恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170901164558.html
いつも嫌味を言う姑の対処方法13選

いつも嫌味を言う姑の対処方法13選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
いつも嫌味を言う姑の対処方法13選

姑というのは、嫌みっぽくて嫁を敵認定しているものです。 あまりにも嫌味が過ぎるとき、こんな対処法を試してみてはいかがでしょうか。 きっと心が晴れていくと思います。

  • 笑顔で無言
  • 会う回数を減らす
  • 夫に防波堤になってもらう
  • 自分へのご褒美を購入
  • 子供に反論してもらう
  • 姑をほめちぎる
  • 義家族の中に味方を探す
  • 隙を見せない
  • 不機嫌になる
  • 同じくらい言い返す
  • 実家に愚痴を聞いてもらう
  • ブログに書く
  • 好きになる
  • まとめ

1. 笑顔で無言

笑顔で無言

聞こえていることは雑音だと割り切り、とにかく顔に出さずに笑顔を心がけます。 この笑顔というのは、相手の戦意を削ぐ効果があります。 笑顔に勝るものなしとでも言うのでしょうか。 鬼のような姑も気持ちが和らぐでしょう。

笑顔は心の鎧なのです。 鎧を身に着けて最上の笑顔を向けてみてください。 そんな嫁には味方がおのずと増えていくものです。

2. 会う回数を減らす

会う回数を減らす

昔から姑との距離は「スープのさめない距離」などと言います。 しかし、実際はどんな距離でも嫌味は言われるものと、心得ておいた方がいいでしょう。 あまりにも苦痛であれば、どんな手を使っても会うのを控えることです。

会わなければ、ストレスも軽減されます。 会う回数が少なければ、嫌みも耐えられます。 避けられていると分かることで、姑も自分を省みるきっかけになります。

3. 夫に防波堤になってもらう

夫に防波堤になってもらう

姑は、自分の愛する息子を憎き嫁に取られたと思うからこそ、辛辣な嫌味を言います。 かなしいかな、その嫌味は息子を取られた母親の悲鳴なのかもしれません。 愛する息子は、あなたを愛する夫でもあります。

自分の苦しみを夫へ訴えましょう。 夫に嫌味を言うなと釘を刺してもらうと、嫌みの頻度も減ります。 夫も妻が可愛いですから、誠意を持って訴えたら、助けてくれます。

4. 自分へのご褒美を購入

自分へのご褒美を購入

嫌味を言われ続けると、へこみますし中には、心を病んでしまう人もいます。 そんな病的な状況を打開するには、「物」です。 あなたの欲しい物を自分に与えます。

嫌味に耐えたら、自分へのご褒美を、吟味して心置きなく購入してみましょう。 対価が支払われれば、これも労働のひとつだと割り切ることができます。 そうすることで、気持ちも晴れやかになり、向けられる嫌味も楽しいものに変化します。

5. 子供に反論してもらう

子供に反論してもらう

姑は、息子や孫には弱いものです。 同じ人間かというほど、嫁への態度とは違うものです。 であるならば、自分の子供にしたたかに反論してもらうのもひとつです。

孫に嫌われたくない姑は、表立ってあなたをいじめることはなくなります。 嫌味を止めるには、子供が効果的な役割を担います。 若年の子供は基本的に母親の味方です。

6. 姑をほめちぎる

姑をほめちぎる

嫌味を言われれば言われるほど、嫌みかと言うほど、姑をほめてみてください。 ほめちぎります。 自分をほめつづける相手に、人は悪意を向けにくくなるものです。

心は真逆でも、言葉は美辞麗句、難しいかもしれませんが、姑をほめちぎるのです。 いつしか、気分を良くした姑も、あなたをほめ始めるかもしれません。 それが人間の心の不思議でもあります。

7. 義家族の中に味方を探す

義家族の中に味方を探す

義家族のなかに、味方を探してみましょう。 例えば、夫の兄弟はどうでしょう。 年が近ければ、あなたの気持ちを理解してくれる可能性も高くなります。

同情を買うことで、義家族が姑に意見してくれるように持っていくことです。 そのためには、いつも義家族への心配りを忘れずに、良い嫁を演じていてください。 いくら味方になってほしくとも、嫁として不十分な人格だと、相手にされません。

8. 隙を見せない

隙を見せない

嫌味を言われないだけのスキルを身に着けます。 完璧な主婦を演じるのです。 悔しいかな、姑が嫌味を言えないレベルに主婦力を磨く事ができたら敵なしです。

隙を見せないことが、間違いなく姑の攻撃をかわす最大の防御になります。 姑は嫌味の代わりに、くやしくも歯ぎしりをすることになるのです。

9. 不機嫌になる

不機嫌になる

このさい、良い嫁を演じるのはやめませんか。 あからさまに不機嫌になるのです。 姑は腹立たしく思うでしょうが、夫と離婚か死別しない限り、付き合いは長くなります。

いっそのこと、気を遣うのはやめてみてはいかがでしょうか。 不機嫌な顔をさらけ出すと、相手も怯み、侮ることをやめるでしょう。 そこに本当の親子のような気兼ねない情愛が生まれることもあります。

10. 同じくらい言い返す

同じくらい言い返す

不機嫌になるくらいじゃ、効果がないツワモノ姑の場合、言い返すのもいいです。 同じくらい言い返してしまえば、お互いに後腐れなくなります。 もし、遺恨が残ったら、もうそこは割り切って疎遠になればいいのです。

嫌味を言い続ける姑に問題があるのですから、我慢は不要です。 やられっぱなしは、性に合わないと思うなら、ガツンと言い返してください。

11. 実家に愚痴を聞いてもらう

実家に愚痴を聞いてもらう

最後に頼りになるのは、実家です。 実家の家族に愚痴を聞いてもらいましょう。 愚痴を心のなかにため込むのは、精神衛生の上でよくありません。 ある程度心の中にたまった毒は、ときおり吐き出す必要があります。

その吐き出し場所は、一番安全な実家しかありません。 心置きなく愚痴ることができます。 実家の家族なら、100%あなたの味方なので、安心感で満ちていきます。

12. ブログに書く

ブログに書く

モヤモヤしたまま何もしないで手をこまねいていたら、あなた自身が魅力を失います。 我慢に我慢を重ねるのも美徳ですが、多くの嫁が姑の嫌味で心を蝕ませていきます。

そんなことになるのなら、いっそのことブログなどで姑に悪口を匿名で書いてみましょう。 面白おかしく書くことで、出版化の話が来ることもあります。 しかし、姑が特定できるような書き方はルール違反なので、やめてください。

13. 好きになる

好きになる

運命とあきらめて、姑を好きになる。 大好きになるのも打開への道です。

自分に暗示をかけて嫌味を言う姑ごと大好きになれば、もはや苦痛は存在しません。 それができたら聖人の域ですから、高度な心境が必要ですが、挑戦するのも大切です。 好きになってしまえば、痘痕も靨の世界で、不幸などひとつもなくなります。

まとめ

姑の嫌味ほど、腹の立つものはありません。 それが嫉妬からくるものだと解るからです。

同じ土俵に立つと地獄ですから、嫁側で一枚も二枚も上手になって、乗り切りましょう。 いつかは自分も姑の立場になるかもしれません。 その時はよい姑になりたいものです。 ここで、乗り越えられたら、きっと将来は素晴らしい姑になれるはずです。

姑というのは、嫌みっぽくて嫁を敵認定しているものです。 あまりにも嫌味が過ぎるとき、こんな対処法を試してみてはいかがでしょうか。 きっと心が晴れていくと思います。


笑顔で無言

聞こえていることは雑音だと割り切り、とにかく顔に出さずに笑顔を心がけます。 この笑顔というのは、相手の戦意を削ぐ効果があります。 笑顔に勝るものなしとでも言うのでしょうか。 鬼のような姑も気持ちが和らぐでしょう。

笑顔は心の鎧なのです。 鎧を身に着けて最上の笑顔を向けてみてください。 そんな嫁には味方がおのずと増えていくものです。

会う回数を減らす

昔から姑との距離は「スープのさめない距離」などと言います。 しかし、実際はどんな距離でも嫌味は言われるものと、心得ておいた方がいいでしょう。 あまりにも苦痛であれば、どんな手を使っても会うのを控えることです。

会わなければ、ストレスも軽減されます。 会う回数が少なければ、嫌みも耐えられます。 避けられていると分かることで、姑も自分を省みるきっかけになります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!