恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180622180537.html
作業着の汚れを落とすコツ

作業着の汚れを落とすコツ | 恋のミカタ

恋のミカタ
作業着の汚れを落とすコツ

新しい作業着に袖を通す時の気持ちよさ、あれを毎日感じて見たいと思いませんか?

そこで、作業着の頑固な汚れを落とすコツを集めてみたので、参考にして下さい。

  • 敵を知る
  • 下ごしらえは万全に
  • ゴム手袋で手荒れ予防
  • お湯で洗剤を活性化
  • 部分汚れは歯ブラシでこすり洗い
  • 襟首、袖口、脇の汗染みにはスティック石けん
  • 汗染み、皮脂汚れはスピード勝負
  • 漂白剤はいきなり使わない
  • 油性塗料には古タオル
  • 油汚れにはお湯+アルカリ性洗剤
  • 泥汚れは、まず乾かす
  • 鉄分を含む泥には還元系漂白剤
  • 鉄サビには食器用洗剤とお酢
  • ニオイ対策には酸素系漂白剤でつけ置き洗い
  • 複合汚れは順番に面倒を見る
  • 作業着は特別扱い
  • 裏返して、ファスナーやボタンは閉じる
  • 風通しを意識して陰干し
  • 汚れが洗濯槽に移ったら、酸素系漂白剤でつけ置き洗い
  • 備えあれば憂い無し
  • まとめ

1. 敵を知る

敵を知る

一口に汚れと言っても、様々な種類があります。

大きく分けても「油汚れ」「泥汚れ」「食べ物の汚れ」「汗や脂」など、それぞれに適した洗剤や洗い方があるはず。 まずどんな汚れが付いているのか見極めて、対策を練るのが基本です。

2. 下ごしらえは万全に

下ごしらえは万全に

汚れの種類の応じた、専用の洗剤を用意出来たからと言って、いきなり洗濯機に放り込むのは感心しません。

どんな汚れであっても、つけ置き洗いや部分洗いをあらかじめ済ませておく事で、仕上がりが全く違ってきます。 慌てず騒がず、下ごしらえを整えましょう。

3. ゴム手袋で手荒れ予防

ゴム手袋で手荒れ予防

頑固な汚れを落とすためには、強力な洗剤を使わなければならない事があります。

でも、いちいち手荒れを気にしなくてはならないようでは、洗濯が嫌になってしまいそう。 特につけ置き洗いや部分洗いの段階では、洗剤が直接手に付く事が多いので、転ばぬ先の杖と思って、ゴム手袋を利用しましょう。

4. お湯で洗剤を活性化

お湯で洗剤を活性化

水よりお湯の方が、一般に汚れ落ちが良くなります。

特に酵素を配合した洗剤や、高温専用の洗剤が真価を発揮します。 お風呂の残り湯を活用するのも良いでしょう。

オススメの温度は、少しぬるめの40度。 これ以上だと、かえって洗剤の働きが悪くなったり、生地や洗濯機を傷めてしまいます。

作業着の洗濯表示を必ず確認し、不必要に熱いお湯を使わないよう気を付けましょう。

5. 部分汚れは歯ブラシでこすり洗い

部分汚れは歯ブラシでこすり洗い

汚れが部分的に集中している場合は、汚れの種類に応じた専用洗剤を直塗りか、濃いめに水に溶かして塗りつけて、こすり洗いをします。

歯ブラシが一番手軽ですが、汚れの範囲が広ければ、洗濯板を使うと便利です。 洗濯板は、最近では100円ショップなどでも小型のものが販売されています。

いずれにしても、必要以上に力を入れず、優しく扱うのがコツです。

6. 襟首、袖口、脇の汗染みにはスティック石けん

襟首、袖口、脇の汗染みにはスティック石けん

襟首や袖口、脇などに付いた黄色い汗染みには、お湯で湿らせて石けんを直接こすりつけておきます。

棒状の石けんや、リップスティックのように携帯に便利なタイプも市販されていて、出張の時などに重宝します。

7. 汗染み、皮脂汚れはスピード勝負

汗染み、皮脂汚れはスピード勝負

汗染みや皮脂汚れによる黄ばみは、時間が経つほど落ちにくくなります。

何日も放っておくと、完全に色が固定して、落ちなくなってしまう事も。 面倒がらず、出来るだけ早く洗濯に取りかかりましょう。

応急処置として、食器用洗剤や、クレンジングオイルを使うと効果があります。 ただし、色落ちする可能性もあるので、注意が必要です。

8. 漂白剤はいきなり使わない

漂白剤はいきなり使わない

汚れを分解する漂白剤は、強力なだけに生地を傷めたり、色落ちさせたりする危険があります。

いきなり使ったりせず、まずは目立たない部分でテストをして、色落ちなどのチェックを行うようにしましょう。

9. 油性塗料には古タオル

油性塗料には古タオル

油性塗料が付いてしまったら、可能な限り応急処置を施しましょう。

古いタオルを敷き、その上に裏返しにした作業着を広げます。 中性洗剤を付け、ブラシや丸めた別のタオルで上から優しく叩くと、汚れがある程度タオルに移ります。

シンナーなどを使う方法もありますが、生地を傷めたり、かえって汚れが広がってしまいがち。 最終的にはクリーニング店などの専門店に委ねるのが確実です。

10. 油汚れにはお湯+アルカリ性洗剤

油汚れにはお湯+アルカリ性洗剤

油は固化する事によって落ちにくくなります。

種類にもよりますが、油の融点は40度から60度。 予洗いの時、少し熱めのお湯でさっと流すと良いでしょう。

洗剤は、セスキ炭酸ソーダが手荒れしにくく、環境負荷も低い無機物なので、特にオススメです。

11. 泥汚れは、まず乾かす

泥汚れは、まず乾かす

泥汚れをいきなり水に浸けると、泥が繊維の間に入り込んで、落ちにくくなってしまいます。

泥の部分を乾かしてしまえば、手ではたいて、かなりの泥を落とす事が出来るはず。 その後は、石けんや泥汚れ専用洗剤などでもみ洗いすれば、予洗いとしては完璧です。

ただし、泥は水に溶けないので、普通の洗剤では効果が薄いので気を付けて下さい。

12. 鉄分を含む泥には還元系漂白剤

鉄分を含む泥には還元系漂白剤

鉄分を多く含む赤っぽい泥には、還元系漂白剤が有効です。

還元系漂白剤が汚れを落とす原理は、一般的な酸素系漂白剤とは正反対です。 ですので、普通では落ちにくい、その他の汚れにも試してみるといいでしょう。

ただし、色柄物には使えないので要注意です。

13. 鉄サビには食器用洗剤とお酢

鉄サビには食器用洗剤とお酢

鉄サビを落とすには、食器用洗剤のような中性洗剤と、お酢の組み合わせも効果があります。

水である程度サビを流したら、中性洗剤とお酢を1対1で混ぜて汚れに付け、もみ洗いします。 そうするとサビが浮き上がって洗い流しやすくなります。

これを繰り返せば、サビがかなり目立たなくなるはずです。

14. ニオイ対策には酸素系漂白剤でつけ置き洗い

ニオイ対策には酸素系漂白剤でつけ置き洗い

40度以上のお湯に酸素系漂白剤を溶かし、1時間程度つけ置きしておくと、嫌なニオイがかなり軽減されます。

ただし、毛や絹などの動物繊維を使った生地に、このやり方はNG。 また、ファスナーやボタンの金属も、傷んで変色したりするので要注意です。

15. 複合汚れは順番に面倒を見る

複合汚れは順番に面倒を見る

全ての汚れを一度に落とす方法は、残念ながらありません。

色々な種類の汚れが一緒に付いている場合は、まず水に溶ける汚れと溶けない汚れを見極めます。 そして最初に、油などの水に溶けない汚れへの対処を行い、次に水に溶ける汚れに取り組みましょう。

16. 作業着は特別扱い

作業着は特別扱い

予洗いが終わったら、洗濯機で本洗いに突入です。

ただし、他の衣類とは分けて洗うのが鉄則。 作業着の特殊な汚れが、他の衣類に移ってしまっては、元も子もありません。

17. 裏返して、ファスナーやボタンは閉じる

裏返して、ファスナーやボタンは閉じる

分厚くて、ファスナーやボタンが多い作業着は、お互いに引っかかって生地を傷める危険があります。

洗濯機で洗う前に裏返し、ファスナーやボタンを閉じておく事で、こうした事故を防ぎましょう。

18. 風通しを意識して陰干し

風通しを意識して陰干し

洗い終わったら、シワを伸ばし、形を整えて陰干しします。

直射日光は、生地を傷めるマイナスの方が大きいので気を付けて下さい。 早く乾かす決め手は、洗濯物をどれだけ風に当てられるか。

肩の部分を広げて干せるハンガーを使ったり、袖を物干し竿に通すなど、風通しを十分に確保して干しましょう。

19. 汚れが洗濯槽に移ったら、酸素系漂白剤でつけ置き洗い

汚れが洗濯槽に移ったら、酸素系漂白剤でつけ置き洗い

洗濯槽に移った汚れをそのままにしておくと、他の洗濯物が汚染されてしまいます。

専用の洗剤も市販されていますし、酸素系漂白剤をここでも活用する事が出来ます。 最大水位の水またはお湯に酸素系漂白剤を入れ、5分ほど運転してから、2時間程度つけ置きます。

浮いてきた汚れをすくい取り、最後に標準コースで洗い、すすぎ、脱水すればOKです。

20. 備えあれば憂い無し

備えあれば憂い無し

最近の作業着には、表面をシリコンやフッ素などでコーティングして、水や油をはじく加工が施されているものがあります。

逆に、繊維に水が入り込みやすくしてあるソイルリリース加工の作業着なら、汚れが落ちやすく楽チンです。 作業内容に合わせた適切な「選択」が、「洗濯」の手間を省いてくれるでしょう。

また、同じ作業着を2着以上用意してローテーションすれば、傷みにくく、すぐに洗濯できて、一石二鳥です。 汗や油を吸収するベビーパウダーを、気になる部分にあらかじめ付けておけば、黄ばみ対策になります。

まとめ

清潔な作業着は、見た目にさわやかなだけで無く、着心地を良くして、作業効率を改善します。

汚れ落としも作業の一環と考え、面倒がらずに取り組みましょう。

新しい作業着に袖を通す時の気持ちよさ、あれを毎日感じて見たいと思いませんか?

そこで、作業着の頑固な汚れを落とすコツを集めてみたので、参考にして下さい。


敵を知る

一口に汚れと言っても、様々な種類があります。

大きく分けても「油汚れ」「泥汚れ」「食べ物の汚れ」「汗や脂」など、それぞれに適した洗剤や洗い方があるはず。 まずどんな汚れが付いているのか見極めて、対策を練るのが基本です。

下ごしらえは万全に

汚れの種類の応じた、専用の洗剤を用意出来たからと言って、いきなり洗濯機に放り込むのは感心しません。

どんな汚れであっても、つけ置き洗いや部分洗いをあらかじめ済ませておく事で、仕上がりが全く違ってきます。 慌てず騒がず、下ごしらえを整えましょう。

1 / 7
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!