恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170817103349.html
頭の回転が速い人に共通する10の特徴

頭の回転が速い人に共通する10の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
頭の回転が速い人に共通する10の特徴

頭の回転が速い人に共通する10の特徴をまとめました。



  • 相手の言いたいことをすぐに理解することができる
  • すぐに話をまとめてしまう
  • 早口
  • 話がどんどん展開していく
  • 知識をひけらかさない
  • 決断が早い
  • 効率的に仕事をこなす
  • 人間関係を瞬時に見抜くことができる
  • 記憶力が高い
  • 好奇心が旺盛

1. 相手の言いたいことをすぐに理解することができる

相手の言いたいことをすぐに理解することができる

頭の回転の速い人は、人の話を聞きながら、頭の中でスピーディーに整理をし、理解することができます。 そのため、話が苦手な人や、言葉足らずな人の話も、きちんと理解することができます。

2. すぐに話をまとめてしまう

すぐに話をまとめてしまう

頭の回転の速い人は、自分の中でスピーディーに理解することができてしまうため、無意識に相手の話をまとめてしまいます。 これは、相手がいいたいことをすぐに理解することができてしまうためにとってしまう行動ですが、人によっては、自分の話を遮られたと感じてしまう人もいますから、注意しましょう。

3. 早口

早口

頭の回転が速い人は、自分の頭の中で話していることよりも一歩先のことを考えていますから、つい早口になってしまいます。

4. 話がどんどん展開していく

話がどんどん展開していく

頭の回転が速い人は、自分が話していることよりも一歩先のことを考えています。 人の話を聞いているときにも、相手の言いたいことがすぐに理解でき、スピーディーに整理をすることができますから、話がどんどん展開していってしまいます。

頭の回転が速い人は、本人の頭の中では関連性のある話題として考えていたことですから、特におかしなことだとは考えていませんが、Aという話題について話している最中でも、関連性のあるBやCという話題が頭に浮かんでしまうため、周囲からは話がいきなり飛んでしまったと感じてしまい、その場の空気がおかしなことになってしまいます。

5. 知識をひけらかさない

知識をひけらかさない

頭の回転の速い人は、ほとんどの場合、自分の知識量を自慢したりせず本当に知識が必要な時にだけ、知識を活かすというのが特徴です。

6. 決断が早い

決断が早い

何かに悩んだ時、長時間悩んだからといって、より良い選択ができるとは限りません。 頭の回転が速い人というのは、ぐずぐずしているとチャンスを逃してしまうということを理解していますから、決断が早く、失敗をしません。

他人から見ると、ちょっと冷静に欠いた行動と思う場合もありますが、速く決断しないとチャンスを逃してしまう場合もありますから、即断即決できる点は重要といえます。

7. 効率的に仕事をこなす

効率的に仕事をこなす

仕事面では、頭の中で優先順位をきちんと付けていくことが大事です。 頭の回転が速い人というのは、今やらないといけないことや、次にやることが明確になっていますから、集中して仕事を効率よく行うことができます。 頭の回転が速い人は、決断するスピードが速く、即断即決を行うことができます。

8. 人間関係を瞬時に見抜くことができる

人間関係を瞬時に見抜くことができる

頭の回転が速い人は、初めての場所であっても、瞬時に人間関係を見抜くことができます。 もともと人間観察をすることが好きな人が多く、すれ違う人をよく観察していますから、洞察力に優れているといえます。

9. 記憶力が高い

記憶力が高い

頭の回転が速い人は、記憶力が高く、貴重な経験や大量の知識も覚えてします。 記憶力が高い人は、頭の回転が速いだけではなく、記憶力がよいため、頭の中で後々役に立つときがくると信じて、頭の中で大切にとっておきます。

また、自分の知っている情報と、新しく入ってきた情報を組み合わせて考えることで、記憶に残りやすくなり、情報の活かし方をすぐにつかむことができます。 どんな情報でも、常に自分の仕事とつなぎ合わせて考えると、効率よく仕事をすすめることができます。

10. 好奇心が旺盛

頭の回転が速い人は、好奇心が旺盛で、あらゆることに関心があり、それを吸収する知識の量も多いというのが特徴です。 たえず物事に対して疑問をもち、思考を巡らせることで、客観的に、分析的に判断することができ、あふれてくる情報に惑わされることなく、自分なりの分析をすることができます。 好奇心をもってそれに従って行動することで、新しい体験や新しい知識をもたらすことができます。

また、予測できない事態が起きたとしても、それに対応できる臨機応変な思考方法を身につけていますから、過去に導き出した応えに執着することなく、不測の事態が起きても、即座に切り替えることが可能です。 なかなか好奇心を持つということは難しいかもしれませんが、思考の回転を高めるためには、好奇心は重要です。 好奇心が旺盛だと、自分で考えて自分で解決することができますから、結果的に脳を鍛えることにつながります。 そうなると、必然的に頭の回転の速い人という印象が強くなっていきます。 脳のトレーニングとしてもっとも効果的な方法は、初めての経験をするということです。 初めての経験は、脳の中の使われていなかった脳細胞を活性化させていきますから、脳にとっては健康的といえます。

そのため、いろいろな経験を積み重ねていくことで、脳に刺激を与えることができ、脳細胞同士のネットワークが濃密になり、情報量を増やすことができます。 また、軽い有酸素運動は、体全体の基礎代謝をアップさせることができ、頭に巡る血液の量も増やすことができます。 そうなると、脳に必要な酸素や栄養素が巡りやすくなり、頭の回転を速くしていくことにもつながります。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!