恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170810132125.html
ゴリラの握力や性格、生態や8の特徴

ゴリラの握力や性格、生態や8の特徴 | 恋のミカタ

恋のミカタ
ゴリラの握力や性格、生態や8の特徴

ゴリラが好きなパートナーの為に、理解を深めましょう。 そもそもゴリラとは霊長類と呼ばれるサルの仲間の中でゴリラの体格は世界最大。



  • ゴリラの生息地
  • 何を食べるか
  • ゴリラの生態
  • ドラミング
  • 握力
  • 天敵
  • 見かけによらず
  • 寿命

大きなオスなら身長は2メートルにせまり、体重も200キロ近くになります。 ニシローランドゴリラ、ヒガシローランドゴリラ、マウンテンゴリラなどいくつか種類がありますが、実は分類の仕方には諸説あり、絶対的な分類法はまだ確立されていません。 マウンテンゴリラをヒガシローランドゴリラの亜種とする説もあります。

とりあえず、ニシローランドゴリラは毛足が短く、成長するにつれ頭部の毛が赤っぽく変色する。 ヒガシローランドゴリラは毛足が長く、成長しても毛の色に変化がない。 マウンテンゴリラは前述の2種よりも体が大きい、などと区別されています。

1. ゴリラの生息地

ゴリラの生息地

ゴリラの生息地はウガンダ、コンゴ、ナイジェリアといったアフリカ中心部の赤道地帯で、主に熱帯雨林やじゃんぐるに生息しています。

しかしローランドゴリラは低地(low land)に住むことからその名がつき、マウンテンゴリラは標高2、3千メートルいじょうの高地に住むことから「山のゴリラ」という意味でその名がついたように、生息域の中でもさまざまな住み分けが確認されています。

2. 何を食べるか

何を食べるか

ごつい外見に似合わず、ゴリラの主食は草や果実です。 しかし純然たる草食性ではなく、アリなどの昆虫や小型の無脊椎動物からたんぱく質を摂取することもあるので、厳密にいえば雑食性ということになるでしょう。

なにしろ体が大きいので、1日の食事の摂取量はオスで30キログラム、メスでも20キログラムに達します。 したがって起きている時間のほとんどが食物探しと食事についやされ、食物を探しながら1日に数キロの距離を移動します。 バナナが好きなのは確かですが、リンゴでもメロンでも、香りが強く甘みのある食べ物には一様に引きつけられます。

3. ゴリラの生態

ゴリラの生態

木登りは得意ですが、ふだんは地上で生活しています。 シルバーバック(年齢を経て背中の毛が銀色をおびた灰色になった個体)と呼ばれる成熟したオスを筆頭にハーレムを形成し、メスと子ども、総勢20頭前後の群れで暮らしています。 活動するのは主に日中。 夜は子どもやメスは樹上で眠りますが、オスは適当な場所に枝や葉をかきよせて寝床を作り、地上で眠ります。

ちなみに一度使った寝床は二度と使わないそう。 腕が脚より長く、四つん這いになると尻より肩の方が高い位置にきます。 四つん這いで歩くというより、脚で歩きながら両手をちょっとだけ地面につけるような歩き方をします。 これはナックルウォークと呼ばれ、ナックルというのは「げんこつ」とか「指関節」とかいう意味の英語です。

4. ドラミング

ドラミング

ゴリラと聞いて多くの人がまず連想するのが「ドラミング」ではないでしょうか。 大声をあげながら両手でドンドンと胸を叩く、あれです。 オスのゴリラの胸には「咽頭のう」と呼ばれる袋があります。 咽頭のうはゴリラがウホーッと声をあげながら息を吸い込むと大きくふくらみます。 これを両手でたたくと、まるで太鼓のように音が反響し、その音は2、3キロメートル先まで届きます。 音をより大きく響かせるため。

こぶしではなく手のひらで叩くのがふつうです。 この行動は、たとえばケンカ相手に和解を求める(相手をなだめる)時や、仲間に危険を知らせる時や、食物の発見を群れに伝達する時などに行われます。 よく言われる「威嚇」の意味合いは、どうやらあまりないようです。

5. 握力

握力

好物の果実をとるため気に上るので、ゴリラの握力はとても強く、おとなのオスで500キロ以上あるそうです。 人間の成人男性の握力の10倍くらいはありますね。 あれだけの体重を片手でささえながら木々の間を渡って暮らしているのですから、このくらいの握力は必要なのでしょう。 たとえゴリラに悪意がなくても、手を出されたら人間はひとたまりもありません。 うかつに近寄るのは危険です。

6. 天敵

天敵

言うまでもなく、最大の敵は人間です。 密猟はあとをたたず、すみかである森林破壊もあって、ゴリラの個体数は激減してしまいました。 絶滅危惧種にも指定されています。

自然界ではゴリラがヒョウに襲われた事例がいくつか報告されています。 毎回負けるわけでもないようですが、平和的に暮らしているのんびりしたゴリラにとって、戦闘はあまり得意分野ではないようなのです。

7. 見かけによらず

見かけによらず

突然飼育下におかれたゴリラがノイローゼになったりおなかを壊したりするのは有名な話です。 元気だったゴリラが動物園に迎えいれられたとたんに他界したという悲しい事例も聞いたことがあります。 ゴリラは非常に知能が高く、なおかつとても繊細で、見かけによらずデリケートな生き物なのです。

もともと群れで生活する動物ですから、孤独には特に弱いと考えられています。 かつて東京の上野動物園では、飼育中のゴリラの気をまぎらわせるため飼育スペースにテレビを設置し、なかなかの成功をおさめました。

群れから引き離されて孤立したゴリラは大きなストレスを感じます。 繁殖や子育てを可能にするには、ゴリラをできる限り自然に近い状態でのびのびと暮らさせることが必要です。

8. 寿命

ゴリラの寿命はだいたい40年とされています。 ただし飼育下では、食物の心配がないこと、外敵から守られていることなどから、いったん適応してしまえば自然界より長生きするケースがあり、アメリカのダラス動物園ではジェニーという名のメスゴリラが55歳、また国内では名古屋の東山動物園のオキという名のメスゴリラが53歳と、人間で言えば100歳オーバーの長寿記録を樹立しています。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!