恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180622180607.html
子供の好奇心を育てるコツ

子供の好奇心を育てるコツ | 恋のミカタ

恋のミカタ
子供の好奇心を育てるコツ

子供に好奇心を持たせることは大切で、持たせるにはコツが必要です。

そこで、子供の好奇心を育てるコツを紹介します。

  • 夢を持たせる
  • 目標を立てる
  • 色々な遊び方を教える
  • 友達と遊ばせる
  • 運動をさせる
  • 本を読んであげる
  • 歴史の話をする
  • やりたい事をさせる
  • 得意な事を伸ばしてあげる
  • 情報を与える
  • 親と一緒に楽しむ
  • 子供目線で考える
  • 否定はしない
  • 褒める
  • 一緒に共感する
  • まとめ

1. 夢を持たせる

夢を持たせる

子供の好奇心を育てる第1歩は、夢を持たせるところからです。

子供の年齢にもよりますが、言葉をしっかり話せるようになったら夢について話を聞き、どんな夢でもいいので夢を持たせることが大切なポイントです。 夢を持つと、夢に関わることに対し好奇心を持つようになり、自然な形で好奇心を育てることができます。

子供が自ら興味を持った事は、大げさでも夢という位置づけで話をして、夢に向かって夢中にさせるのがコツです。

2. 目標を立てる

目標を立てる

目標を立てることができる年齢になったら、どんな内容でもいいので目標を立てるように話をして、なんでその目標を立てたのか質問をします。

このやりとりは、子供の考えを聞く手段でもあり、どんな事に興味を持つのか把握する方法でもあります。 子供の好奇心を育てる際に、情報無しで子供に迫っても好奇心を持たせることができませんが、目標を立てるという題材があると子供の考えを聞きながら、適切な事に好奇心を持たせられます。

3. 色々な遊び方を教える

色々な遊び方を教える

子供は遊び方を知らないので、色々な遊び方を教えることも好奇心を育てるコツです。

例えば、ブロックで遊んでいる場合は考えながら組み立てるとお城ができる、という遊び方を教えると子供の好奇心は育っていきます。 また、お人形で遊ぶ時は道具を揃えると色々な遊び方ができる、という点を教えると自分から好奇心を持って色々な遊び方を考え始めます。

大人が考えている事を子供は分からないケースが多いので、遊びを放置しないことが好奇心を育てるコツです。

4. 友達と遊ばせる

友達と遊ばせる

同年代の子供同士が遊ぶと色々な発見ができ、成長しやすくなります。

その為、小さな時からなるべく友達と遊ばせることは大切で、親が何かをしなくても子供自身が好奇心を育てていきます。 大人の中に入って遊ぶのと、子供同士で遊ぶのとでは楽しみ方や受ける刺激に違いがあり、子供同士遊ぶ中で生まれる発見は好奇心を生み出します。

子供だけで遊んでいると探検的な遊びをしがちですが、好奇心の現れとも言える遊びです。

5. 運動をさせる

運動をさせる

運動には色々な種類があり種類が豊富な分、楽しい内容もそれぞれ違います。

どの運動を楽しいと感じるかは、子供の年齢や性格によって変わるため、なるべく色々な運動をさせることが大切です。 幼い頃に好奇心を持った運動は、歳を重ねても好奇心は残り育っていくので、英才教育ではありませんが子供には運動をさせることが大切です。

また、色々な運動をさせることで子供が何に好奇心を持つか分かり、好奇心を育てるコツが見えやすくなります。

6. 本を読んであげる

本を読んであげる

本を1冊読むと1冊分成長すると言われますが、子供の好奇心を育てるには本を読ませるだけではなく、読んであげることも大切です。

親が本を読んであげると、ストーリーに沿った話し方ができ、子供は本の内容に興味を持ち始めます。 興味は好奇心に変わり、好奇心を育てることに繋がります。

寝る前に1冊本を読んであげる、もしくは長い文章の本を数日かけて寝る前に読むという習慣は、子供の好奇心を育てるコツです。

7. 歴史の話をする

歴史の話をする

日本の歴史に限らず歴史上の登場人物は、子供の好奇心を育てるには最適で、子供が興味を持つ話をしやすいというメリットがあります。

歴史の話をしたことがきっかけで、地域や国に興味を持ち好奇心が膨らみ、子供が率先して行動をするケースもあります。 子供が率先して行動をする場合は、好奇心が育っている証でもあるので、子供の好奇心を育てたいけどどうしたらいいか悩んでいる際は、歴史の話をするのがおすすめです。

8. やりたい事をさせる

やりたい事をさせる

子供がやりたい事は、危険を伴わない限り極力やらせてあけることが大切です。

子供がやりたいという時は、好奇心が芽生えている状態のため、親の判断で止めさせると好奇心を摘むことになります。 小さい頃ほど自由にやらせるくらいが良く、歳を重ねていくに連れて親がアドバイスをする、というスタイルが好奇心を育てるコツです。

子供は自分でやってみないと分からないという点があるので、経験のためにも色々やらせてあげることが大切です。

9. 得意な事を伸ばしてあげる

得意な事を伸ばしてあげる

子供を観察している中でこれは得意かなと思った時は、得意なことを中心にやらせてあけると好奇心が育ちます。

大人もそうですが、得意なことは自ら率先して追求する傾向があり、子供も同じと考えるのがポイントです。 得意なことをやっている時の子供の顔を見て、清々しい表情ならば好奇心は着実に育っています。

10. 情報を与える

情報を与える

子供の好奇心を育てるコツは、材料となる情報を提供することです。

情報がないと身の周りにある物だけに目がいくので、好奇心を育てるにも難しくなります。 良くない情報を与える必要はありませんが、なるべく幅広い分野の情報を子供に与えることは大切です。

ただ、ネットで子供に情報を集めさせると、間違った情報を集める可能性があるので、情報源は親からというスタイルがコツです。

11. 親と一緒に楽しむ

親と一緒に楽しむ

子供の年齢にもよりますが、親と一緒に楽しんだ思い出は長く心に残ります。

裏を返すと、親と一緒に楽しむと興味や印象を与えやすいことになるので、好奇心を育てる際には親も一緒にというやり方がコツです。 また、親が楽しそうにやっていると子供は好奇心を持つので、楽しさを伝えるキッカケにもなります。

その為、子供だけで何かさせる対策ではなく、親も一緒にやる対策も好奇心を育てるには必要です。

12. 子供目線で考える

子供目線で考える

大人目線で考えると子供の気持ちが分からなくなるので、子供に対する対策は常に子供目線で考えることが大切です。

子供目線で考えると、どんなことに興味があって何をすれば好奇心が育つか把握しやすくなります。 子供の考えや気持ちが分からない時ほど、子供目線で考えることが必要で、童心に戻れる親は子供の好奇心を育てるのが上手いという傾向があります。

13. 否定はしない

否定はしない

子供が考えていることを頭ごなしに否定しないことも、好奇心を育てるコツです。

子供は成長するほど自分の主張が強くなり、好奇心を育てるためには必要な部分でもあります。 子供の主張を否定して親の考えを押し付ける教育は、子供のやる気や自立性、好奇心などを成長し難くさせます。

本当にダメなことは否定する必要があるものの、それ以外は伸び伸びさせるくらいが丁度いいと言えます。

14. 褒める

褒める

人は、褒めて伸びるタイプと怒って伸びるタイプがいますが、子供の頃は褒めた方が伸びる傾向です。

子供がやったことに対し褒めてあげると、好奇心を持ちやすくなり親が後押しをしなくても、子供が自ら好奇心を育てていきます。 褒めるタイミングは何かをやった時ですが、褒め方は大げさくらいがコツです。

ある程度成長すると大げさに褒められていると分かりますが、大げさと分かっても子供は嬉しい気持ちになり率先して何かに取り組みます。

15. 一緒に共感する

一緒に共感する

楽しいことに限らず、辛いことも子供と一緒に共感することが大切で、親子の一体感が強いほど子供の気持ちが分かりやすく、親の気持ちを伝えやすくなります。

気持ちの伝達が円滑になると、子供の好奇心を育てるコツを把握しやすくなり、親の考えた対策を子供が理解しやすくなります。 好奇心を育てる際は、まず親子関係を密接にする必要があり、そのためには一緒に共感する関係作りが大切なポイントです。

まとめ

子供の好奇心を育てるコツは、子供の年齢や性格によって違いがあるものの、子供を尊重するという点は共通しています。

好奇心を育てるために親の考えを押し付けることは避け、子供の考えを聞きながら育てていくのが大切でコツでもあります。

子供に好奇心を持たせることは大切で、持たせるにはコツが必要です。

そこで、子供の好奇心を育てるコツを紹介します。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク