恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180528162254.html
育休明けの職場復帰のコツ・準備

育休明けの職場復帰のコツ・準備 | 恋のミカタ

恋のミカタ
育休明けの職場復帰のコツ・準備

育休明けの職場復帰は、色々と準備をしなければいけない事があります。

今までは働いてきた女性でも、育児と仕事の両立は初めての方も多いので、復帰する前に不安を抱えている人も多いと思います。 すべてを完璧にこなすことは不可能です。

事前にしっかりと準備、頼りどころをしっかりと確保しておく事が大切です。 今回は、育休明けの職場復帰のコツ・準備 15選紹介したいと思います。

  • 復帰の挨拶 タイミング
  • 周りの手を借りる
  • 保育園の決定
  • 病児保育に登録
  • 慣らし保育を済ませる
  • 家事の分担を確認しておく
  • 情報を調べておく
  • 要らないものを処分
  • 家事炊事の時短テクをマスターしておく
  • 時短家電を揃える
  • 家事代行サービス
  • ベビーシッター
  • 身支度を揃える
  • ネットスーパー
  • 仕事形態を考える
  • まとめ

1. 復帰の挨拶 タイミング

復帰の挨拶 タイミング

育休明けの挨拶は、復帰明け初の仕事ではないでしょうか。

ここでしっかりする事によって、今後の職場復帰の未来を左右する事になります。 会社によって事前に育休や確認事項を報告する日を決められている事もありますが、何もない場合は、復帰する一週間前には職場に連絡し、上司などと時間が取れる日を確認しましょう。

大事なのは、自分の都合に合わせるのではなく、皆さんの忙しくない時間を利用する事。 会社が忙しい時間では、迷惑をかけてしまいますし、相手に与える印象もよくありません。

2. 周りの手を借りる

周りの手を借りる

職場復帰のコツは、自分だけの力で乗り切ろうとしない事です。

復帰したにも関わらず、休んでばかりでは職場の方からも敬遠されてしまいます。 あらかじめ何が起こるか想定して行動しましょう。

夫婦でスケジュールを共有、早退時の対応、何かがあった時に休みを取る事が出来るかを確認しすることが大切です。 ベビーシッターさんや夫婦の親にも、事前に助けを借りる事を了承することが重要です。

子どもが急に体調変化し、預けている保育園から連絡があった場合、誰が迎えに行くのか、夫婦の親や親せきにも確認しておきましょう。

3. 保育園の決定

保育園の決定

復帰するには、子どもを保育園に預ける事が大事です。

しかし、入園が決まらない、保育園が決まらない場合どうすれば、良いのでしょうか。 入園の手続きは各保育園によって違います。

住んでいる地域の市役所の保育園課で手続き出来るようです。 保育園によってはチラシや掲示板で園児の募集をしている所もあります。

時期は、11月から年末ごろに募集をしており、2月に募集終了となっているようです。 詳しい手続き方法は、保育園や市役所のホームページなどを参照にしてください。

4. 病児保育に登録

病児保育に登録

子どもは色々な病気にかかったり、怪我をすることも多いです。

保育園や幼稚園ではたくさんの子どもが集まるので、病気をうつし合い、目まぐるしく体調が変化するでしょう。 保育園では、熱が上がる「37. 5度以上」と、預かってくれません。

病児保育では、病気をした子どもを保護してくれるので、もしもの時は心強い味方になってくれます。 利用する場合は、事前に登録する必要があり、登録法は各地で差があるので、ホームページなどでチェックしましょう。

5. 慣らし保育を済ませる

慣らし保育を済ませる

慣らし保育はお母さんにとっても試練の時です。

慣らし保育は、子どもを保育園に慣れさせるのは当然ですが、母親も慣れさせる意味があります。 子どもを長時間預けて置くので、心配になりますよね。

職場復帰前に慣らし保育を済ませておくことがベストです。 期間が慣らしも含めて1ヶ月ほどが目安です。

そして、保護者出席の行事の確認などもしっかりしておき、保育園の先生に忙しい家庭の事情も連絡帳などで伝えておくと、スムーズに対処する事が出来ます。

6. 家事の分担を確認しておく

家事の分担を確認しておく

職場復帰した後に、家事を誰がやるのか決めるのは、大変です。

今までとは状況が違います。 事前に夫婦で話し合いをしておく事が大切です。

育児の担当、料理の担当、掃除の担当など、復帰する前に話し合っておきましょう。 育児も、休みの日に夫に面倒見てもらうなど、あらかじめチエック。

そうしないと、母親だけですべて面倒見なければならない状況に追い込まれていきます。

7. 情報を調べておく

情報を調べておく

もしもの時の病院などがどこにあるのか、また、自宅近くだけでなく、保育園の近くなどもチェックしておくと安心です。

夜間でやっている病院も忘れずにチェックしましょう。 調べた情報は、母子手帳、保険証、診察券と一緒に、まとめて置き、いつでもチェック出来るように目立つ場所に整理しておくようにします。

保育園やベビーシッターさんの連絡もきちんと調べ、連絡が取りやすいようにしておきます。

8. 要らないものを処分

要らないものを処分

仕事復帰するにあたり、きちんと要らないものを処分しましょう。

子どもにかける時間が少なくなるので、危険なものは出来るだけ置かないようにするといいですよ。 使わないおもちゃなども、ケガの原因になってしまいます。 アクシデントになりそうなものはかたずけておきましょう。

大掃除は、育休中にすませておくことが大切です。

9. 家事炊事の時短テクをマスターしておく

家事炊事の時短テクをマスターしておく

職場復帰した後は、家事も今まで通りでは手が回らなくなってしまいます。

おかずを作り置きして、冷凍したものを活用するや、洗い物はためないようにする、電子レンジを活用した時短料理、などをきっちりと習得しておくと、スムーズに家事を回す事が出来るようになってきます。

10. 時短家電を揃える

時短家電を揃える

時短家電は、家事を時短して楽になるだけでなく、大切な家族との時間も増やすことが出来ます。

職場復帰した後は、家族と一緒にいられる時間が少なくなります。 お金はかかりますが、時短家電をたくさん揃える事で、快適な毎日を手にいれる事が出来ます。

定番なのが食器洗い機です。 機械に食器を入れるだけなので、洗う時の手荒れを防ぐことも出来ます。

なかなか落ちない油汚れもサッと落としてくれ、乾燥もスムーズに行ってくれます。 もうひとつは洗濯乾燥機。 洗濯と乾燥をこれ一台で担ってくれるので、洗濯物を運んだり、干したりする手間が省けるので、時短家電の中でも一番人気です。

11. 家事代行サービス

家事代行サービス

家事代行とは、自宅に業者の方を呼んで、家事を代わりにやってもらうサービスです。

値段は1時間で2000円前後です。 自治体のホームページや地域の情報紙で家事代行の情報をチェックしてみましょう。

掃除や洗濯をきっちりとこなしてくれます。 子ども一緒にいられる時間も確保出来るようになりますし、仕事で疲れて家事をする気にならない時は、導入を考えてみてはいかがでしょうか。

12. ベビーシッター

ベビーシッター

家事代行では、子どもの面倒は見てくれません。

きちんとした資格が必要です。 ベビーシッターに関しては、命を預けるので、信頼が一番大切です。

中には無資格でベビーシッターを行っている人もあり、ケガや事故にあってしまった時の保証もなく大変です。 「認定ベビーシッター」であることを必ず確認するようにしましょう。

13. 身支度を揃える

身支度を揃える

職場復帰する前に、身支度をしましょう。

鏡の前で自分の顔をチェックしてみて、変な所はありませんか?お肌がボロボロだったり、髪の毛がボサボサ、育児で疲れている 状態で復帰しても、仕事をきちんとこなす事は難しいです。

元気な状態を取り戻すために、病院で打診したり、美容院で容姿を整えて、万全の状態にするなど準備をすると、身も心もシャキッとします。

14. ネットスーパー

ネットスーパー

働いている女性は、買い物する時間もなかなか取れないと思います。

職場復帰の前に、大手スーパーや地元の宅配サービスなどを自宅で行えるネットスーパーを普段から活用しておくと、困った時に非常に便利です。

お米などの重い荷物もお家に運んで来てくれますし、荷物が届く時間や日にちも指定することが出来るので、ご家庭の都合に合わせて品物を配達してくれます。

15. 仕事形態を考える

仕事形態を考える

仕事を続けながら育児をするのは大変です。

女性が多い企業では、ある程度の支援や、理解を示してくれます。 企業によっては「子育て支援」や「育児休暇」「子育て中の時短勤務形態」などの制度を設置所も増えてきました。

こういった制度を利用出来るならば、積極的に利用してみましょう。

まとめ

仕事と育児の両立はとても大変なものであります。

それでも、自分自身で子育てしながら仕事をすると決めたわけですから、きちんとした準備と覚悟が必要です。 子どもが成長するにつれて、問題が多発していきます。

完璧に自分一人でこなせるという考え方は早めに捨てなければなりません。 職場復帰しても、仕事と育児を両立出来ずに辞めてしまう方も多いです。

今回の「育休明けの職場復帰のコツ・準備15選を参考にしていただき、少しでも日頃の生活が快適になれたならば、これほど嬉しい事はありません。

育休明けの職場復帰は、色々と準備をしなければいけない事があります。

今までは働いてきた女性でも、育児と仕事の両立は初めての方も多いので、復帰する前に不安を抱えている人も多いと思います。 すべてを完璧にこなすことは不可能です。

事前にしっかりと準備、頼りどころをしっかりと確保しておく事が大切です。 今回は、育休明けの職場復帰のコツ・準備 15選紹介したいと思います。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!