恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

寝かしつけのできない旦那のための寝かしつけのコツ

寝かしつけのできない旦那のための寝かしつけのコツ

恋のミカタ
寝かしつけのできない旦那のための寝かしつけのコツ

子供が乳幼児の頃の大きな悩みでもある寝かしつけですが、なかなか苦手でうまくできない旦那も多いと聞きます。 そんな旦那のためにコツをまとめてみました。

スポンサーリンク

  • 恐る恐るだっこせずしっかり包んであげること
  • 振動が快適なこともあるのででかけてみよう
  • 静かすぎるのも騒がしすぎるのもよくない
  • 照明を変えると落ち着くこともある
  • 大人でもぐっすり眠れるのは適温であるということ
  • おっぱいやおむつのタイミングをチェック
  • ママのぬくもりや香りを赤ちゃんに感じさせてあげて
  • イライラせずゆったりとした気持ちで向き合う
  • まとめ

1. 恐る恐るだっこせずしっかり包んであげること

手アップ(両手・受け取り)

赤ちゃんはしっかりだっこしてくれないと不安で泣いてしまうこともあります。 また、落としてしまうのではないかとか泣いてしまうのではないかという不安が伝わってしまうこともあるようなので、せっかくの男性らしい大きな手でしっかりと抱いてあげるようにしてください。

慣れないうちはおなかで支えたり、座ってだっこすると抱きやすいです。 また、赤ちゃんによっては立てにだっこされたいなどと好みもあるのでいろいろ試して好みを見つけましょう。

2. 振動が快適なこともあるのででかけてみよう

赤ちゃんはベビーカーやチャイルドシートに乗せて振動を与えるとすやすや眠ってくれることもよくあります。 ママのおなかのなかにいた時の振動を思い出しているのかもしれません。

この方法なら旦那でも寝かしつけてあげられそうではないですか?旦那がベビーカーに赤ちゃんを乗せて公園などをのんびり散歩してあげたり、ゆっくりとドライブをしてあげることにより、ママのことも休ませてあげることができて一石二鳥です。

スポンサーリンク

3. 静かすぎるのも騒がしすぎるのもよくない

部屋(洋風リビング1)

普段賑やかな家にいる赤ちゃんは静かすぎるとなかなか寝てくれないこともあります。 また、騒がしすぎても驚いて泣いてしまいますし、寝かしつけができなくて困っている時は家の中の騒がしさを確認してみましょう。

耳元でがさがさと音を聞かせると泣き止んだりなど、赤ちゃんによって好きな音もあるようです。 おなかの中の音を聞かせるグッズなども売られているので試してみてもいいかもしれません。

4. 照明を変えると落ち着くこともある

まぶし過ぎると睡眠の妨げになるのは想像できます。 寝かしつけの際は手元が見える方が何かと便利ではありますが、赤ちゃんが眠りに集中できるように明る過ぎない環境を作ってあげてください。

暖かみのある色の照明にかえたり、真上から照らすのではなく間接照明などにかえてみると変化がある可能性もあります。 眩しい方を見つめてしまうこともあるので、光を遮りながらだっこしてあげるという工夫もいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

5. 大人でもぐっすり眠れるのは適温であるということ

子供・寝

大人でもぐっすり眠れるのは室内が適温であるということです。 赤ちゃんも熱過ぎたり寒過ぎると眠れないのかもしれません。 寝かしつけに夢中になりすぎてだっこしすぎていませんか?接している部分があせもになってかゆくて不快ということも考えられるので気をつけてください。

風邪をひかせないために厚着をさせるのも、あまりにやりすぎると体温の高い赤ちゃんにはありがた迷惑になってしまいます。 快適に眠れる適温を管理するには室温計が欠かせません。

6. おっぱいやおむつのタイミングをチェック

寝かしつけがうまくいかないならおっぱいやおむつのタイミングを知っておくと便利です。 それがわかれば必死に寝かそうとしていたのが間違いだったと気づくこともあり、おっぱいをあげたりおむつを替えるだけであっさり解決することもあります。

全ての項目を試して寝かしつけるのは毎回やるのも大変ですから、ある程度チェックをしてメモしておくとか把握するように意識しておくのがいいでしょう。 妻のサポートとしてもそんな旦那は喜ばれます。

スポンサーリンク

7. ママのぬくもりや香りを赤ちゃんに感じさせてあげて

風景(森林4・見上げ・秋)

ママのむくもりが恋しくて旦那だと泣き止まないなんてこともありますので、授乳後にはママの服をお布団代わりに赤ちゃんのそばに置いてあげてママのぬくもりや香りを感じながら安心させてあげたり、ママがある程度寝かしつけてから代わってしっかり寝せてあげるという方法も試してみてください。

赤ちゃんはやっぱりママが大好きですし、ママのおっぱいの香りが大好きです。 旦那にはどうしても無理な部分ですが、寝る直前まで感じさせてあげることならできます。

8. イライラせずゆったりとした気持ちで向き合う

どうしてこんなに寝ないんだろうとイライラした気持ちで寝かしつけるとうまくいかないというのはよくあることなので、赤ちゃんは泣くものだし泣くくらい元気だというくらいの気持ちでのんびりかまえましょう。

日々の寝不足でつい余裕がなくなるのもわかりますが、焦ったところでどうにかなるものではありません。 ママにもそんな風になだめてあげながら、なるべく明るくのんびりと赤ちゃんに付き合うつもりでそんな旦那の姿勢を見せてあげてください。 赤ちゃんはもちろん、ママも安心できるとメリットはたくさんあります。

スポンサーリンク

まとめ

風景(空5・青空・太陽光・雲)

寝かしつけができない旦那でも、コツを覚えたいとかママの役に立ちたいという気持ちがあれば一緒に乗り越えていけるはずです。 なかなか寝てくれなくて苦労する時期はたった数年や数ヶ月という短い期間の話なので、これらのコツを思い出しながら赤ちゃんにゆったりと付き合ってあげてください。

子供が乳幼児の頃の大きな悩みでもある寝かしつけですが、なかなか苦手でうまくできない旦那も多いと聞きます。 そんな旦那のためにコツをまとめてみました。

スポンサーリンク

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

スポンサーリンク