恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180528162441.html
子供の集中力を高めるコツ

子供の集中力を高めるコツ | 恋のミカタ

恋のミカタ
子供の集中力を高めるコツ

子供の集中力を高めるコツにはどんな方法があるのか、実践しやすいものを中心に紹介したいと思います。

  • 食事の食べ方を教える
  • ながら行動はさせない
  • 読書を定期的にする
  • 1日の予定を決める
  • ゲームは時間制限内で
  • 動画視聴は短く
  • 就寝前に1日を振り返る
  • 集中力のレベルを調査する
  • 落ち着いた環境を作る
  • 子供の前で夫婦喧嘩をしない
  • 塾に通う
  • 模型や裁縫を趣味にさせる
  • 絵を描く習慣を身につける
  • 勉強は机で
  • 少しずつ集中力をつける
  • まとめ

1. 食事の食べ方を教える

食事の食べ方を教える

日本人の食事は、ご飯や味噌汁、副菜、主菜、おしんこなどがあり、しっかりとした食べ方ができると食事で集中力をつけられます。

どんな順番でご飯を食べるか考えることは、常に食事に集中するので、食事は一つの計画的な行動です。 集中力のない人は一つを集中的に食べるケースが多く、食べ方に交互がありません。

計画的な食べ方をする人は、ご飯から主菜に行き味噌汁、ご飯、副菜など食べ方に交互性があります。 何も考えずにやっている行動ですが、子供に食事の食べ方を教えることは集中力を高めるコツです。

2. ながら行動はさせない

子供に限らずながら行動は集中力を無くす大きな原因で、ながら行動をする人ほど集中力が無い傾向です。

例えば、テレビを観ながら算数のドリルをやった場合、間違える率が高く時間もかかります。 暗記系の勉強をする時はながら勉強だと頭に入り難いので、一つに集中することが大切です。

ながら行動は時間だけ長く使い、自分にとってプラスになる点が低く、ながら行動をしないと時間短縮や集中力が高まるなどメリットが沢山あります。 内の子供は集中力が足りないと悩んでいる場合は、ながら行動をしていないか確認することが集中力を高めるコツです。

3. 読書を定期的にする

読書を定期的にする

読書は文字に集中するため、子供の集中力を高めるにはおすすめな対策方法です。

集中力の無い子は読書が苦手という傾向があり、読書をする子は集中力があり宿題を率先して行う特徴があります。 難しい本だけを読む必要はなく、例えマンガでも読書をする習慣が身につけば、子供の集中力は高まります。

子供がテレビを観ている時にチャンネルをコロコロ変えるケースがあり、この行動は集中力の低さが原因の一つです。 読書は手に取った本を集中して読むので、知らない内に集中力がついていきます。

また、読書をさせる際は子供が読みたい本を選ぶことも大切なポイントです。

4. 1日の予定を決める

1日の予定を決めて生活をすると、一つの行動ごとに集中力が生まれるので、子供の集中力を高めるには理性的です。

無計画な行動は時間を無駄に使い、制限や目安が無いので集中する必要がなくなります。 宿題を何時までに終わらせて、その後1時間好きなことをするという行動は、計画性と集中力の両方が高まります。

また、親が子供の様子を見ながら指摘すると、言われたからやるという気持ちになるので、イヤイヤやる行動は集中力がなく自主性もありません。 その為、前もって1日の計画を立てることは、子供自身のやる気を生むことができ、自ら集中力の必要性を学びます。

5. ゲームは時間制限内で

ゲームは時間制限内で

子供はゲームに集中するといつまでもやり続けますが、ゲームに対する集中力があっても他のことには集中しません。

その為、ゲームに時間制限をしてルールを作ることが、子供の集中力を高める場所作りに繋がります。 ゲーム以外にも取り組む時間があれば、子供に何かしらの刺激を与えることができ、これも学びたいという意欲が生まれます。

意欲はやる気や集中力の元になるので、ゲームばかりやって楽しみを見つける機会を無くさせないことも大切です。

6. 動画視聴は短く

最近の子供は、スマホやパソコンなどで動画を視聴する習慣があり、何も言わないとずっと視聴しています。

動画視聴の時間がほとんどになると、他の行動がおろそかになり集中力の無い行動をします。 例えば、宿題があるのに動画視聴をし過ぎて寝る時間になった場合、早く終わらせることしか考えないので、学習をする意味が無くなりその中に集中はありません。

全て禁止にすると子供の楽しみが無くなるので、動画視聴は短く制限する方法が集中力を高めるコツに繋がります。

7. 就寝前に1日を振り返る

就寝前に1日を振り返る

就寝前に1日を振り返る時間を作ると、気持ちが落ち着き集中力を高めることができます。

アスリートは、就寝前に1日を振り返る行動をするケースが多く、目的は集中力を高めるためです。 瞑想までいかないにせよ、ちょっとでも集中する時間を作ることはメリットが多く、子供の頃から習慣にすると身につきやすくなります。

この対策は、落ち着きなさを感じる子供に対し特におすすめな方法で、無理なく取り組みやすいというメリットもあります。

8. 集中力のレベルを調査する

子供の集中力が低いといっても個人差があるので、自分の子はどの位集中力が低いのか把握することも大切です。

何かをさせて直ぐに止めてしまう場合は、集中力がかなり低いと言えますが、やらせる内容は子供が興味を持たないような事がおすすめです。

例えば、テレビを観ている子供に料理のお手伝いを頼むなど、集中力を判断しやすい方法が理想的です。 好きなテレビを観ている時にお手伝いをすると、集中力のレベルを露骨に判断できます。

9. 落ち着いた環境を作る

落ち着いた環境を作る

うるさい環境で集中することは難しいので、子供の集中力を高めるには落ち着いた環境を作ることもコツです。

落ち着いた環境とは静かな場所だけではなく、テレビやパソコン、スマホの無い環境も含まれます。 小さい子供は、目の届くところに置く必要はありますが、小学生になったら自分の部屋で集中した時間を過ごさせることも必要です。

ただ、自分の部屋でゲームをしたりテレビを観たり、動画を視聴したら意味が無いので、自分の部屋は部屋などに集中しやすい環境作りがポイントです。

10. 子供の前で夫婦喧嘩をしない

夫婦喧嘩は子供の集中の妨げになり、集中力を下げる原因にもなります。

また、親の喧嘩を子供が見ると精神的に不安になり、集中どころではなくなります。 その為、夫婦喧嘩は可能な限り子供に見られないようにすることが大切で、夫婦喧嘩を子供に見せない家庭ほど子供の集中力を高めやすくできます。

毎日のように親の喧嘩を見ていたという子供は常に不安を抱えるため、精神的に良い成長をさせられない可能性もあります。 精神的安定と集中力は関係するので、家庭環境はとても大切な部分です。

11. 塾に通う

塾に通う

塾に通うと決まった時間は勉強に集中するため、集中する習慣が身につき集中を高めることに繋がります。

小さい頃から習慣化する方が身につきやすいので、早い段階から塾に通わせるのがおすすめです。 子供が自分でやるという方法は、親が監視監督する必要があり中々上手くいかない傾向のため、効率的に子供の集中力を高めるなら教室に通う塾が理想的です。

12. 模型や裁縫を趣味にさせる

模型や裁縫は集中力が必要で、集中しないと失敗に繋がります。

その為、集中しないと失敗するという事を、身を持って体験できるので良い方法です。 また、模型作成や裁縫を趣味にすると、集中する習慣が当たり前になり、親が指摘しなくても自分から集中するようになります。

集中力の無い子供は、細かい作業をする機会がほとんどなく、集中力を高める場所が無いとも言えます。 子供が集中力を高めやすい場所を提供してあげることも、集中力を高めるコツです。

13. 絵を描く習慣を身につける

絵を描く習慣を身につける

絵を描く場合は、ぬり絵や写生画、人物画、アニメ画など色々な種類があり、完成するまで集中して取り組みます。

好き嫌いがあるので、何も言わなくても小さい頃から絵を描くことが好きな子供がいます。 その為、絵を描く習慣の無い子供に対し習慣づけることがポイントで、なるべく小さい頃から絵を描かせるのがおすすめです。

小学生の中学年になってからいきなり絵を描く習慣をつけるのは難しいので、漫画を読ませたり一緒に風景画を描きに行くなど、ちょっとした工夫も大切です。

14. 勉強は机で

自分の部屋にある学習机で勉強するのが理想的ですが、家庭によっては必ず徹底できないケースもあります。

ただ、机で勉強する習慣さえ身についていると、勉強に対する集中力が高くなり他のことにも集中できる子供になります。 1番避けたいスタイルは、寝そべって勉強をする方法で、小さい頃からやっていると習慣化され後々困ります。

寝そべって勉強をすることがNGな理由は、頭や手以外の部分も疲れやすい点や、集中する気持ちが起こり難いなどデメリットがあるからです。

15. 少しずつ集中力をつける

少しずつ集中力をつける

子供の集中を高める際は、いきなり高い理想を求めないこともコツの一つです。

無理は子供と親のストレスを生み、高い理想は子供の成長を妨害します。 その為、少しずつ集中力が高くなればいいというゆとりが大切で、ゆとりある対策が効果的な方法に繋がります。

集中力を高めるために怒ったり厳しくするだけが対策ではなく、伸び伸びの中にちょっとした厳しさがあるというスタイルが理想的な対策方法です。

まとめ

子供の集中力を高めるコツは、自分の子供に合わせることがポイントで、無理をさせないことも必要です。

また、小さい頃ほど覚えやすく習慣化しやすいので、なるべく早くから集中力を高める対策がおすすめです。 ある程度の年齢になっても、集中力を高めさせようという気持ちが親にあれば、年齢に合った対策が見つかります。

子供の集中力を高めるコツにはどんな方法があるのか、実践しやすいものを中心に紹介したいと思います。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク