恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180521183553.html
あなたや周囲の人は大丈夫?メンヘラチェック項目15選

あなたや周囲の人は大丈夫?メンヘラチェック項目15選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
あなたや周囲の人は大丈夫?メンヘラチェック項目15選

メンヘラとは英語の「メンタルヘルス」(精神の健康)から来ており、日本ではこれに人を表すERを語尾につけて精神に問題がある人と言う意味で「メンヘラ」という言葉を使っていますね。

英語圏の人もびっくりの英語の変換ではありますが、メンヘラの人が自分の周りにいたらストレスが溜まりまよね。 それから、自覚症状のない軽度のメンヘラの人もいますので、周囲や自分がメンヘラかどうか一度チェックしてみることをお勧めします。

  • 嫌いな人がいっぱい
  • 嫌いな食べ物がいっぱい
  • 世間に対して批判するのが大好き
  • 異常なきれい好き
  • 神経質である
  • 自分のことが見えていない
  • 手先が器用
  • 「寂しい」を連発
  • 一つのことへのこだわりがスゴイ
  • 自分の存在アピールがスゴイ
  • 利用できる人には格別いい待遇
  • 気分がすぐれない時が多い
  • 体の不調をアピールする
  • 負けず嫌いで自慢好き
  • 弱音を吐く
  • まとめ

1. 嫌いな人がいっぱい

嫌いな人がいっぱい

メンヘラの人はとにかく嫌いな人が多いです。

一見仲良くしている友人に見えていても、メンヘラの人は陰でその友人の悪口をいうのは日常茶飯事です。 お嫁さんであれば、舅も姑も小姑も大嫌いで、いつもだんなさんやママ友に舅、姑、小姑の悪口のオンパレードです。

ご近所で挨拶を交わすだけの人も嫌いだし、スーパーやコンビニのレジを打つ人にも何かしら嫌なところを見つけて批判します。 メンヘラの人の悪口に嫌気がさしてしまう人は世の中には多いです。

人の悪口をいうメンヘラには近づきたくないものですね。 自分が人の悪口をたくさん言っていればメンヘラの可能性がありますので、改めるのが得策ですね。

2. 嫌いな食べ物がいっぱい

嫌いな食べ物がいっぱい

メンヘラの人は嫌いな人も多いですが同じくらい嫌いな食べ物も多いです。

野菜、果物、魚、肉などに置いても食べられるものが限られています。 魚は白身魚しか好きではない、果物で食べられるのはりんごだけ、野菜は香りが強い物全般と青臭いものはだめなど、好きな食べ物があまり多くありません。

新しい料理を食べるのも苦手で小さな頃から慣れ親しんでいる味を好みます。 タイ料理やベトナム料理、中東料理、ブラジル料理など、母の味とは違うような料理は避ける傾向にあります。

3. 世間に対して批判するのが大好き

世間に対して批判するのが大好き

メンヘラの人は世間に対して辛辣です。

例えばニュースを一つ見ても厳しい意見をいつも持っています。 タレントや政治家の失敗や失態も異常なまでに批判します。

そして、世間のことを批判している自分のことが好きなので、批判しながらも目は輝き、ウキウキとした表情で、世間に関することを批判するのが特徴です。 あまりに執拗にタレントなどをこき下ろす言動は見ている方が閉口してしまい、失態を犯したタレントが気の毒になるほどです。

批判をすることに快感を覚える人はメンヘラの世界に足を突っ込んでいると言えます。

4. 異常なきれい好き

異常なきれい好き

異常なきれい好きの人はメンヘラ傾向にあります。

例えば、レストランに入ると必ず、自分の持ってきたクロスでコップや皿をふかないと使えないとか、ホテルに備え付けのタオルやシーツは汚いと感じるので、自分でシーツやタオルを持参するなどです。 出先でトイレに行ってもシートには座らないようにスクワット状態でトイレを使用したり、トイレから出る時に手を洗っても、自分で持参したハンドサニタイザーを手の隅々に浸透させるなどもメンヘラ傾向にあります。

他人の家やデパートの蛇口や電車のつり革に触れないなども同様です。

5. 神経質である

神経質である

物事に神経質になる人はメンヘラ傾向があります。

例えば、自分のファッションについて、襟がほんの少しいつもよりビシッと決まっていない、帽子と前髪の長さがあっていないなど「誰もそんな小さいところ見ていないよ!」とツッコみたくなるようなことに神経質になります。 テーブルや椅子などの家具の位置もいつも同じ角度でなければ気に入らないし、飾る絵もほんの一ミリでも水平からずれていたらイライラするなど、超細かいことに神経質になる人はメンヘラの疑いがあります。

6. 自分のことが見えていない

自分のことが見えていない

メンヘラの人は自分のことが全く分かっていないというか勘違いしている人が多いです。

例えば図々しい人のなのに、「私って人に気を遣い過ぎるところがあるの」と言ったり、女々しく会社の愚痴ばかり言って、向上心のない男が「俺ってやる気があって男らしい性格だよな」などと本気で思っていたりします。 それから、メンヘラの人は「私って人にすぐ遠慮しちゃうのよね」といいながら、デパートのセールで人を押しのけてセールワゴンに行くなどの行為が見られます。

全く自分が見えていないのもメンヘラの特徴です。

7. 手先が器用

手先が器用

メンヘラの人は手先が器用という場合が多々あります。

メンヘラの人は重箱の隅をつつくような物の考え方をする人や細かい事にもこだわる神経質な人なので、小さな作業が得意なのです。 メンヘラと聞いて悪いイメージを浮かべる人がほとんどですが、メンヘラの人のメリットをあげるとしたら細かな作業を上手にこなす傾向にあるところといえるかもしれません。

芸術家に変わり者が多いのはそのせいかもしれませんね。

8. 「寂しい」を連発

「寂しい」を連発

メンヘラの人は寂しがり屋という傾向にもあります。

女性のメンヘラであれば、所かまわず「寂しい」という発言をよくするでしょう。 男性のメンヘラであれば、彼女が友人と出歩くことなどを嫌がることもあります。

友人と出かけるよりも寂しいから自分の側にいて欲しいという気持ちがあるからです。 メンヘラの人がゲームやSNSを夜中にするのは、オンライン上に人の存在を感じることができて自分は独りぼっちと感じなくていいからです。

9. 一つのことへのこだわりがスゴイ

一つのことへのこだわりがスゴイ

メンヘラの人はオタクになりがちです。 というのも一つのことにこだわったらもうそれが人生の100%を占めるというような心境になるからです。

例えば好きなアイドルができたら、そのアイドルの生まれてから今までの人生の一日一日を可能な限り知りたいなど、そのアイドル自身よりもアイドルのことをよく知っているほどいろいろ掘り下げて調べます。 アニメやゲームにこだわっても同じです。

一つのことに集中しだしたら止まりません。 これが仕事につながることであれば大成功を収めることができる可能性もあります。

10. 自分の存在アピールがスゴイ

自分の存在アピールがスゴイ

メンヘラの人は基本、「かまってちゃん」です。

他人に自分のことをかまって欲しくて、自分のことを知って欲しくて仕方がないのです。 メンヘラの人は寂しがり屋でもあるので、誰かが自分のことをかまってくれないと寂しさが募るです。

いつでもどこでも自分が中心になるように、話術も結構あります。 自分がかわいそうだと思われるストーリーもいつも用意しています。

人に心配されるのがかまってちゃんのメンヘラには好物だからです。

11. 利用できる人には格別いい待遇

利用できる人には格別いい待遇

これはメンヘラがどうかの区別が難しいのですが、メンヘラの人は自分に都合の良い人には接待や褒め言葉を忘れません。

一見、ただの親切な人に見えてしまう行為なので、メンヘラと気づきづらいのですが、他の人への対応を見て判断することが可能です。 自分には、ものすごくいい人なのに、他人の悪口を頻繁に言っているとか人をバカにする発言が多いなどの人はメンヘラの可能性があるので気をつけましょう。

メンヘラの人があなたによい対応をしているのは、あなたに利用価値があると見なされているからです。

12. 気分がすぐれない時が多い

気分がすぐれない時が多い

メンヘラの人は健康のための自己管理が下手です。

ともかく精神がいつも晴れ晴れしくないために、心と体のバランスを崩しがちなので気分がすぐれず、不機嫌になてしまうのです。 いつも落ち込んでいるような表情をしていたり、家にこもりがちというようなことも多いです。

かまってちゃんなのに、外出する元気がない人はメンヘラの可能性があります。

13. 体の不調をアピールする

体の不調をアピールする

実際にメンヘラの人は健康体とは言い難いのですが、メンヘラの人は自分の具合の悪さをすぐにアピールする傾向にあります。

その具合悪いアピールはたいして悪くもない時にもあるのがメンヘラの特徴です。 普通に生活できるのに、頭痛がすごい、先週40度の熱が出た。

おなかを壊しやすい、胃が時々痛む、耳鳴りがする、足のかかとが時々きしんで痛いなどなど・・・ メンヘラの人は自分は病弱で弱い生き物であるというアピールが好きです。

14. 負けず嫌いで自慢好き

負けず嫌いで自慢好き

メンヘラの人は自分はか弱い生き物ですとアピールするのが好きなくせに負けず嫌いなところもあります。

自分が他人の上に立っていないと気が済まないというマウンティング傾向にあるのです。 子供がいる母ならば、自分の子は優秀であるということを周りに知らしめないと気が済まないし、ちょっとでも優秀な子を持ったママ友を見つけると張り合おうとマウンティングを仕掛けてきます。

男性のメンヘラは他人と比べて自分が劣っていると見なされることが大嫌いなので、彼女が何の気なしに他の男性を褒める発言をしてしまったら、手が付けられないくらい不機嫌になったりします。

15. 弱音を吐く

弱音を吐く

メンヘラの人は負けず嫌いでもあるのに、基本かまってちゃんなので、弱音を吐くことが多いです。

時には軽々しく「死」と言う言葉を用いることもあります。 「あの時は辛くて死んでしまおうかと思った」などと発言して周りの同情を一気に掌握することに快感を覚えるのです。

「もうだめだ」とか「私なんていないほうがいい」などのネガティブ発言も多いです。 このメンヘラの弱音の根本には相手からの優しい言葉を引き出したいという思う寂しがり屋の願望が見え隠れしています。

まとめ

以上が15のメンヘラのチェック項目となります。

自分や周囲の人に当てはまる項目がありましたか? 自分があてはまることがあれば、周囲の迷惑にならないように改善する必要がありますし、メンヘラチェック項目にたくさんあてはまる人が周囲にいれば、今後の付き合いをさらっとしたものにした方が無難ですよね。

人に迷惑をかけないような社会生活を皆が心がけたいものですね。

メンヘラとは英語の「メンタルヘルス」(精神の健康)から来ており、日本ではこれに人を表すERを語尾につけて精神に問題がある人と言う意味で「メンヘラ」という言葉を使っていますね。

英語圏の人もびっくりの英語の変換ではありますが、メンヘラの人が自分の周りにいたらストレスが溜まりまよね。 それから、自覚症状のない軽度のメンヘラの人もいますので、周囲や自分がメンヘラかどうか一度チェックしてみることをお勧めします。


嫌いな人がいっぱい

メンヘラの人はとにかく嫌いな人が多いです。

一見仲良くしている友人に見えていても、メンヘラの人は陰でその友人の悪口をいうのは日常茶飯事です。 お嫁さんであれば、舅も姑も小姑も大嫌いで、いつもだんなさんやママ友に舅、姑、小姑の悪口のオンパレードです。

ご近所で挨拶を交わすだけの人も嫌いだし、スーパーやコンビニのレジを打つ人にも何かしら嫌なところを見つけて批判します。 メンヘラの人の悪口に嫌気がさしてしまう人は世の中には多いです。

人の悪口をいうメンヘラには近づきたくないものですね。 自分が人の悪口をたくさん言っていればメンヘラの可能性がありますので、改めるのが得策ですね。

嫌いな食べ物がいっぱい

メンヘラの人は嫌いな人も多いですが同じくらい嫌いな食べ物も多いです。

野菜、果物、魚、肉などに置いても食べられるものが限られています。 魚は白身魚しか好きではない、果物で食べられるのはりんごだけ、野菜は香りが強い物全般と青臭いものはだめなど、好きな食べ物があまり多くありません。

新しい料理を食べるのも苦手で小さな頃から慣れ親しんでいる味を好みます。 タイ料理やベトナム料理、中東料理、ブラジル料理など、母の味とは違うような料理は避ける傾向にあります。

1 / 6
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!