10. 噂を流して相手を意識させる

女性(学生5・ブレザー持ち・目線下)

中学生の片想いアピール方法は、噂を流して相手を意識させる方法があります。 中学生は恋をする事が恥ずかしく感じる年頃なので、あえて噂を流すことによって、違うと言いつつも心の中では嬉しかったり、思ってもみなかったことを言ってしまったせいで、より相手のことを意識するようになってしまうなど、何かしらのアクションを起こすことができるので、片思いの相手に対してのアピール方法で、わざと噂を流して相手に意識させてあげることが急激に恋を育むために必要なアクションです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!