恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170925113620.html
目を合わせない人の心理や特徴8選

目を合わせない人の心理や特徴8選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
目を合わせない人の心理や特徴8選

恥ずかしいから、緊張してしまうから、ストレスを感じるからなど、目を合わせない人の心理や特徴についてまとめました。

  • 恥ずかしがり屋
  • 緊張しやすい
  • 繊細で相手に気を遣いすぎる
  • 自分に自信がない
  • 初対面の人や初めての場所や環境が苦手
  • 会話よりメールの方が話しやすい
  • コミュニケーションが苦手で友人が少ない
  • ストレスを感じやすい
  • まとめ

1. 恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋

目を合わせない人は、恥ずかしがり屋な場合が多いです。 会話をする時も、照れてしまい、目を伏せたまま話してしまうことも多いです。 視線が合うとドキドキしてしまい、上手く話せない人も多いでしょう。 はにかみ屋だったり、顔が赤くなりやすかったりと、会話中に照れが生じてしまうことが多いのです。 本人は堂々としたくても、なかなかできなくて困っている場合が多いです。

2. 緊張しやすい

緊張しやすい

目を合わせない人は、緊張しやすく、小心者の場合が多いです。 ステージでの発表や、教室での音読など、周囲にパフォーマンスすることが苦手な場合が多いです。 ドキドキしすぎて体調を崩したり、メンタルがおかしくなってしまいやすいです。 心拍数や呼吸をコントロールすることで、過度な興奮を抑制するように心がけましょう。 また、発表やイベントの前日に眠れなくなることが多いので、睡眠のコントロールも大切です。 環境を整えたり、体のリズムを調整するように気をつけましょう。 あとは、考えすぎず行動することが大切です。

3. 繊細で相手に気を遣いすぎる

繊細で相手に気を遣いすぎる

目を合わせない人は、繊細で優しくて、相手に気を遣いすぎることが多いです。 「相手は嫌な思いをしていないだろうか」「退屈をしていないだろうか」「上手く話せただろうか」 と、会話中も考え込んでしまい、上手く会話を繋げられない場合もあります。 悩み過ぎて、コミュニケーションそのものがいやだという人もいるでしょう。 気を遣いすぎても、仲が深まるわけではなく、かえってぎくしゃくしてしまうこともあります。 適度な距離感を保ち、さりげなく気を回せる人が、友情をはぐくみやすいのです。 落ち込みすぎず、気を揉みすぎず、気楽なコミュニケーションを心がけましょう。

4. 自分に自信がない

自分に自信がない

目を合わせない人は、自分に自信がない場合が多いです。 容姿にコンプレックスを持っていたり、無能感や無力感を感じていたりとネガティブな思考をしていることが多いです。 それゆえに、卑屈で皮肉屋な言動や態度が出てしまい、周囲から避けられることもあります。 暗い気持ちというのは、周囲に伝播しやすいです。 嫌われたくないと考えるのではなく、好かれたいという前向きな気持ちを持つことで、明るい雰囲気で周囲を変えることもできます。 友達を作りたい場合は、ポジティブシンキングを心がけるようにしましょう。

5. 初対面の人や初めての場所や環境が苦手

初対面の人や初めての場所や環境が苦手

目を合わせない人は、引っ込み思案で、初対面の人や初めての環境が苦手な場合が多いです。 入学式や、クラス替え、入社時など、新しい環境に飛び込むのが憂鬱で仕方ない人も多いです。 周囲となじめず、孤立してしまった経験がある場合も多く、そのネガティブな記憶を引きずってしまいがちです。 緊張しやすく、落ち込みやすいので、新しい環境に入ると心身共に疲れやすいのもネックです。 うつ病などの疾患にもかかりやすいので、必要であれば医療機関やカウンセラーなどに相談することも大切です。

6. 会話よりメールの方が話しやすい

会話よりメールの方が話しやすい

目を合わせない人は、会話は全然できなくても、メールやSNSなどの文章でのコミュニケーションは得意という場合も多いです。 ネット弁慶や、SNS内弁慶な場合が多く、現実社会では暗い性格で喪、SNSの仲間内ではすごく元気ということも多いです。 それゆえに、現実とネットでのギャップに驚く人も多いでしょう。 また、SNSに依存しやすく、現実逃避してしまいがちなので、気をつけなければなりません。

7. コミュニケーションが苦手で友人が少ない

コミュニケーションが苦手で友人が少ない

目を合わせない人は、コミュニケーションが苦手な場合が多いです。 それゆえに友人が少なく、一人でいることも多いでしょう。 本当は一人ぼっちが嫌でしかたなく、友人がいない自分に落ち込んでいる場合もあります。 一方で割り切って、一人でいても平気という人も多いです。 それゆえに、一人で没頭できる趣味や、仕事に取り組む場合が多いです。 孤独だからこそ、集中でき、能力を極められる場合もあるのです。

8. ストレスを感じやすい

ストレスを感じやすい

目を合わせない人は、ストレスを感じやすく、抱え込みやすい場合が多いです。 相手と視線を合わせるということは、コミュニケーションの手段であります。 そして、敵か味方かを判断する、緊張を含んだやり取りでもあるのです。 動物同士がにらみ合って威嚇し合うように、人間にもその名残が本能的に宿っています。 それゆえに、目を合わせるというのは、攻撃性や敵対心を相手にぶつけてしまうことでもあるのです。 ですから、ストレスを感じやすい場合は、少し目を反らして会話した方が、楽にできることも多いのです。 目を合わせないことは失礼当たるとよく言いますが、仲が良いこそ、少し視線を外した方が、リラックスできるのです。

まとめ

目を合わせない人は、緊張しやすく、コミュニケーションが苦手な場合が多いです。 しかしながら、積極的に目を合わせようとするのも、互いにとってストレスになってしまうのです。 仲が良い関係だからこそ、少し視線を合わせずに会話した方が、より気楽に付き合うことができるのです。

恥ずかしいから、緊張してしまうから、ストレスを感じるからなど、目を合わせない人の心理や特徴についてまとめました。


恥ずかしがり屋

目を合わせない人は、恥ずかしがり屋な場合が多いです。 会話をする時も、照れてしまい、目を伏せたまま話してしまうことも多いです。 視線が合うとドキドキしてしまい、上手く話せない人も多いでしょう。 はにかみ屋だったり、顔が赤くなりやすかったりと、会話中に照れが生じてしまうことが多いのです。 本人は堂々としたくても、なかなかできなくて困っている場合が多いです。

緊張しやすい

目を合わせない人は、緊張しやすく、小心者の場合が多いです。 ステージでの発表や、教室での音読など、周囲にパフォーマンスすることが苦手な場合が多いです。 ドキドキしすぎて体調を崩したり、メンタルがおかしくなってしまいやすいです。 心拍数や呼吸をコントロールすることで、過度な興奮を抑制するように心がけましょう。 また、発表やイベントの前日に眠れなくなることが多いので、睡眠のコントロールも大切です。 環境を整えたり、体のリズムを調整するように気をつけましょう。 あとは、考えすぎず行動することが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!