恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20171010154041.html
クランベリーとは?栄養や効能、注意点

クランベリーとは?栄養や効能、注意点 | 恋のミカタ

恋のミカタ
クランベリーとは?栄養や効能、注意点

クランベリーとは?栄養や効能、注意点をまとめました。



  • クランベリーとは?
  • 栄養や効能
  • 注意点
  • まとめ

1. クランベリーとは?

クランベリーとは?

クランベリーは北欧や北アメリカなど寒い地域に生息するツツジ科の植物です。 1センチほどの小さくて赤い丸い実をつけ、9月~10月に旬をむかえます。 国内ではあまり生のクランベリーを見かける事はありませんが、冷凍やドライされた状態の商品はスーパーなどでもよく販売されています。 最近では、スムージー作りに利用されたり、ヨーグルトやグラノーラと一緒に食べる人たちが増えてきました。

古くから食用としてだけではなく、医薬品などとしても利用をされてきた役立つ果実です。 また、現在でもその栄養成分や効果について注目をされています。

2. 栄養や効能

栄養や効能

2-1. ポリフェノールが豊富

クランベリーには、ポリフェノールが豊富に含まれています。 特にプロアントシアニジンが含まれている事で有名です。 クランベリーに含まれているプロアントシアニジンは、A型プロアントシアニジンであり特に抗酸化作用が強い成分となります。

こうしたクランベリー特有のポリフェノール以外にも、アントシアニンやエラグ酸、ケセルチンといったポリフェノールが含まれています。

2-2. キナ酸やビタミン、食物繊維

クランベリーは、非フェノール性のカルボン酸であるキナ酸やビタミンCも多く含まれているのが特徴です。 その他ビタミンAも含まれているので、抗酸化作用の強いビタミンCが配合されている事が分かります。 また意外にも、クランベリーは食物繊維も豊富な果実なのです。

2-3. むくみの解消

クランベリーはむくみの解消に有効と言われています。 これは上記で紹介をしたクランベリー特有のA型プロアントシアニジンの効能によるものです。 むくみの原因の大きなひとつは、腎臓の働きの低下やダメージによるものがあります。 毒素や身体に不要な老廃物を除去してくれる腎臓は、それだけ負担がかかりやすく細菌感染の恐れも高い臓器となります。

クランベリーのプロアントシアニジンは強い抗酸化作用に加えて、高い抗炎症作用もあるのですが、この働きが腎臓のダメージを軽減し機能を活性化してくれるのです。 クランベリーのプロアントシアニジンにより腎臓の機能が活性すれば、体内の水分とミネラルのバランスが保たれ、老廃物や余計な水分もスムーズに排出されるのでむくみも解消されますね。

2-4. 生活習慣病の予防

クランベリーに含まれる豊富なポリフェノールのは、身体の酸化を防ぎ過酸化脂質の生成や悪玉コレステロールの増加を防ぐという効能があります。 これにより、現代病とも言われている生活習慣病を予防する事が出来るのです。

また、アメリカの研究にのると実際にクランベリーには生活習慣病から発展する心臓病や脳卒中、糖尿病などの発症率を10%以上下げる事が出来ると発表されています。 血液をサラサラにする効果も期待出来ますから、動脈硬化などにも有効ですね。

2-5. 膀胱炎など尿路感染症の改善

クランベリーのサプリメントなどが、今膀胱炎になりやすい女性から注目を集めています。 クランベリーに含まれるプロアントシアニジンとキナ酸等のポリフェノールやカリウムが、尿路感染症に効果を発揮してくれるのです。 膀胱炎などの尿路感染症は、大腸菌などの細菌が感染して炎症を起こす事に発症します。 ですが、クランベリーの抗酸化作用により免疫力を高めたり、炎症を鎮めることにより膀胱炎などの改善が期待出来ます。

また繰り返す膀胱炎の症状にも有効です。 そして、余分な水分の排出を促すカリウムも膀胱炎の治りを早める為に役立ってくれます。

2-6. 美肌効果

肌トラブルに大きく影響をするのが酸化です。 シミやシワ、毛穴やたるみなど多くの肌トラブルに活性酸素が関わっています。 クランベリーは、ポリフェノールもビタミンCも豊富ですから、こうした活性酸素を強力に除去してくれるのです。 もちろん、肌トラブルだけではなく、アンチエイジングにも大きな効果が期待出来ますね。

2-7. 身体の老化を防ぐ

活性酸素は、肌のトラブルや老化だけではなく、身体の老化も促進される物質となります。 そこで様々な抗酸化成分が豊富で抗酸化力も高いクランベリーは、身体の老化を防ぐためにも役立つのです。 イキイキとした毎日を送るためにも、是非とも摂り入れたいものですね。

2-8. 目に良い

ブルーベリーが目に良いことで知られていますが、クランベリーにも同じようにアントシアニン類が含まれています。 これらの成分が網膜の細胞に存在するロドプシンの再合成を活性化させる事で疲れ目やかすみ目の予防・改善に役立つのです。

ロドプシンは目から入ってきた情報を脳へ伝える為に必要不可欠な物質ですから、再合成が妨げられると目の疲れや見えにくいといった症状が起きてしまいます。 パソコンなどで目を酷使する人などには、視力減退の抑制にも効果を発揮してくれるでしょう。

2-9. 歯周病予防

クランベリーの抗酸化力は、口の中にまで効果を発揮してくれます。 これも強力な抗酸化力があるプロアントシアニジンのお陰です。 このお陰で歯周病の原因となる歯垢を減らし、口の中を清潔に保つ事が出来ます。

もちろん、適切な歯磨きは必須ですが、クランベリーを摂取する事でプラスαの効果を得ることが出来るでしょう。

3. 注意点

注意点

3-1. 摂り過ぎには注意

クランベリーは安全に摂取する事の出来る果実ではありますが、摂り過ぎは胃腸障害や下痢などの症状を引き起こす可能性があります。 クランベリーは胃酸過多になりやすいため、摂取し過ぎると胃が痛んだり下痢になる可能性が高いのです。

ドライタイプのクランベリーなら1日に30gまでを目安に、100%ジュースなら500mlまでを目安にしたほうが良いでしょう。 普通に摂取する分には問題がありませんが、胃腸が弱い人などは気をつけた方がいいですね。 下痢をした場合は、摂取量を抑えるようにしてください。

3-2. 薬を服用中の人は注意

持病などで薬を服用中の場合、クランベリーとの相乗作用により悪い影響が出てくる場合があります。 特に血液をサラサラにするワーファリンなどの抗凝固剤成分との併用は避けた方が良いでしょう。 ワーファリンと併用すると、その効果が高まり過ぎてしまう事があるのです。

また、クランベリーには風邪薬や頭痛薬に含まれるアスピリンと同じ様な効果がある成分が含まれているため、アスピリンアレルギーがある人は注意しましょう。 また、アスピリンと併用すると効果が高まり過ぎるので併用は控える事をオススメします。

3-3. 食べにくい飲みにくい

実は他の果物と違ってクランベリーには、甘味がありません。 そのため、そのまま食べるにしても100%ジュースとして摂取するにしても非常に食べにくいという特徴があります。 ですからクランベリーの栄養や効能を期待して摂取する場合は、摂りいれやすくする工夫が必要です。

他のフルーツと一緒に摂るなど、無理なく摂取出来る方法を考えましょう。 ただし、クランベリージュースを飲む場合は、砂糖があまり添加されていないものを選ぶようにすると良いでしょう。 飲みやすくなっても砂糖の摂り過ぎとなってしまう場合がありますよ。

まとめ

小さな可愛い見た目と違って、その一粒にポリフェノールやビタミンといった豊富な栄養成分がぎゅっと詰まっているクランベリーには様々な効能があります。 そのまま食べたりジュース、ドライフルーツとして摂取する他にもサプリメントでその栄養素を補う事が出来ますよ。 健康にも美容にも良いクランベリーは、積極的に摂りたい果実です。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!