恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180616140343.html
彼氏の束縛度を診断するチェックリスト

彼氏の束縛度を診断するチェックリスト | 恋のミカタ

恋のミカタ
彼氏の束縛度を診断するチェックリスト

束縛は恋愛期間を短くする原因でもあります。 そこで、彼氏の束縛度を診断するチェックリストを紹介したいと思います。

  • ラインの既読時間にうるさい
  • 電話に出ない時があると疑う
  • 毎日予定を確認される
  • 職場の環境を細かく聞いてくる
  • 迎えに来ることが多い
  • 友達と遊ぶのを嫌がる
  • 飲み会に行くと機嫌が悪くなる
  • 会う日が多い
  • スマホや携帯を見る
  • GPSアプリを入れられている
  • 自由な行動をさせてくれない
  • 連絡無しで家に来る
  • 外出先で写メを送らせる
  • 外泊を禁止されている
  • 一緒にいない時は小まめに連絡
  • まとめ

1. ラインの既読時間にうるさい

ラインの既読時間にうるさい

ラインの既読が遅いと必要以上に文句を言ってきて、今後は直ぐに既読するように説教をする彼氏がいます。

このタイプの彼氏は比較的多い傾向で、束縛度はそれほど高くはありません。 しかし、既読時間に対しかなりうるさい場合は、行動を監視している可能性もあるので、場合によっては束縛度は高くなります。

見分けるポイントは、常識範囲内で既読しているかという点で、異常な早さを求める場合は束縛されている可能性大です。

2. 電話に出ない時があると疑う

電話に出ないと直ぐに浮気を疑う彼氏は、かなり束縛度が高く電話を必要以上にしてきます。

一緒にいないと電話がやたら来るという方は、束縛されている可能性が高く、電話に出ている場合は彼氏の束縛ワールド内にいます。 電話を適度に無視して彼氏から文句を言われている場合は、束縛をされていても彼氏の土俵には乗っていません。 束縛されたくない方は、彼氏に文句を言われるくらいが丁度いいと言えます。

3. 毎日予定を確認される

毎日予定を確認される

毎日予定を確認される場合は、行動を束縛されているのでかなり慢性的です。

予定を確認する目的は監視のため、いつ何処にいるか予定に合わせてラインや電話がかかって来ます。 もしくは、いきなり外出先に彼氏が来るケースもあり、こういった状況が多いほど束縛度は高くなります。

また、SNSなどの投稿をチェックする彼氏もいるので、毎日の予定を確認する彼氏は要注意です。

4. 職場の環境を細かく聞いてくる

職場の環境を軽く聞くことは自然ですが、男性の数などを中心に聞いてくる場合は束縛度が高くなります。

束縛度が強いと男性の多い職場を嫌い、なるべく女性中心の職場を勧めがちです。 特にアルバイトの場合は、職場の環境が気にいらないと辞めるように言ってくるケースが多く、素直に従っている方は束縛を受け入れていることになります。

束縛を受け入れるとストレスが溜まり恋愛期間が短くなるので、彼氏から職場の指摘を受けないことが大切です。

5. 迎えに来ることが多い

迎えに来ることが多い

仕事や学校帰りに彼氏が迎えに来る場合、頻度が多いと束縛度がかなり高いです。

迎えに来るイコール帰りの自由を制限されていることになるので、最初の頃は問題なく過ごせますが、期間が長くなるほど束縛の重圧を感じ出します。 また、ある時期から迎えに来るケースが増えた場合は、浮気を怪しまれている可能性があり、不信感から束縛に走っています。

6. 友達と遊ぶのを嫌がる

束縛度が高いほど友達と遊ぶのを嫌がる傾向があり、友達と遊ぶ度に彼氏が嫌な顔をしている場合は束縛されています。

彼氏が嫌な顔をすると、友達と遊ぶ機会を減らすようになるので、束縛する彼氏と交際していると友達付き合いが悪くなります。 逆に、自由奔放な行動を許されている場合は、彼氏が浮気している可能性もあるので、自由過ぎるのも注意が必要です。

7. 飲み会に行くと機嫌が悪くなる

飲み会に行くと機嫌が悪くなる

仕事上の飲み会や遊びの飲み会に行くと機嫌が悪くなる彼氏は、束縛度が高い可能性があります。

例えば、会社の忘年会時期になる度に喧嘩をするカップルは、彼氏の束縛が原因になっているケースが多く、飲み会に行くことをストレスに感じ出します。 飲み会に行く度に嫌な顔をする彼氏は束縛度が高いので、無視して行くか関係性を考えることがおすすめです。

8. 会う日が多い

彼氏が会う日を多くする場合は束縛度が高く、交際が長くなるほど束縛されている気持ちが強くなります。

アツアツカップルほど別れが早いという特徴があり、別れる原因は束縛が主流です。 付き合いたては束縛と感じませんが、交際期間が長くなってもやたら会う日を増やす彼氏は要注意です。

9. スマホや携帯を見る

rc="../../upload_images/149948793973872_l.jpg" class="blog-img" alt="スマホや携帯を見る">

スマホや携帯を見る彼氏は、かなり束縛度が高く日常的に見られている方は束縛されています。

スマホなどをお互い見せないカップルが主流ですが、付き合いたては熱々のため見せ合うケースがあり、その流れが後々まで続く場合もあります。 プライベートな部分の覗く行為は、束縛の中でもかなり強い束縛になるので、スマホなどは見せないことが大切です。

また、見せない方針でも勝ってに見る可能性があるので、見られない対策も必要です。

10. GPSアプリを入れられている

GPSアプリを入れられている場合は、行動全てを監視する束縛になるので、かなり束縛度が高い状態です。

常に行動を把握する必要はないので、束縛しない彼氏はGPSアプリを入れるように言って来ません。 また、行動を把握しようとする彼氏ほど束縛度が強いので、GPSアプリを入れてと言われた場合は注意が必要です。

1番無難な選択は、GPSアプリをインストールしないことです。

11. 自由な行動をさせてくれない

自由な行動をさせてくれない

自由な行動をさせてくれない彼氏は束縛が目的のため、行動に制限をかけられている彼女ほど束縛されています。

自由な行動ができないと、交際が面倒になり別れたくなるので、長く恋愛を継続したい場合は彼氏の言うことを聞かないことが大切です。 また、最初に言いなりになると後々大変になるので、交際スタート時から自分の行動は自分で決めることがポイントです。

12. 連絡無しで家に来る

連絡無しで彼氏が家に来る場合は、確認や監視の可能性が高いので、いきなり来る頻度が多いほど束縛度は高くなります。

彼氏が連絡無しで家に来る時は、事前に行動を確認しているケースが多く、本当に聞いている予定通りか確認している可能性もあります。 束縛されたくない方は、連絡無しで彼氏が家に来たら今後はしないように伝えることが大切です。

13. 外出先で写メを送らせる

外出先で写メを送らせる

外出先で写メを送らせる彼氏は、彼女を監視している可能性が高いので束縛度は大です。

写メを送らせる行為はかなり束縛度が高いので、頻度に写メを送るように言われる場合は無視することも対策の一つです。 言われたことをやらないと諦めるようになり、言われたままにやると要求はエスカレートしていき束縛も強くなります。

なるべくおかしいと感じる要求には従わないことが、束縛されないポイントです。

14. 外泊を禁止されている

友達の家や旅行など、外泊が関わることを禁止されている場合は慢性的な束縛です。

自由に外泊できない生活はストレスになり、彼氏を重荷に感じ始めてしまい、別れや浮気のリスクが高くなります。 彼氏に話をしても改善されない場合は、関係を考えるか無視して外泊する対策が必要です。

外泊を禁止されている彼女は、束縛されていることを把握しているので、それでもいいと思う方は問題ありませんが、納得いかないと思う方は早目の対処がおすすめです。

15. 一緒にいない時は小まめに連絡

一緒にいない時は小まめに連絡

一緒にいない時は小まめに連絡を要求されている場合、彼氏の束縛度はかなり高いです。

束縛度がかなり高いと彼女の行動が常に不安のため、ラインや電話連絡をやたらと要求してきます。 彼氏と一緒にいなくても彼氏を常に感じていると、恋愛が面倒になっていき早く別れる可能性があります。

その為、一緒にいない時はお互い違うことを考えられるように、小まめな連絡の要求は断ることも必要です。

まとめ

彼氏の束縛度チェックリストで、該当数が多い場合は関係性を考える必要があります。

ただ、束縛を苦にならないという方もいるので、束縛をされている人がどう感じているかもポイントになります。 知らない間に束縛されているケースもあるので、これは束縛なのかという時はしっかり確認することが大切です。

束縛は恋愛期間を短くする原因でもあります。 そこで、彼氏の束縛度を診断するチェックリストを紹介したいと思います。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク