恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170721154857.html
一人カラオケのメリットとデメリット10選

一人カラオケのメリットとデメリット10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
一人カラオケのメリットとデメリット10選

一人カラオケのメリットデメリットを10選まとめました。



  • 人に気を遣わなくていい
  • たくさん曲数を歌える
  • 料金が安価
  • マイナーな曲を歌える
  • とにかく自由
  • 慣れるまで恥ずかしい
  • 女性は警戒しなくてはいけない
  • 寂しいと感じる時がある
  • 歌いっぱなしなので喉を痛めやすい
  • 荷物管理には注意する

1. 人に気を遣わなくていい

風景(空・草原・道路・明)

大人数でカラオケに行くと盛り下がらないようにと曲選に気を遣いがちになります。 歌いたい歌を思い切り歌う事が出来なかったり、楽しくないカラオケの思い出として残ります。 ですが一人カラオケを行う事で好きな歌を好きなだけ歌う事が出来ます。 同じ歌を何度入れても誰にも文句を言われないし、ストレス発散にも繋がります。

2. たくさん曲数を歌える

足アップ(女性・脚立上・ズボン裾触り)

二人やそれ以上でカラオケに行くと、時間を人数分で割らなくてはいけないので、歌える曲数も限られます。 ですが一人カラオケに行く事で丸々時間を自分に使えるので続けて何曲も歌う事が出来ます。 一時間だけでもたくさんの歌を気持ちよく歌えるので時間を必要以上に無駄にすることもありません。 他の人が歌っている待ち時間が無いため、思い立った歌を直ぐに予約して歌う事も可能です。

3. 料金が安価

お金

一人で行くと料金は通常よりも安めで、カウンター前で誰が払うという煩わしいやり取りをする必要がありません。 平日の昼間に行く事で更に安くなり、夏の暑い日なら同時に部屋で涼む事ができるので低料金で非常にお得です。

料金が安価という事なので、通いやすくお金を心配する事なく遊べます。 みんなでつまむ食べ物などを注文することも無いので自分自身にお金をストレートにかける事が出来ます。

4. マイナーな曲を歌える

風景(海越し富士山)

新曲を試しに歌ってみたり、マニアックな曲をこっそり歌うなど、人前で歌いにくい曲を練習したり歌う事が出来ます。 カラオケ部屋を使って好きな時間を過ごす事が出来、防音や周りに見えにくい窓や構造になっているのでプライバシーも保たれます。 声優を目指しているならマイク越しにセリフを喋ってみるなど家では出来ないことを時間が許す限り試せます。

5. とにかく自由

女性(喜2)

友達がまだカラオケしたい、もっといたいと言うと、気を遣って延長したり、周りに合わせるのがデフォルトとなります。 自分がカラオケしたいと相手に伝えても相手が乗り気じゃ無いと断られることもあります。 ですが一人カラオケは自由に行き、自由に帰ることができます。

友達との待ち合わせまで歌いたい、少し仮眠を取りたいという時にふらっと立ち寄ることができ、もう大丈夫と感じたらそのまま家路に帰れます。 一人行動の最先端で自分の好きなように使えるので、気負うことなく利用しやすいです。

6. 慣れるまで恥ずかしい

風景(ラベンダー)

普段友達とカラオケに出向いているのであれば、最初は何処と無く一人カラオケに恥ずかしさを感じてしまい行動も挙動不審になってしまいます。 周りが自分を見て寂しいやつだと思っているのでは無いかと疑心暗鬼になることもあります。 決してそのようなことはなく、回数を重ねるうちに平気になってきます。

近年、一人カラオケを行う人は上昇していて、平日の昼間はほぼ一人で来る人が多いほどです。 慣れてくれば、一人カラオケの方が好きだと感じる人もいるほどです。

7. 女性は警戒しなくてはいけない

女性(悩み4・膝抱え)

マナーの悪い客が冷やかしでドアを叩いたり、中には入って来ることもあります。 必ずあるということでは無いですが、部屋を間違えて他の客が扉を開けるということは稀にあるので気をつけなければなりません。

特に女性は近くにスマホを置いていつでも助けを呼べるようにしたり、出入り口付近で歌うようにします。 そうする事でいざという時にでも周りに助けを求めることができ、安全に一人カラオケを行えます。

8. 寂しいと感じる時がある

風景(森林・桜・ピンク)

好きな歌を好きなだけ歌えるのは魅力的ですが、自分の歌声を聞かせる人が近くにいないので曲が終わった後などに寂しいと感じることがあります。 人によってはふとした時に寂しさを感じ、盛り上がりのある歌が歌えなかったりします。

好きな歌を歌えるなどなるべく前向きな気持ちで一人カラオケに挑むことで、そのような気持ちを抱くことは少なくなります。

9. 歌いっぱなしなので喉を痛めやすい

女性(綺・呼びかけ)

休憩時間を取るタイミングがなかなか難しいので、そのまま歌い続けて喉を壊す事もあります。 何曲まで歌い続けて後は五分休憩を取ろうというようにルールを作ることで、緩和されます。

トイレ休憩などもこまめに挟むことで不快感を感じることはありません。 またカラオケ屋でご飯を食べてみようとフードメニューに目をかけることで、休憩を取りつつお腹も満たされます。

10. 荷物管理には注意する

男性(背向け・ビル)

一人カラオケはトイレに行くと荷物を見ていてくれる人がいないので、悪い人に盗まれることがあります。
なので部屋を一時的に離れるようであれば貴重品は手元に置くようにします。 目を落としがちなのがドリンクバーにドリンクを注ぎに行く時で、少しの間なのに、財布からお金を取られてしまったというケースもあります。

なので大事なもの、お金スマホ等は常に身につけ、なるべく部屋を空室にさせないようにします。 安全に身を守ることでトラブルを回避出来、楽しい一人カラオケライフを心ゆくまで楽しむことができます。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!