恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20180324165101.html
相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得する方法

相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得する方法 | 恋のミカタ

恋のミカタ
相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得する方法

学歴によって結婚を反対されたという場合、学歴と結婚には本当に関連性があるのかを感情敵ではなく、冷静に理論的に示さないといけません。

相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得をする方法で、無理矢理ではなく相互理解できるよう状況を変えていきましょう。

  • 親世代との価値観のずれを正しく伝える
  • 三高ではなく三平が持つ価値
  • 幸せ度と比例しない現代社会では結婚反対の理由にはならない学歴
  • 金銭面の不安を解消する答えをあげることが大切
  • 説得を立て続けにするより距離を置く姿勢も重要
  • 理解者を増やして結婚の反対をしにくい状況をつくる
  • まとめ

1. 親世代との価値観のずれを正しく伝える

女性

最近では学歴の持つ意味合いが結婚では希薄になりつつあります。

そのためこれから結婚しようと考えている若いカップルは、相手の学歴にさほど興味もないでしょう。 しかしそういった若い世代の親世代にとっては、学歴でその人の価値を決めているケースもあります。

詰め込み教育を受けてきた親世代と、ゆとり教育を受けてきた子供世代には価値観のずれは否めません。 学歴により理不尽に反対されることも珍しくはない障害です。

ただ価値観のずれはその溝を埋めることで誤解を解くことができます。

2. 三高ではなく三平が持つ価値

相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得をする方法で見逃すことができないのが、三高と呼ばれた人間の魅力を決めていた高学歴、高収入、高身長が、魅力的では現代ではなくなったことです。

それに本来、高学歴の相手が結婚相手に相応しいかは別問題なのです。 また、全員ではありませんが、高学歴なだけで性格がよくない人もいますし、学歴がよくても本当の頭の良さとは一致しないケースもあります。

高学歴であれば誰でもいいのかという部分から核心を突いていきましょう。

3. 幸せ度と比例しない現代社会では結婚反対の理由にはならない学歴

女性

結婚を反対する場合、学歴がない相手だと将来食いっぱぐれる恐れがあるからが主な原因としてあげられます。

つまり学歴がないとまともな職業につけない、一家を養うだけの経済力に不安が残るからといった、子供のことを考えての反対です。 しかしながらそういった固定観念は現代では通用しないことを説得材料にしましょう。

また貯蓄などがあるならどれくらい経済力があるかを示す材料として通帳を見せるのも物的証拠となります。 金銭的な不安を取り除くことが大事です。

4. 金銭面の不安を解消する答えをあげることが大切

蓄えだけでは一生暮らしていける人は少なく、またこのような時代だからこそ貯蓄に自信がないカップルも多いでしょう。

そういった場合説得材料として有力な部分の押しが弱くなります。 しかし何も現在の状況だけがすべてではなく、これから二人でどのような人生を送りたいか、仕事の収入から現実的な答えをプレゼンすることが大切です。

具体的な将来設計があれば、不安の一点張りで反対できなくなるでしょう。 だからこそ人生設計は夢見がちなものではなく、現実的な試算でプランニングするべきです。

5. 説得を立て続けにするより距離を置く姿勢も重要

女性

相手の学歴が理由で結婚を反対された時は、反対している側もヒートアップして冷静になれない可能性が高いです。

つまりこのような状況では聞く耳を持っていないということです。 そのため説得の間隔を離したり、距離を置いたりなど工夫が必要です。

説得する側まで感情的になるのはよくありません。 同じように感情的になっては、物別れしてしまうでしょう。

説得の道を選ぶということは仲違いや駆け落ちをしたくない誠実さのあらわれです。 だからこそ辛抱する必要があります。

6. 理解者を増やして結婚の反対をしにくい状況をつくる

第三者が入ることで物事が進展するケースもあります。

相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得をする方法として、第三者の意見も取り入れるということです。 そうすることで互いに譲歩し合うことができ、意地になって反対している相手との状況を変えることができます。

また第三者という理解者が増えることで、結婚に反対しにくい雰囲気をつくることができ、説得しやすくなります。

まとめ

相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得をする方法は、説得される側より説得する側がいかに自分たち自身の状況を客観的に見られるかで決まります。

不安を取り除くために試行錯誤し、ステレオタイプの相手にも現代の社会事情を理解してもらうようにしましょう。 説得というと強硬策のイメージがありますが、冷静に理論的な説明をするのが一番有効なのです。

学歴によって結婚を反対されたという場合、学歴と結婚には本当に関連性があるのかを感情敵ではなく、冷静に理論的に示さないといけません。

相手の学歴が理由で結婚を反対された時に説得をする方法で、無理矢理ではなく相互理解できるよう状況を変えていきましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク