恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170707100130.html
妻の妊娠中夫が考えていること10選

妻の妊娠中夫が考えていること10選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
妻の妊娠中夫が考えていること10選

人の親になるというのは大変な覚悟が必要です。 そこで、妻の妊娠中夫が考えていること10選まとめて見ました。

  • ちゃんと父親らしくなれるだろうか
  • 子供は無事に生まれてくるだろうか
  • お金かかるなぁ…
  • 仕事しながらサポートできるかなぁ
  • つわり、大丈夫なの?
  • 満たされない…
  • 妊婦ってそこまで大変?
  • 頑張って仕事を辞めさしたい
  • 彼女がどんどんみすぼらしくなっていく…
  • なんか情緒不安定じゃない?

1. ちゃんと父親らしくなれるだろうか

男性

実際に赤ちゃんを生む母親とは違い、父親は急に親らしい感覚になれずに不安になると聞きます。 父性が芽生えて子供を自然と可愛がれるイメージがわかない男性は多いもの。 その不安を乗り越えるため、妊娠中から育児本に目を通したり父親教室に参加したりしておくといいですね。

また、妻が意識的に夫の手を招き、おなかに触らせて赤ちゃんを意識させてあげる気遣いも大切です。 父親らしくなれるかどうかの不安は子供が生まれた後もついて回ることでしょう。 子供が大きくなるまでは完全に拭い取ることはできないのかもしれません。

2. 子供は無事に生まれてくるだろうか

母子

途中で流産してしまったり、障害を持って生まれてきやしないかと気になるのは母親も父親も同じです。 確実にそういう割合もあるので心配になるのも当然のことですし、そのくらいの自覚があるのも必要なことかもしれません。

ただ、あまり不安にばかりなってしまうと妻にまで気持ちが移ってしまいます。 取り越し苦労で頭を悩ませるより、もしもの時まで穏やかに過ごすというのも大切なことではないでしょうか。

3. お金かかるなぁ…

お金

子供ができると妊娠中から検診や赤ちゃんグッズを用意するのに多額のお金がかかります。 出産後に支給されるお金もありますが、それまでは貯金から用意しなければいけませんし、これから何十年もお金がかかっていくと考えると一家の大黒柱としての責任感で心配にもなるでしょう。

そのくらい責任を感じられるお父さんは素晴らしいですね。 今のうちから少しずつでも貯金をするという意識が必要になります。 貯金を苦痛と思わず、楽しめるように夫婦で話し合ってみるといいですね。

4. 仕事しながらサポートできるかなぁ

風景(橋・明)

仕事が忙しくて帰るのが遅い夫や休みが少ない夫、単身赴任中の夫などは仕事と育児が両立できるか自信がないと思います。

それなのに妻が夫のサポートを期待している場合、夫のプレッシャーにもなってしまうでしょう。 サポートは赤ちゃんの世話だけではありません。

しっかり稼いで家にお金を入れることも育児のサポートに繋がっていますし、ちょっとした隙間時間に赤ちゃんをあやしてあげようという気持ちだけでも妻にとってはうれしいものです。

無理だからできないと決め付けるのではなく、無理でもできそうなことを書き出しておくなどして心の用意をしておきましょう。

5. つわり、大丈夫なの?

風景(森林・暗・川)

つわりで苦しむ妻を見ていると夫も不安になります。 これがいつまで続くのか、ぜんぜん食べていないけれど赤ちゃんは育っているの?と心配ばかり。

あまりに心配なら検診の際に付き添って医師に直接アドバイスをもらうといいですね。 また、つわりについて勉強してみることで心配しすぎかどうか、ほっときすぎで危険な状態かどうかもわかると思います。

6. 満たされない…

女性

妻が妊娠中は旦那はストレスなど我慢するケースがほとんどです。 上手な解消法を見つけておくしかありません。 また、妻も我慢している可能性があるのでスキンシップをすることは忘れないでおきましょうね。

7. 妊婦ってそこまで大変?

足アップ(女性・波打ち際)

妻の中には妊婦だから荷物を持ってとか、妊婦だからこれをやってと夫を使いたがる人もいます。

おなかが大きくなってくるとからだも重くなるので仕方がありませんが、そこまで大変なの?と理解できない夫もいるのではないでしょうか。 保健センターなどでは妊婦さんのからだの重さが体験できるグッズが置いてあります。

それを使って実際に妊婦さんがどれほど重いからだで動いているかを知るとイメージできるようになるでしょう。

8. 頑張って仕事を辞めさしたい

男性(悩み5)

妊娠しても生活費の問題から仕事をなかなかやめられない妻もいますよね。 妻は割り切っているかもしれませんが、夫は気にしているケースもありそうです。

でも、からだに問題がないなら妻も気晴らしになっている可能性もありますし、一概に悪いこととは言えません。 今のうちに少しでもお金を貯めておけるとも考えることができますし、妻とよく話し合うといいですね。

9. 彼女がどんどんみすぼらしくなっていく…

風景(砂漠・足跡)

妊娠中は自分の身なりに気遣えなくなる妻も多く、それを見てげんなりしてしまう夫も多いようです。 体重も増え、魅力的に見えなくなったりもするでしょう。

でも妻もそんな自分にうんざりしているかもしれないので、たまにはおしゃれを促しておでかけに連れて行ってあげてくださいね。

10. なんか情緒不安定じゃない?

女性

妊娠中はホルモンバランスが崩れてイライラしたり泣きたくなったりします。 うまく感情がコントロールできないんです。

そういう時期だと理解してあげるようにし、わけもなく落ち込んでいる時は優しくそばにいてあげてくださいね。

人の親になるというのは大変な覚悟が必要です。 そこで、妻の妊娠中夫が考えていること10選まとめて見ました。


男性

実際に赤ちゃんを生む母親とは違い、父親は急に親らしい感覚になれずに不安になると聞きます。 父性が芽生えて子供を自然と可愛がれるイメージがわかない男性は多いもの。 その不安を乗り越えるため、妊娠中から育児本に目を通したり父親教室に参加したりしておくといいですね。

また、妻が意識的に夫の手を招き、おなかに触らせて赤ちゃんを意識させてあげる気遣いも大切です。 父親らしくなれるかどうかの不安は子供が生まれた後もついて回ることでしょう。 子供が大きくなるまでは完全に拭い取ることはできないのかもしれません。

母子

途中で流産してしまったり、障害を持って生まれてきやしないかと気になるのは母親も父親も同じです。 確実にそういう割合もあるので心配になるのも当然のことですし、そのくらいの自覚があるのも必要なことかもしれません。

ただ、あまり不安にばかりなってしまうと妻にまで気持ちが移ってしまいます。 取り越し苦労で頭を悩ませるより、もしもの時まで穏やかに過ごすというのも大切なことではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!