恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180622180453.html
やるなら今のうち!?60歳までに男性がしておきたい事15選

やるなら今のうち!?60歳までに男性がしておきたい事15選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
やるなら今のうち!?60歳までに男性がしておきたい事15選

若いうちにもっとやっておけば良かったと思うことも多いですが、60歳までに男性が是非しておきたいことを見ていきましょう。

  • 貯金しておく
  • 定期的な健康診断
  • 子供とのコミュニケーション
  • 夫婦関係を大事にする
  • 野菜中心の生活
  • 人付き合いで無理をしない
  • よく歩く
  • 一生続けられる趣味を持つ
  • 資格を取る
  • 個人年金に加入する
  • マイホームを確保しておく
  • 地域との触れ合い
  • ローンを完済する
  • 歯の定期健診
  • 家事をある程度やっておく
  • まとめ

1. 貯金しておく

貯金しておく

やはりいくらあっても困らないのがお金です。

男性は働き盛りのうちに、1円でも多く貯金をしておいた方がいでいでしょう。 働けるうちに十分な貯金をしておかないと、60歳を過ぎてから働く意思があったとしても、体が動くかどうか雇ってもらえるかどうかも分かりません。

年金を受け取れる年齢もどんどん上がり、自分がもらえる頃には年金制度自体がどうなっているのかも不明です。 余裕のある老後が過ごせるように、しっかり蓄えておきましょう。

2. 定期的な健康診断

定期的な健康診断

60歳を過ぎて痛感することのひとつと言えば、やはり健康のことでしょう。

若い頃はそれだけで元気で、体のことなどあまり気に留めることはありません。 しかし60歳を過ぎた頃から体のいたるところに不調が出てくるようになるのです。

何でも早期発見早期治療が鉄則です。 定期的に健康診断をしっかり受けておくことが必須でしょう。

何か不調を感じた場合はすぐに受診し、すぐに適切な治療を受けておきましょう。

3. 子供とのコミュニケーション

子供とのコミュニケーション

仕事で忙しい毎日に追われ、子供と十分なコミュニケーションもとらないうちに子供は大きくなっていたということがよくあります。

60歳を過ぎて振り返ってみた時、もっと子供と向き合っておくべきだったと後悔しても、その時間はもう戻ってきません。 奥さん任せにしていたことを悔やまないで済むように、なるべく時間を作ってコミュニケーションをとっておきましょう。

4. 夫婦関係を大事にする

夫婦関係を大事にする

60歳を過ぎ子供が独立した後、奥さんの方から離婚を言い渡される男性が増えています。

いわゆる熟年離婚ですが、自分が将来そうならない為にも、普段から奥さんとの関係は大事にしておくことが重要です。 子育てや家事、仕事と家事の両立など頑張ってくれている奥さんへの感謝の気持ちを忘れず、時にはその気持ちを伝えることが大切です。

きちんケアをしておくことで、老後も夫婦円満に過ごすことができるでしょう。

5. 野菜中心の生活

野菜中心の生活

若い頃はどうしてもお肉や脂っこいものを好んで食べる傾向がありますが、そのつけは歳を重ねてから体の不調として現れます。

生活習慣病といわれるものですが、糖尿病や高血圧などは日頃の食生活は大きく影響しているのです。 60歳を過ぎてから薬づけの日々を送らなくても済むように、若いうちから野菜中心の食生活に切り替えておきましょう。

健康な体がなければ、老後を楽しむことはできません。

6. 人付き合いで無理をしない

人付き合いで無理をしない

人間関係は生きていくうえでとても大事なことです。

だからと言って、無理をして人付き合いをするというのはよくありません。 ストレスの原因にもなりますし、ストレスは万病のもとともいわれています。

体を壊してまで付き合いたくない人と付き合う必要はありません。 自分が無理をせずに、自分らしくいられる人との付き合いだけを大事にしましょう。

60歳を過ぎてからも、末永く心地いい関係を築いていけるのが理想的です。

7. よく歩く

よく歩く

60歳を過ぎてからも足腰が丈夫でいる為には、今のうちからよく歩いておくことが大事です。

ジムで体を鍛えたり走ったりしている男性も多いですが、やはり歩くことが一番だといわれています。 今は何も感じなくても、60歳も過ぎてくると急激に足腰が弱ってくるのを感じることになります。

普段から車移動とデスクワークばかりの生活をしているという人は、ウォーキングの時間を作るなど意識して歩いておいた方がいいでしょう。

8. 一生続けられる趣味を持つ

一生続けられる趣味を持つ

いきいきとした老後を過ごす為にも、今のうちから一生続けられそうな趣味を持っておきましょう。

仕事ばかりに追われ、休みの日は家でゴロゴロしているだけという人も多いのではないでしょうか。 今はそれでいいかもしれませんが、退職した後はつまらない時間を過ごすことになってしまいます。

60歳を過ぎてから何か新たに始めようと思っても、なかなか気力と体力がついてきません。 今のうちから自分が没頭できる趣味を見つけておきましょう。

趣味を通じて、同じ楽しみを共有できる友達を作ることもでき、より豊かな老後を過ごせるでしょう。

9. 資格を取る

資格を取る

資格を取っておくというのも今のうちにできることのひとつでしょう。

今の仕事以外の分野でもいいので、少しでも興味があることがあれば是非チャレンジしてみましょう。 もし退職した後に再就職するようなことがあれば、その資格を活かすことができるかもしれません。

その資格を持っているというだけで、何かチャンスを掴めることもあるでしょう。

10. 個人年金に加入する

個人年金に加入する

老後の不安と言えばやはり経済的なことですよね。

公的年金だけに頼っていたのでは、十分な暮らしができるという保証はありません。 今のうちから将来のことを見据え、個人年金に加入しておくというのが理想的です。

今はその分が負担になってしまっても、公的年金プラス個人年金で、老後は余裕のある生活を送ることができるでしょう。

11. マイホームを確保しておく

マイホームを確保しておく

賃貸マンションやアパートに住み続けていると、老後も毎月の家賃の支払いに苦しめられることになります。

その点、持家だと毎月の家賃支払がいらない分、老後は余裕を持って過ごせるという安心感があるでしょう。 若いうちに早めにマイホームを確保しておき、なるべく定年後は住居にお金がかからない状態にしておくことが重要です。

12. 地域との触れ合い

地域との触れ合い

今のうちにしておきたいのは、地域の住民との触れ合いです。

今は仕事で忙しくしているからいいでしょう。 しかし、定年後は地域との触れ合いが一切ないと寂しさや孤立を感じることになります。

休みの日に地域の行事があれば少しでも顔を出すなどして、今のうちから繋がりを持っておく方がいいでしょう。 そうすれば何かあった時にも助け合いができますし、安心して快適な老後を過ごすことができるはずです。

13. ローンを完済する

ローンを完済する

マイホームを建てたり分譲マンションを購入したりして、家のローンや車のローンを抱えているという人も多いでしょう。

できればそのローンは60歳までには完済しておく方がいいでしょう。 年金暮らしになってからもローンを抱えた生活というのは、あまりにも負担が大き過ぎます。

実際にそれで苦しい思いをしている人も大勢います。 先延ばしにするのではなく、他のことを節約してでも少しでも早く完済しておきましょう。

14. 歯の定期健診

歯の定期健診

健康診断は受けているものの、歯の定期健診をきちんと受けているという人は少ないのではないでしょうか。

歯はきちんとした治療を受けていないと、自分の歯を失い食べる楽しみが奪われてしまいます。 入れ歯やインプラント治療は保険が効かない為、莫大な治療費がかかってくるのです。

歯は体全体の健康にも関係してくると言われています。 若いうちからしっかりケアし、1本でも多く自分の歯を残せるようにしておきましょう。

15. 家事をある程度やっておく

家事をある程度やっておく

仕事ばかりで家事は全て奥さんに任せているという男性も多いでしょう。

しかし、60歳を過ぎてからも奥さんがずっと元気でいてくれるという保証はありません。 病気で先に亡くなってしまう可能性や、離婚することになるかもしれません。

そうなった時、家事が何もできないというのでは自分が困ります。 荒れた生活が目に見えますよね。

そうならない為にも、若いうちから一通り家事ができるようにしておくことが大事でしょう。

まとめ

若いうちはあまり深く考えませんが、年を重ねてから思うことは多いようです。

60歳を過ぎてからたくさん後悔しなくて済むように、今のうちからできることはやっておきましょう。 そうすることが、将来の自分の為になるのです。

若いうちにもっとやっておけば良かったと思うことも多いですが、60歳までに男性が是非しておきたいことを見ていきましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク