恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180616140143.html
女性が35歳までにやっておきたいこと 15選

女性が35歳までにやっておきたいこと 15選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
女性が35歳までにやっておきたいこと 15選

女性に生まれたからには女性にしか出来ない事があります。 特にいつまでも若いわけでは無いので、若いうちにぜひともやっておきたい事がありますよね。 そんな女性が35歳までにやっておきたいこと15選をまとめてみました。

  • 初恋。
  • 結婚。
  • 出産。
  • 仕事。
  • おしゃれ。
  • やりたいこと。
  • スポーツ。
  • 海外旅行。
  • 女性同士の友情を深めること。
  • 勉強。
  • 自分磨き。
  • 礼儀、作法を身に付ける。
  • コミュニケーション能力。
  • 貯金。
  • 家族との思いで作り。
  • まとめ

1. 初恋。

初恋

初恋はだれしもが自然とできるものだと思っているかもしれませんが「あれ?あのときの気持ちが好きってことだったかも?」などとはっきりと意識しないで過ぎ去ってしまうこともあります。

何をもってして初恋なのでしょうか。 自分の気持ちをもう一度整理して、思い起こしてみましょう。

そうすることによって「恋」ということがらを学ぶことができます。 侮るなかれ、こうやって一つ一つクリアにして成長していくことが次の恋愛の成功を呼ぶのです。

2. 結婚。

初恋で恋を学んで恋愛をすると結婚に至りやすくなります。

恋愛を軽視していると結婚できる確率がグンと低くなります。 なぜなら、勉強と同じで経験して学ばないと異性の心がわからないから。

失恋も、実る恋も体験することが大切です。 そして結婚したなら、人生の心強いパートナーとして協力することが大切。

中年を過ぎると独身の人を探す方が大変になってしまいます。 早めに結婚の決断をした方がよいでしょう。

3. 出産。

出産

若くて体力のあるうちに子供を育てた方が人生設計において有利になるでしょう。

年齢が上がってしまうと、どうしても若いママより不利になってしまいます。 もちろん今は高齢出産も普通ですから、ある程度年齢が過ぎても安心して生めますが、二人、三人と考えると早いうちに越したことはありませんね。

4. 仕事。

仕事もバイタリティーがある方が閃きもありますから職場で重要視されます。

大切にされていた方がベテランになっても仕事がしやすいでしょうから、若いうちに頑張っておくことをおすすめします。 現代では女性も社会進出しているので産休なども取りやすくなっています。

稼げるときに稼いでおきましょう。

5. おしゃれ。

おしゃれ

これは言わずもがな、ミニスカートなどは若さの特権です。

芸能人のようによほど美しさに自信が無い人でないと、中年以降の女性が足を必要以上に露出していることは下品に感じます。 他にも若い子ならではの流行ファッションもしかり。

若いからこそできるおしゃれは若いうちに楽しんでおくことをおすすめします。

6. やりたいこと。

クラブやディスコにいってみたい、芸能人のコンサートにいってみたいなど、娯楽も若いうちに堪能しておくことをおすすめします。

他にも芸術作品を見てみたい、作ってみたいなどもそうです。 若いうちの感性と大人になったときの感性は違いますから、成長過程である若いうちに美的センスも磨いておいた方が良さそうです。

そうして年を重ねると、同じ芸術作品でも若い頃に感じたものとは違った感覚で見える時があります。 その差の分だけ成長を感じる事が出来るかもしれませんね。

7. スポーツ。

スポーツ

体を鍛えておくことは年をとっても病気になりにくく、いつまでも健康で若さを保てる秘訣でもあります。

生活するには体が資本です。 病気がちでは不自由をしてしまいます。

若いうちに体力作りをしておきましょう。 しなやかに鍛えられた体はアンチエイジング効果もありますから、老化も防ぎます。

とくに年をとるとスタミナが無くなってきてしまいますが、基礎体力がある人と無い人では疲れかたが違います。

8. 海外旅行。

外国を旅して様々な文化に触れて、体験しておきましょう。

日本以外の人たちとも交流をしてとくと世界情勢に目を向けるようになります。 新聞やテレビのニュースでも知ることができますが、実際に感じることで興味も深まります。

大人になって政治に関心を持てるようにもなりますから何事も社会勉強ですね。

9. 女性同士の友情を深めること。

女性同士の友情を深めること

学生の頃に出会った同性の友達はいつまで経っても大切なものです。

社会に出て、会社で出会った女性はなぜかその中の人間関係から抜け出せずに、心許せるようにはなりにくいのです。 中にはそれでも親友と呼べるようになるひともいるかもしれませんが、まれでしょう。

なぜなら会社は生きていく上でお金を稼がねばならず、学生時代のように本音を言って喧嘩などしようものなら会社で困ってしまいます。 そうして、お互いに距離を保っているからです。

何の利害関係も無く、損得も無い学生時代に仲良くなった同性の友達は一生の宝ですからぜひ大切にしましょう。

10. 勉強。

嫌いな教科、得意な教科、人によって様々ありますが、机を並べて勉強できる環境はとても貴重です。

そして、中年以降になってしまうと物を覚える能力も衰えてしまいます。 知識も教養も身に付けるなら若いうちの方が有利です。

勉強嫌いなのはわかりますが、後悔しないように出来るうちにやっておいた方が良いでしょう。 受験も1つの経験だとしてトライしてみた方が良いです。

なぜなら、根性がつき自信に繋がるから。 やれるだけやってみましょう。

11. 自分磨き。

自分磨き

言葉遣い、自分の能力を高めるなど、自分磨きもしておくと良いでしょう。

大人の女性になる過程で必要不可欠だからです。 そうやって身に付けたモノは、のちに役に立つ知識にもなります。

豊かな生活を送るためにも日頃から向上心を持っていることが大切です。

12. 礼儀、作法を身に付ける。

和室での立ち居振舞いや、洋食のテーブルマナーなど最低限のマナーを身に付けておきましょう。

特に女性はマナーが身に付いていないと教養のない水準の低い家庭の育ちだと疑われて育ててくれた両親にも恥ずかしい思いをさせてしまう可能性があります。 本屋をのぞけばそういったことが学べる書籍がありますから、ぜひ独学でも良いので学んでおきましょう。

13. コミュニケーション能力。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は大切です。

人は1人では生きていけません。 会社の上司、お隣さん、特に結婚した時にはお姑さんや、お相手の旦那さまに姉妹がいた場合などお付き合いしなくてはならない人は沢山います。

人との距離感はとても重要です。 のちに苦労しないようにコミュニケーション能力を磨いておきましょう。

14. 貯金。

人は生きて行く上でお金が無いと生活できません。

貧乏よりも裕福な方が過ごしやすいに決まっています。 現代ではバブルがはじけてあまり稼げない時代ではありますが、その分お金の重要さが身にしみてわかりますよね。

ぜひともお金の無駄使いはしないようにして、貯金をしておきましょう。 もしもの時に備えがあれば安心できます。

結婚したのちにも貯えがあると旦那さんへの負担も少なくて済みます。

15. 家族との思いで作り。

家族との思いで作り

病気になったり、事故にあったりする事は別にして、親は子供よりも長くは生きられません。

ですから、いずれは別れなくてはなりません。 その時に後悔しないように親孝行をしておきたいものです。

ご両親を大切にしていますか? もしも心残りがあるようなら早めに感謝の気持ちを表しましょう。

居なくなってしまってからでは何にもしてあげられません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

35歳までの若いうちにやっておきたい事15選を挙げてみました。 光陰矢のごとし。

時は金なり。 などと言った言葉があるように、過ぎ去った時間は戻ってきません。

そう考えると一時も無駄にはしたく無いものですね。 良く考えて時間を有意義に使いたいものですね。

女性に生まれたからには女性にしか出来ない事があります。 特にいつまでも若いわけでは無いので、若いうちにぜひともやっておきたい事がありますよね。 そんな女性が35歳までにやっておきたいこと15選をまとめてみました。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク