恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170722090629.html
ディープキスするときの注意点20選

ディープキスするときの注意点20選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ディープキスするときの注意点20選

ディープキスするときの注意点を20選まとめました。



  • 唇のケアをしておくこと
  • 口臭ケアは基本中の基本
  • 事前の食事に気をつけること
  • 歯磨きを良くしておくこと
  • ムードを考えること
  • 他の人がいないか見ておくこと
  • 鼻づまりを治しておくこと
  • 表情に気をつけること
  • 求めるばかりではなく与えること
  • 時々演技をしてみること
  • 歯が当たらないように気をつけること
  • いきなりしようとしないこと
  • ついつい盛り上がって長くしないこと
  • 事前に水分をとっておくこと
  • 息をするタイミングに気をつけること
  • 相手の流れに従うこと
  • 終わった後の言葉を考えておくこと
  • 終わった後の表情を忘れないこと
  • じらしながらすること
  • 女性は積極的になりすぎないこと

1. 唇のケアをしておくこと

口元アップ(女性・顔隠れ)

ディープキスをするときの注意点で、必ずと言っていいほど行った方が良いのは唇のケアをしておくことです。 唇がガサガサだと、ディープキスをしたときに相手は不快感を感じてしまいます。 特に乾燥の季節は、何もしなくても唇が荒れてしまいます。

必ずリップクリームをカバンに忍ばせておくことで、どんなときも唇を潤わせておくことができます。 いつ何があっても良いように、トイレにはこまめに行ってリップを塗り、口紅を塗り直すことで相手を誘っているかのようなうっとりする唇を用意しておくと良いでしょう。

2. 口臭ケアは基本中の基本

女性(背・暗・橋)

ディープキスをするにあたって必要不可欠のケアと言えば口臭ケアです。 普通のキスとは違い、口の中をめちゃくちゃにされるので、万が一嫌なにおいがするような口臭になっていると、もう二度とディープキスをしてもらえなくなる可能性があります。

またしたくなるような口臭であるためにもしっかりと口臭ケアをしておくことが大切なことです。 これもデートの最中にトイレにこまめに行くことによって、口臭ケアをしておくことが大切です。 現在ではエチケットグッズもかなり種類が豊富になっているので、持ち歩けるエチケットグッズを揃えておくと良いでしょう。

3. 事前の食事に気をつけること

食事

ディープキスをしそうな前日の夜の食事は特に気をつけなければなりません。 ニンニク料理を食べてしまうと実は次の日にまで影響が及んでしまいます。 ディープキスをしそうな前日の夜は、あっさりめで口臭に響かないような食事を選択することによって、実際にディープキスをするときに相手に対して嫌な思いをさせないで済むでしょう。

ニンニク料理だけではなく納豆も次の日に影響が出てしまっかのせがあります。 そのためしっかりとメニューを考えて食べることが大切です。

4. 歯磨きを良くしておくこと

男女(シルエット・手繋ぎ・海)

ディープキスをするときの注意点で、デートをしているときに時間があるのであれば歯磨きをしておくことが大切です。 歯磨きはブラッシングケアだけではなく、近年ではふき取るタイプの歯磨きも登場しています。

デート中にトイレなどに行って、こっそりと歯磨きをしておくことで、ディープキスをするときにクリーンな印象与えることができるでしょう。 特にディープキスは舌を動かすものなので、舌の表面を念入りに磨くことが大切です。

5. ムードを考えること

キス

ディープキスをするときには、その時のムードを考えなくてはなりません。 人がたくさんいるところで無理矢理ディープキスをされてしまったら、女性はドン引きしてしまいます。

また女性もいくら好きすぎるからといって、人が居る前で唇を奪いとるかのようなディープキスをしてしまったら、男性は人によってドキドキする人もいるかもしれませんが、ひいてしまう恐れがあります。 そのためムードが良い場所でディープキスをすることで、ディープキスもよりいっそう盛り上がることができるのではないでしょうか。

6. 他の人がいないか見ておくこと

男女(仲良24・背・山頂)

よく夜のドライブで車の中でディープキスをするカップルも多いと思いますが、実は夜に車を路肩に止めてディープキスをすると言うのは、人に見られる確率が非常に高いのです。 特に何も悪いことをしていないのに、路肩に車を止めて真っ暗にしているだけで、警察官が寄ってくる場合もあります。

そのため、他の人が来ないような邪魔の入らない場所を探しておく事は非常に大切です。 邪魔が入ってしまったり、他の人に見られたことがショックで、女性はもう二度と会ってくれなくなる可能性もあります。 男性は時間があるのであれば、ディープキスをしても大丈夫そうな場所をあらかじめ用意しておくことが成功への近道と言えるでしょう。

7. 鼻づまりを治しておくこと

口元アップ(女性・側面)

長いディープキスをしているときに呼吸をする方法と言えば鼻呼吸です。 激しく舌を動かしているときに、口から息を吸い込む事は地味には難しいです。 ディープキスをしようとしているときに、鼻づまりになっている人は苦しい思いをした人も多いのではないでしょうか。

必ず鼻の通りが良くなるような薬をつけておくか、鼻の通りを良くしておくことがより気持ちの良いディープキスを行う上で大切なことです。 また相手の人が苦しそうにしていたら、どんなにディープキスが盛り上がっていても、一旦しっかりと呼吸をきれいに整えさせてあげることが大切です。

8. 表情に気をつけること

男性(後ろ姿2・複数・街歩き)

ディープキスをしているときに、あまりにも気持ちの良いキスで、半目になってしまう人も中にはいるのではないでしょうか。 盛り上がっている最中少し目を開けて、相手が半目をしたら、思わず笑いが堪えきれなくなってしまう人もいるのではないでしょうか。

そうならないためにしっかりと目を閉じて、ディープキスを味わうかのようにすることが大切です。 ディープキスをしているときの表情1つでも、カップルの官能度は上昇します。 相手をそそるような表情してみることで、たとえ演技であっても気持ちの良いディープキスをすることができます。

9. 求めるばかりではなく与えること

男女(ハグ・女性後ろから・モノクロ)

ディープキスをしているときは、求めるばかりではなく与える事は大切なことです。 相手の人にばかり一生懸命ディープキスをリードしてもらっては楽しむことができません。 自分からも積極的にディープキスを果敢に挑んでいくことで、相手も自分も本当に気持ちよさを感じることができるディープキスになるのです。

10. 時々演技をしてみること

女性(思考・口元に手6・階段)

ディープキスをしているときは時々演技をしてみることも大切なことです。 意外に演技をしているのは相手側にはバレません。

もっと激しくディープキスをして欲しいんだけれど、直接言うのは恥ずかしいと思っている人は、声を出してみたり表情変えてみたりと自分なりに延期をしてみることで、相手にディープキスがもっとしたくなるような刺激を与えることができるでしょう。

11. 歯が当たらないように気をつけること

女性(目元アップ・目瞑り・口元隠れ)

これは当たり前のことではありますが、ディープキスをしているときにはが当たってしまうと、せっかくのムードも台無しになってしまいます。 ディープキスをするときには歯が当たらないように、お互いの柔らかい唇で包み込むようなとろけるディープキスをすると、お互いに気持ちをさを感じることができるでしょう。

慣れないうちは歯がぶつかってしまうこともありますが、こればかりは経験を重ねないと上達しません。 上の歯と下の歯を唇で覆い隠すかのように優しくキスをすることが大切です。

12. いきなりしようとしないこと

風景(海・海面)

付き合いたてのカップルにありがちなことといえば、キスをしていてのいきなりディープキスをする行為です。 付き合いたてのカップルで特にキスをしたことがない人にとっては、いきなり舌が入ってくる事はルール違反になってしまいます。

相手を驚かせないためにも、慣れていない相手とのディープキスをする際には、しっかりと宣言してからディープキスをした方が良いです。 心の準備をしっかりとすることによって、ちゃんとしたディープキスをすることができるので、相手のことを思いやってディープキスをするのであれば、しっかりとディープキスをしたい意思を伝えることが大切です。

13. ついつい盛り上がって長くしないこと

男女(キス・セピア)

ディープキスをしているとついつい盛り上がって長くしてしまいがちです。 ディープキスを長くしてしまうと、お互いに呼吸が乱れてしまいます。 苦しさを感じてしまうこともあるので、ディープキスをしているときにはあまり長すぎずも、程良い時間をかけながらディープキスをすることが大切です。

ディープキスを嫌いと言う人はあまりないですが、短くても何度もディープキスを重ねることによって、大きな愛情を感じることができるでしょう。

14. 事前に水分をとっておくこと

女性(思考・口元に手5)

ディープキスをしているときは、舌を絡めながらキスをするので、地味に口の中が乾燥してしまいます。 上唇がくっついてしまったり、おかしな顔になってしまうことがあるので、ディープキスやキスをする前には、しっかりと水分をとっておくことで、唾液をしっかりと出しながら、とろけるようなディープキスをすることができるでしょう。

また人にもよりますが、唾液の質も人によって好まれ方がそれぞれで、サラサラしたタイプの唾液を好む人もいれば、ねばねばしたタイプの唾液を好む人がいます。 サラサラしたタイプの唾液を出したいのであれば、いっぱい水分をとることが大切です。

15. 息をするタイミングに気をつけること

女性(口元指・人形)

ディープキスの難しいことといえば息をするタイミングです。 最初のうちはディープキスの息をするタイミングがわからない人が多いのではないでしょうか。 息をするタイミングがわからないと、ディープキスをしていても途切れ途切れになってしまうことがあります。

ムードをぶち壊さないためにも、しっかりとディープキスをしているときに呼吸のタイミングをずらしながら、リズミカルなディープキスをするとムードが高まるでしょう。 相手が息を吸っているときに無理やり唇を奪うと、官能的ではあるものの、苦しさを感じてしまいます。 相手の呼吸したいタイミングを大切にしつつも、唇を求めることが大切です。

16. 相手の流れに従うこと

風景(森林・桜・白)

あまりディープキスに慣れていない人にとっては、どんなことをすれば良いのかいまいち理解していない人も中にはいるでしょう。 しかしディープキスのやり方をいちいちレクチャーしながらするカップルは少ないでしょう。 どちらかと言うと実践しながら覚えていく方が多いのではないでしょうか。

ディープキスのやり方がわからない人は、とにかく相手の流れに身を任せることが大切です。 相手が舌を入れてきたのであれば、自分も同時に舌を絡めて、相手が求めているのであれば舌を差し出し、相手の望むがままの動きに従うことで、徐々にディープキスと言うものを覚えていきます。 付き合って間もないうちは、もっとこうしてほしいという意見も伝えることができるので、やりにくさを感じていたら正直に伝えると良いでしょう。

17. 終わった後の言葉を考えておくこと

女性(綺・呼びかけ)

ディープキスが終わった後に、何も伝えないまま終わってしまうとどこか味気なさを感じてしまうのではないでしょうか。 ディープキスが終わった後の言葉をしっかりと考えておいて、終わった後に伝えることで、相手の人の気持ちをぐっと手繰り寄せることができるでしょう。 この言葉は演技でも構いません。

すごかった、気持ちよかったなどといった言葉をかけてもらえたら、相手側はすごく嬉しくなるに違いありません。 大切なあなたとするディープキスだからこそ、こんなに気持ちよく感じることができたと、感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

18. 終わった後の表情を忘れないこと

男性(遠・山岳)

ディープキスが終わった後の表情と言うものが意外にも相手に見られているものです。 この時うっとりとした表情を演技でも見せることによって、ディープキスがどれだけ気持ちよかったのかを相手に伝えることができます。

無反応だったり、なんとも思わなかったような顔をしていると、自分とのディープキスは何とも思わなかったのかな、と不安になります。 ディープキスが終わった後は、どこか名残をしそうな表情を見せることによって、またディープキスをしてあげたくなるような気持ちにさせてあげることが大切です。

19. じらしながらすること

女性

ディープキスをするときには、すんなり受け入れてするのではなく、少々ずらしてあげることも大切です。 ディープキスをするときに少しずらしてあげるのは恋愛のテクニックでもあり、人が違されるとどうしても手に入れたくなるものです。

ディープキスをすることによって相手の心を支配したかのような気持ちになります。 少しずつ少しずつ、相手のことを受け止めてあげるかのようなディープキスをしてあげることで、相手のテンションも最高潮に上がるでしょう。

20. 女性は積極的になりすぎないこと

性別不明(背・傘・夜)

ディープキスをする時のポイントで、女性を積極的になりすぎないことです。 このポイントに注意しないと、ディープキスはし慣れてれているのかな?と男性側を勘違いさせてしまう可能性があります。

ある程度経験があったとしても、何も知らないふりをしてディープキスをすることが大切です。 そうすることによって、ディープキスをしている際に見せる恥じらいが、相手にとっては可愛く見えるものです。 積極的に行きたい気持ちを抑えつつ、上手にディープキスをすることが大切です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!