恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180501104020.html
頭のいい子を育てるために大切な事15選

頭のいい子を育てるために大切な事15選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
頭のいい子を育てるために大切な事15選

頭の良い子供に育てるには、養育環境や両親の接し方が大きく関係しています。 頭のいい子を育てるために大切な事をご紹介します。

  • 子供とスキンシップをとる
  • 本を読む習慣をつけさせる
  • 親子で会話をする
  • 自分のことは自分でさせる
  • 親が先回りをしない
  • しっかり睡眠をとらせる
  • 朝食を食べさせる
  • 子供の頑張りを褒める
  • 調べ物が出来る環境を整える
  • 沢山の体験をさせる
  • 五感をフルに使う
  • 好きなことをとことんやらせる
  • 子供をよく見守る
  • 親が手本を見せる
  • 先生の悪口を言わない
  • まとめ

1. 子供とスキンシップをとる

子供とスキンシップをとる

お母さんによく頭を撫でられたり、抱きしめられる子供は、自己肯定感が強く、自分の事が好きでいられます。 小さい頃から親子のスキンシップが多い家庭で育った子供は、物怖じすることなく、興味を持ったことにどんどんチャレンジする勇敢な子供が多いのです。 また、親子のスキンシップは共感性を高めます。 共感性が高い子供は、国語の得点が高いというデータが出ています。

2. 本を読む習慣をつけさせる

頭の良い子供のほとんどが、本を読む習慣がついています。 子供の頃から、活字に慣れ親しんでいる人は、文字からの情報を理解するスピードが速く、複雑な文章でも、混乱することなく認識できます。 物語文からは、想像力が鍛えられ、説明文では、正確に物事を理解する能力が鍛えられ試験に役立ちます。 賢い子供は、毎週図書館に通っていたり、自宅が本に溢れているという子が多いのです。

3. 親子で会話をする

親子で会話をする

語彙力は親子の会話の中で培われます。 賢い子供の母親は、明るく、おしゃべりな人が多いというのはよく聞きますが、実際その通りなのです。 言葉を発することも、言葉を解釈することでも、脳が刺激され、会話という言葉のキャッチボールを繰り返すことで、脳の神経回路が、太く、強く育ちます。 また、親子で会話をすることで、家庭内が明るくなり、リラックスした雰囲気の中で、子供の心も健全に育ちます。

4. 自分のことは自分でさせる

自分のできることは、ある程度自分でさせるようにしましょう。 子供の着替えや、明日の道具の準備など、親が手伝った方が早く済む場合もありますが、親が手をかけない方が、子供の責任感が生まれます。 それで忘れ物をしてしまっても、自分の責任と捉え、次から忘れ物をしない工夫を、子供自らするようになるのです。

5. 親が先回りをしない

親が先回りをしない

親が子供の先回りをして、子供の障害となるものをあらかじめ取り除いてしまう過保護な親もいます。 子供の為に、良かれと思ってしている事でしょうが、これは子供1番ダメにしてしまいます。 障害物にぶつかって、転んでも自分の力で起き上がる、これを繰り返して人は大人になります。 その機会を奪ってしまうのは、子供が賢く育つのを邪魔する行為と同じなのです。

6. しっかり睡眠をとらせる

昔から早寝早起きは大切と言われているように、子供にとって睡眠はとても大切です。 睡眠中の脳は、日中に得た情報を整理して、しっかりとインプットさせようとしています。 眠気をこらえて夜中まで勉強する事は子供にとってかえって、逆効果になってしまいます。 たくさん勉強させたければ、早めに寝てたっぷりと睡眠を取らせ、朝に勉強させるのがオススメです。 実際に、天才、秀才と呼ばれる子供は、朝に勉強することが多いようです。

7. 朝食を食べさせる

朝食を食べさせる

毎朝朝食を摂る子供およそ3割が、偏差値65以上の大学に合格しているというデータがあります。 しっかり朝食を摂る事で、集中力を高め、学習が身に付きやすくなることが、科学的にも証明されています。 それだけではなく、毎日朝食を用意してくれるお母さんの姿に安心感を覚え、勉強に専念出来る事も学力向上につながっています。

8. 子供の頑張りを褒める

子供が頑張っている姿を見たら、その頑張りを褒め讃えましょう。 子供に限らず、大人でも、人は褒められるとやる気が出るものです。 褒めるときは、結果ではなく、それまで頑張ってきた過程を褒めてあげましょう。 頑張りを見ていてくれる人がいると思うと、子供はますますやる気のスイッチが入り、言われなくても勉強するようになります。

9. 調べ物が出来る環境を整える

調べ物が出来る環境を整える

頭の良い子供の親は、子供がすぐに調べ物が出来るように、さりげなく環境整えているのです。 子供の手の届きやすい場所に、図鑑や辞典を置いておいたり、電子辞書ですぐに調べられるように、配慮を欠かしません。 調べる環境が整っていると、子供は分からないないことがあったときには、人に聞くよりも、自分で調べて答えを見つけようとします。 その習慣が積み重なり、知識が定着するのです。

10. 沢山の体験をさせる

地頭の良い子供は、小さい時から季節を感じる場所に家族で出かけていたり、自然と触れ合ったり、地域のお祭りに参加したり、たくさんの体験をしています。 頭に知識をインプットするだけでは、応用が効きません。 本当に賢い子というのは、地頭良く、どんなピンチの時でも、臨機応変に対応できる能力を持っています。 それは、子供の時の体験でしか培うことができないのです。

11. 五感をフルに使う

五感をフルに使う

視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚、の5つの感覚をフルに使うことを意識しましょう。 人間に備わった五感をフルに使うことで、脳の全域が刺激され、活動が活発になります。 子供の習い事には、ピアノが良いと言われるのも、視覚、聴覚、触覚がいっぺんに刺激される為、脳が鍛えられるからです。 出来立ての料理の匂いや、日常の中でも大いに五感を刺激することは出来ます。 意識して五感が刺激される生活を子供に体験させましょう。

12. 好きなことをとことんやらせる

東大生を始め、難関大学に合格した生徒のほとんどが、子供の時は好きなことにとことん打ち込んだと言います。 好きと言う気持ちは、何よりも頑張る原動力になり、好きなことを突き詰めているうちに、高い集中力が養われます。 このパワーが、受験勉強にも大いに生かされます。 賢い子供の親は、子供が興味を持ったことを全力で応援してあげる姿勢が共通しています。

13. 子供をよく見守る

子供をよく見守る

スーパーマーケットなど、人が集まる場所で走り回る子供を放置して買い物を続ける母親などからは、絶対に賢い子供は育ちません。 どんなに小さかろうが、子供が悪いことをしたら、口で言って聞かせなければいけません。 離れているようで、子供をしっかりと見ている親は、子供を賢く育てることができるでしょう。 そして子供を見て、いてもう少し頑張ればできそうなときには、あえて手を貸さずに、見守ることで自立心のある賢い子供が育ちます。

14. 親が手本を見せる

口で言うだけではなく、親が手本となる姿勢を見せましょう。 例えば、子供に勉強して欲しいと思ったら、親の方が学びたいことを子供の横で勉強しましょう。 子供に本を読ませたいと思ったら、自分が本を読んでいる姿を子供に見せましょう。 礼儀正しく育って欲しければ、気持ちの良い挨拶を親がして子供に見本を見せましょう。 親の背中は、子供が誰よりも見ています。

15. 先生の悪口を言わない

先生の悪口を言わない

いくら頼りない担任の先生であっても、子供の前で悪口を言って聞かせるのはやめましょう。 親が先生の悪口を言っていれば、子供は先生のことを馬鹿にして良いものだと解釈してしまいます。 そうすると、先生に対して失礼な態度平気で取るようになったり、授業真面目に受ける気持ちがなくなってしまいます。 しかし、明らかに問題のある教師で、子供がSOSを訴えているようであれば、子供の意見を否定せず、親がフォローしなくてはいけません。

まとめ

賢い子供を育てるためには、親の親としての意識の高さがとても大切です。 子供は、甘やかすのではなく、甘えさせましょう。 そうすることで、自分に自信がつき、進んで考え進んで行動する地頭の良い子供に育ちます。 安心できる家庭の中で、自分に自信を持ちのびのび育った子供は、学校の中でも上手に人と付き合い、自然と良い成績も取れるのです。

頭の良い子供に育てるには、養育環境や両親の接し方が大きく関係しています。 頭のいい子を育てるために大切な事をご紹介します。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク