恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180528162410.html
子供の自立心を育てるコツ

子供の自立心を育てるコツ | 恋のミカタ

恋のミカタ
子供の自立心を育てるコツ

今回は「子供の自立心を育てるコツ」を紹介します。

我が子に自立した子になってほしいと感じる親御さんも多いですよね。 しかし、自立心を育てるためにはどのように子供と接していいのか、どのようにしつけをしていけばいいのか難しいですよね。

今回紹介するコツをぜひ参考にして見てくださいね。

  • 子供の意見を否定しない
  • やりたいということは挑戦させてあげる
  • 失敗してもすぐ手伝わない
  • 計画を立てさせる
  • 悪いことをしても怒鳴らずに原因を自分で考えさせる
  • お手伝いをさせる
  • 成功したら褒めてあげる
  • 最終決断は自分でさせる
  • 親自身が子供から自立する
  • 甘えてくるときは思いっきり甘えさせてあげる
  • 興味があることは一緒になって楽しむ
  • 子供の話をしっかり聞く
  • 親の意見を押し付けない
  • 危険なことも経験させる
  • 子供の成長に任せる
  • まとめ

1. 子供の意見を否定しない

子供の意見を否定しない

子供の意見は否定しないようにしてあげましょう。

子供は信頼しているパパとママに否定されると悲しい気持ちになり、自己主張をあまりしなくなります。 自立心を育てるためには、自分の意見を言えることが重要になってきます。

近年、他人の顔色を伺ったり、他人に嫌われることを恐れて自己主張をしない若者が増加しています。 自己主張をすることは悪いことではありません。

子供の意見を尊重し、自分の意思表示をしやすい環境作りをしてあげましょう。

2. やりたいということは挑戦させてあげる

幼少期は好奇心が旺盛な時期。

自立心を育てるためにもやりたいということはとことん挑戦してあげましょう。 たくさんのことに挑戦し、経験をすることで視野が広がります。

また、できることが増えると自分自身にも自信がつき、自主的に自分で行動する積極性が身につきます。 年齢を重ねるほど失敗を恐れ、やりたいという気持ちを持っていてもなかなか挑戦できないものです。

好奇心旺盛な時期に挑戦し続けるという気持ちを持たせ、自立心をそだてましょう。

3. 失敗してもすぐ手伝わない

失敗してもすぐ手伝わない

子どもは好奇心も旺盛でいろいろなことを自分でしようとしますが、できないことも当然多いです。

そのため、たくさん失敗をします。 失敗をしてもすぐ手伝わないようにしましょう。

失敗すると親としては心配になり、手を貸してあげたい気持ちになりますよね。 しかし、子どもに失敗を通して「悔しい」という感情を経験させ、失敗した時にどう対処するか自分で考えさせることは自立心を育てるためにとても必要なことです。

失敗すると誰かが助けてくれる、どうにもならなければ諦めるという気持ちのままでは自立心は育ちません。 失敗からたくさんのことを学ぶことができます。

子供が助けを求めても、少し見守って見てはいかがでしょうか。

4. 計画を立てさせる

子どもに計画を立てることで自立心を育てましょう。

例えば、週末に行きたい場所を自分で決め、そこにいくまでにどのような交通手段でいくのか、どのような施設があるかなどを調べ、週末の計画を子どもに任せるのです。 特に小学生くらいになると自分で調べる力も身につき始めるので自立心を育てるのに良いきっかけ作りになるのではないでしょうか。

計画を立て、週末の計画の実行までを本人に任せ、責任をもって最後までやりきるということを体験させることは自立心を育むことができます。

5. 悪いことをしても怒鳴らずに原因を自分で考えさせる

悪いことをしても怒鳴らずに原因を自分で考えさせる

悪いことをすると思わず怒鳴ってしまいますよね。

怒鳴る前に深呼吸をして子どもと話をしましょう。 自分がしたことに対して何が悪いのか、どうしたらいいのかを子ども自身に考えさせるかようにしましょう。

自分で考え、行動する習慣を身につけ、自立心を育てるのです。 子供が何対して悪いのか分からない時は、怒鳴るのではなく理由をきちんと説明してあげましょう。

怒鳴られると子供は訳もわからず泣いてしまうだけです。 自立心を育てるためには「なぜ?」と考えることが大切なことになります。

それに対してどのように行動したらいいのか、子どもと一緒に考えてサポートしてあげてください。

6. お手伝いをさせる

子どもは大人のすることに興味津々です。

大人と同じことができると達成感を感じ、自分に自信がつきます。 まだ小さいからと思わず、小さなことでもいいので何かお手伝いをさせてみましょう。

例えば、食後の食器運びやテーブル拭きなど小さい子でもできることはたくさんあります。 お手伝いの後は「ありがとう」という言葉とできたことに対して褒めてあげましょう。

ママの役に立ったという嬉しさとお手伝いできたという達成感でまたお手伝いしたいという気持ちになります。 子供の自立心が育つだけでなく、ママも助かりますね。

7. 成功したら褒めてあげる

成功したら褒めてあげる

挑戦したことや取り組んだことが出来たら褒めてあげましょう。

褒めてあげることで「できた」という感覚をより実感できることが出来ます。 またパパとママの笑顔は子どもは大好きです。

自分が出来たことでパパとママを笑顔にできると思うので、また頑張ろうという気持ちにもなります。 自分から積極的に行動できる自立心が育ちますよ。

8. 最終決断は自分でさせる

最終決断は子ども自身にさせましょう。

例えば、服を買う際に悩んでいたらどちらにするのか子どもに判断を委ねるなど些細なことでいいのです。 成長するにつれて自分で決めなければならないことが多くなってきます。

大事な決断の時に判断がつかないということにならないように幼少期から少しずつ決断力を身につけ、自立心を育てていくといいですね。

9. 親自身が子供から自立する

親自身が子供から自立する

親自身が子供から自立しましょう。

子どもは何歳になっても可愛いですよね。 しかし、子どもは親が気づかない間にどんどん成長していきます。

できることも日に日に増えていきます。 親が子どもに過保護になりすぎるあまりに大人になった時、子供が何も出来ないという状況は少なくありません。

親が子供のためを思ってするのではなく、子供の成長ために子離れし、子供の成長を見守りましょう。

10. 甘えてくるときは思いっきり甘えさせてあげる

自立心を育てるために厳しくしてしまいがちですが、幼児期ごろはまだまだ甘えたい時期。

しっかりと甘えさせてあげましょう。 自立心を育てるために両親の愛情をしっかり感じ、甘えることも大切なことです。

いくら甘えさせるといっても、パパとママが何でもかんでもやってあげるというわけではありません。 本人が自分の意思を持っているときは、本人の意思を尊重してあげてください。

11. 興味があることは一緒になって楽しむ

興味があることは一緒になって楽しむ

興味を持ったものは一緒に取り組んであげましょう。

興味を持っても子供はなかなかうまく取り組めないことがあります。 パパとママと一緒に取り組むことで挑戦することの楽しさと勇気を持つことができます。

子供が1人で挑戦するまでのお手伝いのような感覚で一緒だになって楽しんであげると子供もより積極的に取り組もうとします。 親子で共通の趣味が持てるきっかけにもなりますよ。

12. 子供の話をしっかり聞く

子供の話はしっかり聞くようにしましょう。

自分の気持ちや意思を話す力、どうやったら相手に自分の話が伝わるのかなどコミュニケーション能力を養うことができます。 私たちは誰かと関わっていきていかなければなりません。

コミュニケーション能力がなければ、人と関わることに恐怖心を感じ、自立心も育てることができません。 子供が話しやすい空間作りをし、話をゆっくり聞いてあげましょう。

親子のふれあいの時間にもなりますよ。

13. 親の意見を押し付けない

親の意見を押し付けない

子供に親の意見を押し付けないようにしましょう。

子供たちにもしっかりと意志を持っています。 私たち大人はこれまでのさまざまな経験を踏まえて正しい選択ができるようになっています。

子供にも同じように正しい選択ができるようにサポートに回りましょう。 子供の意思を無視して親の意見ばかり押し付けては、決断力が身につきません。

子供が可愛いあまり、過保護になりがちですが自立心を育てるためには決断力はとても重要です。

14. 危険なことも経験させる

火などの危険なものの取り扱いや日頃使っているもので便利なものにも危険なことがあるということを子供に体験させることも大切なことです。

好奇心が旺盛な幼少期は、どんなものにも興味を持ちます。 もちろん、危ないものにも興味を持ちます。

しかし、全てのものが安全なものばかりではありません。 パパとママが一緒になって危険なことについてしっかり説明し、子どもに理解をさせてあげましょう。

危険なことを身につけることで便利なものと危険なものがあるという認識力がつき、判断力がつきます。 幼少期はまだまだ目が離せない時期なので一度では理解できないことも多いので、繰り返し説明したり、子供のペースに合わせてあげましょう。

15. 子供の成長に任せる

子供の成長に任せる

子供は気づかないところでどんどん大きくなっていきます。

知らない間にできることが増えていたり、身長や体重が大きくなっていたり、驚きの繰り返しです。 精神的にも日々のさまざまな経験を通して、自然と成長していきます。

思春期になれば、自然と自立し、親元を離れていきます。 子供が自立しないと焦らなくても、その子のペースで成長し、いずれ自立していくので子供の成長に任せて見てはいかがでしょうか。

まとめ

子供の自立心を育てるためには親が子供の意思を尊重し、サポートしていくことが大切です。

過保護になりすぎることは、子供の成長の妨げになります。 子供には子供の人生があり、意思を強く持っています。

幼少期は好奇心とチャレンジ精神の豊富な時期なので自立心を育てるのにぴったりの時期です。 未知の可能性で溢れている子供たちの未来を見守っていきましょう。

今回は「子供の自立心を育てるコツ」を紹介します。

我が子に自立した子になってほしいと感じる親御さんも多いですよね。 しかし、自立心を育てるためにはどのように子供と接していいのか、どのようにしつけをしていけばいいのか難しいですよね。

今回紹介するコツをぜひ参考にして見てくださいね。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク