恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180604162740.html
男が30歳までにしておきたい15のこと

男が30歳までにしておきたい15のこと | 恋のミカタ

恋のミカタ
男が30歳までにしておきたい15のこと

30歳というのは男性にとって、社会人としてのキャリアをある程度積み、今後の人生を考える節目の年齢と言っていいでしょう。

ここでは、男が30歳までにしておきたいことを紹介します。

  • 仕事の成功体験
  • 転職する際に強みになるスキルを身に着ける
  • 幅広い人脈作り
  • リスクマネジメント能力を身に着ける
  • 挫折を乗り越える経験
  • ある程度の家事スキルを身に着ける
  • 人に仕事を教え、人を育てる経験
  • 冠婚葬祭などのマナーを身に着ける
  • 食事のマナーを身に着ける
  • 半年仕事をしなくても生活に困らないだけの貯えを作る
  • 失恋の経験
  • チャレンジ経験
  • ボランティア活動の経験
  • 健康的な生活習慣を身に着ける
  • 親孝行をする
  • まとめ

1. 仕事の成功体験

仕事の成功体験

例外もありますが、30歳というのは、男性が社会に出て働き始めて数年から10年程度経過している年齢と考えていいでしょう。

社会人としての経験をある程度積んでいるわけです。 「これからが男の働き盛り」という年齢でもあります。

その段階までに経験しておきたいのは、仕事の成功体験です。 「自分は仕事において、これだけの努力をして、こんな成果を上げることができた」という成功体験は、自信につながりますから、これからの仕事に大いにプラスに働くに違いありません。

大きな成功体験でなくても、自信につながるだけの体験を、ぜひ20代のうちに経験しておきましょう。

2. 転職する際に強みになるスキルを身に着ける

転職する際に強みになるスキルを身に着ける

実際に転職するかしないかは別にして、もし転職することになった時に、「これが自分の強みです」とアピールできるだけのスキルを身に着けておくというのも、男性が30になるまでにしておきたいことと言っていいでしょう。

今は転職がめずらしくなくなっていますから、なんらかの事情で30代以降に転職することになるかもしれません。 その時、アピールできる強みがあるのとないのとでは、成功率はまったく違ってくるでしょう。

また、転職しなくても、強みを持っていれば、今の仕事でより高みを目指せるに違いありません。

3. 幅広い人脈作り

幅広い人脈作り

今後の仕事のことを考えると、幅広い人脈を持っていればいるほど、有利になると考えていいでしょう。

今の仕事をそのまま続けていくにしろ、異動になって別のセクションに移るにしろ、まったく違う仕事を始めるにしろ、多くの人脈を持っていれば、それだけ有利になることはいうまでもありません。 20代では、作れる人脈は限られるでしょうが、それでもある程度の人脈を作っておいた方が、30代以降の仕事がしやすくなりますし、大きな成果を上げることにつながるのです。

4. リスクマネジメント能力を身に着ける

リスクマネジメント能力を身に着ける

年齢を重ねるにしたがって、仕事の責任は当然重くなります。

マネジメントスタッフとして部下を管理するという役目を負うことにもなるでしょう。 そんな時に必要となるのが、リスクマネジメントです。

仕事に関してなにかトラブルに遭遇したり、アクシデントが起こった時に、それに対処し、処理するだけの能力が備わっていなければなりません。 それにはリスクを事前に想定し、対応策を考えておく必要がありますし、不測の事態が起こった時に慌てず処理できるだけの胆力も必要になってくるでしょう。

そうした能力も20代のうちにぜひ身に着けておきたいものです。

5. 挫折を乗り越える経験

挫折を乗り越える経験

人間は、挫折を経験し、それを乗り越えることで人間として成長できるものです。

また、そうした経験は自信にもつながることでしょう。 高齢になって、人生で初めての挫折を経験した場合、そこから立ち直ることはむずかしいに違いありません。

ぜひ、できるだけ若いうちに挫折体験をしておきたいものです。 仕事に関することでも、学生時代の受験や部活、あるいはアルバイトに関することでも構いません。

何らかの挫折を経験しておけば、それを30代以降の仕事や人生に必ず生かせます。

6. ある程度の家事スキルを身に着ける

ある程度の家事スキルを身に着ける

結婚しているいないにかかわらず、ある程度の家事スキルを身に着けておくというのも、男が30までにしておきたいことでしょう。

独身であれば当然、自分で家事をこなさなければなりませんし、結婚しても家事を分担することになると考えておくべきです。 また、なんらかの事情で結婚したのちに独身に戻るということもありえます。

そんな時に困らないだけの家事スキル、特に最低限の料理スキルは身に着けておいた方がいいでしょう。

7. 人に仕事を教え、人を育てる経験

人に仕事を教え、人を育てる経験

20代では、多くの場合、まだマネジメントスタッフにはなっていないかもしれません。

しかし、後輩に仕事を教えるということはあるでしょう。 そのように、後輩に仕事を教えるという経験は、必ず30代以降の仕事にプラスになります。

ポイントは、ただ仕事のノウハウを教えるだけでなく、教えることで後輩を育てる経験をすること。 どんな仕事でも、年齢が上がれば人を育てる必要が出てくるのです。

8. 冠婚葬祭などのマナーを身に着ける

冠婚葬祭などのマナーを身に着ける

20代のうちに男がぜひ身に着けておきたいのが、冠婚葬祭のときのマナーです。

社会人になれば、そうしたシーンを経験することになりますし、年齢が上がるほど、その機会は増えるものです。 日常のシーンと違い、冠婚葬祭はマナー違反が許されないシーンです。

大人として恥をかくことがないよう、冠婚葬祭のマナーを身に着けるようにしましょう。

9. 食事のマナーを身に着ける

食事のマナーを身に着ける

もう一つ、若いうちに身に着けておきたいマナーがあります。 それは、食事のマナー。 人の上に立つようなポジションになった時、食事のマナーが守れないようでは、部下からの信頼を得ることはできません。

「上司は食事のマナーがなっていない」と思われることがないよう、食事のマナーを身に着けておきましょう。 特に正しい箸の持ち方を身に着けておくことをおすすめします。

10. 半年仕事をしなくても生活に困らないだけの貯えを作る

半年仕事をしなくても生活に困らないだけの貯えを作る

30歳までに男がしておきたいことの一つが、ある程度の預貯金を作ることです。

結婚して家庭を持てば、当然、もしもの時の貯えをしておく必要があるでしょう。 独身でも、なんらかの事情で今の職を失うということがあるかもしれません。

そんな時に慌てることがないよう、ある程度の預貯金は作っておきましょう。 目安は「半年仕事をしなくても困らないだけの金額」です。

11. 失恋の経験

失恋の経験

失恋したいと思ってする人はいません。 できれば失恋など経験しないほうがいいに決まっているでしょう。

しかし、失恋すると、人間としての心の痛みを経験でき、その結果、人の気持ちを推し量ることができるようになったり、人にやさしくなれるのです。 若いうちの失恋体験は、人生にプラスに働くにちがいありません。

12. チャレンジ経験

チャレンジ経験

何かの目標を持って、チャレンジする経験も、男が30までにしておきたいことの一つでしょう。

たとえば、司法試験にチャレンジするとか、一人で世界旅行をするとか、海外で働く経験をするなど、なんらかのチャレンジを経験しとくと、それはかならず30代以降の人生にプラスになるに違いありません。

13. ボランティア活動の経験

ボランティア活動の経験

人のためになることを経験しておくというのも、30代以降の仕事や人生に大いにプラスに働くと考えていいでしょう。

日常的な人助けでももちろんかまいませんが、「自分はこんな経験をした」と思えるだけのことをするには、ボランティア活動が一番です。 年齢が高くなるとなかなかその機会もなくなりますから、ぜひ若いうちにボランティア活動を経験しておきましょう。

14. 健康的な生活習慣を身に着ける

健康的な生活習慣を身に着ける

年齢を重ねるにしたがって、不安が増していくのが健康問題です。

若いうちは特に気をつけなくても健康でいられますが、年を取ればそうはいきません。 30代、40代で大病をするということもめずらしくないのです。

そうした病気を予防するために必要なのが、健康的な生活習慣を身に着けることです。 ぜひ、20代のうちに健康的な生活習慣を身に着けておきましょう。

15. 親孝行をする

親孝行をする

これも、若いうちはあまり意識しないものですが、年をとるにしたがって、「もっと親孝行をしておけばよかった」と後悔するものです。

「孝行をしたい時には親はなし」という川柳もありますが、後悔することがないよう、若いうちに意識的に親孝行をしておきましょう。 親も若い時の方が体がききますから、むりなく旅行などに誘えるのです。

まとめ

30になるまでに男がしておきたいことを15種類紹介しました。

これらはすべて、30代以降の人生や仕事を充実させるための経験と言っていいでしょう。 参考になさってください。

30歳というのは男性にとって、社会人としてのキャリアをある程度積み、今後の人生を考える節目の年齢と言っていいでしょう。

ここでは、男が30歳までにしておきたいことを紹介します。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!