恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170812143707.html
モテるオスは死ぬ?バビルサの7の特徴

モテるオスは死ぬ?バビルサの7の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
モテるオスは死ぬ?バビルサの7の特徴

バビルサに興味があるパートナーの為に、理解を深めましょう。 モテるオスは死ぬ?バビルサの7の特徴をまとめてみました。

  • 「バビルサ」とは
  • バビルサの悲劇:モテるオスは死に、モテないオスは子供を残せない
  • バビルサにとって温泉は大事
  • バビルサの性格
  • バビルサの特技
  • バビルサの天敵
  • バビルサはどこでみることができる?

1. 「バビルサ」とは

「バビルサ」とは

「バビルサ」とは、偶蹄目に分類されるイノシシのようなブタのような見た目をした、体長約1メートル、体重約100キログラムの動物です。 バビルサの分布範囲は、インドネシアの熱帯雨林地域であり、インドネシアの固有種です。 バビルサの名前は、バビはブタ、ルサはシカという意味があり、シカのようなブタという意味を持っています。

分類としては、イノシシの仲間とされていますが、イノシシの様に硬い毛が体中を覆っていることはなく、体毛はほとんどありません。 体色は暗褐色であり、これは生息地である森林や川辺、湖の岸の保護色になっているともいわれていて、見た目は特にかわいいわけでもなく、目立つような動物でもありません。

2. バビルサの悲劇:モテるオスは死に、モテないオスは子供を残せない

バビルサの悲劇:モテるオスは死に、モテないオスは子供を残せない

バビルサの大きな特徴は、2対の牙です。 この2対の牙というのは、発達した犬歯です。 バビルサの上下の犬歯は伸び続け、湾曲し、自分の頭の方に向かって伸びています。 さらに、上あごの犬歯は下に向かって伸びるのではなく、皮膚を突き破り頭の方に向かって伸びています。 この牙は頭に突き刺さるほど伸びることがあるため、「死を見つめる動物」とも言われています。 噂話として、バビルサの牙は最終的にはその先端が頭に突き刺さり、自滅してしまうと言われていますが、その頻度は少ないともいわれています。

しかし、実際に牙が頭に刺さっていたバビルサがいたという報告もされています。 この牙がどうして発達したのか、なんのために使われている器官であるのか理由ははっきりわかっていません。 しかし、一つの理由として考えられているのは、オスがメスに自分の強さをアピールするためだといわれています。 事実、発達した牙はオスしか持っておらず、メスには発達した牙は確認されていません。 さらに、牙の折れたオスのバビルサはメスに相手にされず、子孫を残せないという行動がみられているそうです。

つまり、バビルサにとっての牙は、クジャクの飾り羽のような、オスの力をメスに示すためのシンボルのような役割があると考えられています。 したがって、バビルサが子孫を残すためには、この牙を発達させなければならない代わりに、最終的には自分自身の牙で死ぬことになり、一方で、牙が折れ、自分自身の牙で死ぬことは免れたとしても、子孫を残すことができず、結局は自然界の競争に勝つことができないという、何とも悲しい動物です。

3. バビルサにとって温泉は大事

バビルサにとって温泉は大事

温泉に入る動物の代表として、その愛くるしい姿から、サルやカピバラといった動物が注目を集めていますが、サルやカピバラは自然界において温泉に入らなければならないということはありません。 しかし、バビルサは自分たちの命を守るために、温泉はとても大切です。 バビルサは基本的になんでも食べることができる雑食性です。

エサが無い時には、パンギノキといった、青酸化合物などの有毒な植物の新芽もエサとして食べています。 これらの植物の毒を自分自身で解毒することは難しいため、バビルサは温泉水を飲んだり、温泉の泥を食べたりすることによって解毒しています。 また、イノシシやブタにもみられる行動ですが、バビルサは温泉の泥を皮膚に塗ることによって寄生虫を取り除いたりしています。 生きていくためとはいえ、わざわざ毒のある植物を食べて、解毒剤を食べなければならない生き方もまた、たくましくもあり、悲しくもあります。

4. バビルサの性格

バビルサの性格

バビルサは警戒心の強い性格です。 めったに人に近寄ることはなく、その姿を野生で観ることはめったにないそうです。

5. バビルサの特技

バビルサの特技

バビルサは泳ぎが得意な動物と言われていて、近くの島までであれば泳いで渡ることが可能であると言われています。 また、聴覚も発達していて、遠くから人の気配を察知して逃げることがあるそうです。

6. バビルサの天敵

バビルサの天敵

バビルサの天敵は人間です。 現在バビルサはレッドデータブックにも掲載され、危急種、または絶滅危惧種の動物とされています。 熱帯の開発にともない、バビルサの生息地が開発され、人の活動範囲が拡大され、密猟などが行われている結果、バビルサの個体数の減少は一向にとどまりません。 人間の活動を制限したとしても、バビルサの繁殖能力はそれほど高くはなく、一回に1~2頭しか出産することができないと言われています。

現在、バビルサの保護活動が進められていますが、現地の農業発展などのために、完全に保護することはとても難しい状況です。 バビルサは人間との関係も深い生き物であり、民族工芸品にバビルサを模したものが作られていたりしたそうです。

7. バビルサはどこでみることができる?

バビルサは、ワシントン条約の保護対象の種であるため、基本的にインドネシア国外への持ち出しは禁止されているため、インドネシア以外でみることはできないそうです。 そのため、バビルサを見るときはインドネシアのスラパヤ動物園でみることができるそうです。

バビルサに興味があるパートナーの為に、理解を深めましょう。 モテるオスは死ぬ?バビルサの7の特徴をまとめてみました。


「バビルサ」とは

「バビルサ」とは、偶蹄目に分類されるイノシシのようなブタのような見た目をした、体長約1メートル、体重約100キログラムの動物です。 バビルサの分布範囲は、インドネシアの熱帯雨林地域であり、インドネシアの固有種です。 バビルサの名前は、バビはブタ、ルサはシカという意味があり、シカのようなブタという意味を持っています。

分類としては、イノシシの仲間とされていますが、イノシシの様に硬い毛が体中を覆っていることはなく、体毛はほとんどありません。 体色は暗褐色であり、これは生息地である森林や川辺、湖の岸の保護色になっているともいわれていて、見た目は特にかわいいわけでもなく、目立つような動物でもありません。

バビルサの悲劇:モテるオスは死に、モテないオスは子供を残せない

バビルサの大きな特徴は、2対の牙です。 この2対の牙というのは、発達した犬歯です。 バビルサの上下の犬歯は伸び続け、湾曲し、自分の頭の方に向かって伸びています。 さらに、上あごの犬歯は下に向かって伸びるのではなく、皮膚を突き破り頭の方に向かって伸びています。 この牙は頭に突き刺さるほど伸びることがあるため、「死を見つめる動物」とも言われています。 噂話として、バビルサの牙は最終的にはその先端が頭に突き刺さり、自滅してしまうと言われていますが、その頻度は少ないともいわれています。

しかし、実際に牙が頭に刺さっていたバビルサがいたという報告もされています。 この牙がどうして発達したのか、なんのために使われている器官であるのか理由ははっきりわかっていません。 しかし、一つの理由として考えられているのは、オスがメスに自分の強さをアピールするためだといわれています。 事実、発達した牙はオスしか持っておらず、メスには発達した牙は確認されていません。 さらに、牙の折れたオスのバビルサはメスに相手にされず、子孫を残せないという行動がみられているそうです。

つまり、バビルサにとっての牙は、クジャクの飾り羽のような、オスの力をメスに示すためのシンボルのような役割があると考えられています。 したがって、バビルサが子孫を残すためには、この牙を発達させなければならない代わりに、最終的には自分自身の牙で死ぬことになり、一方で、牙が折れ、自分自身の牙で死ぬことは免れたとしても、子孫を残すことができず、結局は自然界の競争に勝つことができないという、何とも悲しい動物です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!