恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180604162524.html
子供の考える力を育てるコツ15選

子供の考える力を育てるコツ15選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
子供の考える力を育てるコツ15選

子供が将来自立した大人になるためにも、国際社会に対応するためにも「考える力」はとても重要です。

子供の考える力を育てるコツをご紹介します。

  • 親子でたくさん会話をする
  • 子供の意見を否定しない
  • 日常生活で子供に選択肢を与える
  • 夢中になっている事はとことんやらせる
  • 答えを教えず、ヒントを与える
  • 読書をする
  • いろいろな体験をさせる
  • 子供に1日の出来事を話させる
  • カルタやトランプなどルールのある遊びをする
  • 昔ながらの遊びを親子でする
  • 家事を手伝わせる
  • リビングに辞典を置いておく
  • 時々親子で散歩をする
  • 達成感を感じさせる

1. 親子でたくさん会話をする

親子でたくさん会話をする

子供は親と話すことで、会話のルールや言葉の使い方を学びます。

親子の仲が良く、たくさん会話をする環境で育った子供ほど、よくものを考え、相手の気持ちまで理解することができます。 子供の考える力を育てる会話をするポイントは、親が会話の主導権を握らないとことです。

会話はあくまでも対等であることを意識して、子供の考えを引き出すように進めと、会話を通して判断力が身につきます。

2. 子供の意見を否定しない

子供は時々、夢のようなありえない話をしてくることがあります。

そんな時でも、頭ごなしに子供の意見を否定せず、子供の話を最後まで聞いてあげましょう。 子供の話をよく聞いてみると、意外と理にかなっていたり、大人では思いつかないような発想が隠れています。

いつも両親が、思ったまま話したことを喜んで聞いてくれるとインプットされた子供は、考えて伝えることは楽しいと認識するのです。

3. 日常生活で子供に選択肢を与える

日常生活で子供に選択肢を与える

朝起きてから寝るまでの間の行動、あえて子供に選択させましょう。

例えば、「今日はシャツとセーターどっちを着る?」と問いかけ自分で衣類を選ばせたり、勉強させたいときには、「勉強しなさい」と言うのではなく、「何時に勉強するの?」と問いかけるようにすると、自分の考えで選択して、勉強をするので、素直に取り組むことができます。 小さな選択の積み重ねが、考える力を伸ばしていくのです。

4. 夢中になっている事はとことんやらせる

子供が興味を持って没頭している事は好きなだけやらせてあげましょう。

子供は好きな事なら、親が教えなくても試行錯誤を重ね、どんどん上達します。 子供のパワーは、親が思っている以上に強く、好きと言う気持ちがあれば、自分自身で成長していきます。

本人がやりたいと思い、情熱を傾けているならば、親はその様子を、そっと見守り、子供が好きなことを思う存分できる環境を整えましょう。

5. 答えを教えず、ヒントを与える

答えを教えず、ヒントを与える

子供が何かにつまずいた時に、すぐ答えを教えるのでは、子供の考える力が鍛えられません。

どうしたら答えにたどり着くのか、少しずつヒントを与えて様子を見守りましょう。 子供はヒントを頼りに、自分自身の力で答えを出そうと頑張るはずです。

答えを教えられて、すんなりと解決するよりも、子供自身が頭を悩ませながらも、自分で答えを見つけ出せたとき、「分かった??」というひらめきが、快感となり、考えることが習慣となるのです。

6. 読書をする

考える力のペースは、習慣にあります。 日常的に良い行いが習慣化している子供は、正しい答えを導き出すことが出来るのです。

頭の良い子供のほとんどが、読書をする習慣があると言われてますが、ただ文章を読むだけでは、思考力を鍛えることができません。 頭の中で文章を整理し、自分なりに解釈しながら、読み解く事を身に付ければ、自分の中にたくさんの思考の引き出しを作ることができます。

また、読書で得た知識は考えるときのヒントにもなります。

7. いろいろな体験をさせる

いろいろな体験をさせる

読書の他にも、実際に色々な場所に足を運び、体を動かして様々な体験をさせましょう。

実際に体験してみると、理論や知識だけではうまくいかないこともあり、経験を通して学ぶこともたくさんあります。 「百聞は一見にしかず、百見は一考にしかず、百考は一行にしかず、百行は一果にしかず」ということわざととあるように、実際に行動を起こし、経験を通して得た思考は、何よりも信頼できるのです。

8. 子供に1日の出来事を話させる

幼稚園や学校で起こった1日の出来事の話を、家族のリラックスタイムに聞きましょう。

1日の出来事を思い出すだけでも、考えるトレーニングになります。 また相手に伝わるように順序立てて話すにも、考えなくてはいけません。

親としても、自分の目が届かない場所での子供の様子を知ることができ、子供考えたこと感じたことを、共有するきっかけにもなります。

9. カルタやトランプなどルールのある遊びをする

カルタやトランプなどルールのある遊びをする

お父さん、お母さんが子供だった頃、親や友達、親戚とカルタやトランプをして遊んだことしょう。

実は、カルタやトランプは単純な遊びに見えますが、それぞれルールが存在します。 ルールに則って優位に立つ事を学ぶ絶好のチャンスなのです。

単純だからこそ、勝つために戦略を練ったり、考えれば考えるほど、ゲームが面白くなるので、遊びながら考える力が鍛えられます。

10. 昔ながらの遊びを親子でする

今時のゲームで遊ぶのも悪くありませんが、昔ながらの遊びの方が思考力を高められます。

特にお勧めなのが、折り紙です。 折り紙は正方形の紙を、重ねたり、折たりして形を変えていきます。

手先を動かしながら、頭の中では図形を思い描いたり、形を予測するので、とても頭を使う遊びです。 親子で取り組めば、より楽しく遊びながら脳トレが出来ます。

11. 家事を手伝わせる

家事を手伝わせる

賢い子供は机に向かって勉強ばかりしているわけではありません。

思考力のある子供に共通している事は、家の手伝いを普段からしているということです。 何故お手伝いが考える力に結びつくかというと、毎日家事をこなしているお母さんならよくお分かりでしょう。

効率よく家事をこなすために、おいしい料理を作るためには、段取りや、ペース配分、分量などを考えなくてはいけません。 考える力は、日常の中で十分に鍛えることができるのです。

12. リビングに辞典を置いておく

子供がわからない問題に直面したときに、自分で調べる習慣をつけさせましょう。

子供の「どうして?」という質問が飛んできたら、「調べてごらん」と促してみてください。 国語辞典や、百科事典が手の届くところにいつもある環境を作っておけば、疑問に思ったことはすぐに調べるようになります。

あえて子供の疑問に答えないのも、子供の知的好奇心を刺激するとともに、考える力を養います。

13. 時々親子で散歩をする

時々親子で散歩をする

わざわざ遠くに出かけなくても、たまには親子で家の周りを散歩してみましょう。

季節によって見える風景が違うことや、季節ごとの気温や風、雲の流れを子供に体感させましょう。 理科の教科書を眺めるよりもずっと、自然の仕組みが理解できるでしょう。

また、親子で散歩することで運動にもなり、お互いに、ストレス発散や、リフレッシュにもなり、親子間の良い関係を保つことが出来ます。

14. 達成感を感じさせる

子供の考える力を育てるには、向上心が必要です。

親の接し方次第では、子供の向上心の芽を摘み取ってしまうこともあります。 向上心のある子供に育てるためには、子供を褒めることももちろん大切ですが、自分で出来たときに味わう達成感が、「もっと頑張る!」と子供を向上させるのです。

具体的には、今のレベルに合った少し簡単な問題を解かせてみたり、簡単なことからチャレンジして一つ一つ、クリアする喜びを感じる時、子供ながらにも達成感を味わえるのです。

子供が将来自立した大人になるためにも、国際社会に対応するためにも「考える力」はとても重要です。

子供の考える力を育てるコツをご紹介します。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク