恋、ちゃんと選んでいますか?意外に知らない恋愛の選び方、これからの「恋愛」の話をしよう。そんなあなたの恋のミカタ

 

意外に知らない恋愛の選び方

https://koinomikata.com/blog/20170808130235.html
史上最強の悪魔の動物?クズリの特徴7選

史上最強の悪魔の動物?クズリの特徴7選 | 恋のミカタ

恋のミカタ
史上最強の悪魔の動物?クズリの特徴7選

クズリが好きなパートナーの為に、理解を深めましょう。 ペットにできる?怖いもの知らずで有名なクズリの特徴7選をまとめました。



  • クズリの生態
  • クズリの生息地
  • クズリの食性
  • クズリの性格
  • クズリの天敵
  • クズリの発情期
  • 日本でクズリを飼育できるのか?

1. クズリの生態

クズリの生態

小さな悪魔ともいわれる、最も凶暴な動物クズリ。 実は、X-MENシリーズの「ウルヴァリン」のモデルにもなっています。 クズリは、ネコ目、イタチ科クズリ属に分類されるほ乳類で、見た目は大きなアライグマか、小さな熊といった感じです。 体長65〜105㎝、尻長17〜26㎝、体重7〜32㎏(オス平均15㎏、メス平均10㎏)。 耳は小型で丸みを帯びています。

足は短くがっしりしており、長く鋭い爪を持っています。 地表性ではありますが、木登りや泳ぎも上手です。 昼間に活動することもありますが、基本的には夜行性です。 巣は、岩の割れ目や、木の根元、または、他の動物の古巣に葉などを敷いて利用することもあります。

怖いものがない

彼らの大きな特徴は、ほとんどと言っていいほど恐怖心が無いことです。 そのため、自分よりも大きな、オオカミや熊の捕獲した獲物まで、横取りしようとします。 強さの秘密は、強い爪、強靱な顎と歯です。 この強靱な顎は、獲物の骨をも噛み砕くことが出来ます。

また、体長のわりに大きな手足を持っている彼らは、1日で45㎞の移動や、10〜15㎞は休まずに走行することができるといわれています。 また、特殊な足の構造をしているため、雪の上でも体重が分散し、体が沈むことなく行動することが出来ます。

2. クズリの生息地

クズリの生息地

クズリは、タイガやツンドラなど、人間の住むエリアからは離れたところに生息しています。 ノルウェーからロシア極東部までのほか、モンゴル、中国北部、北アメリカのアラスカからハドソン湾にかけての北極圏を含む、北半球北部エリアに分布しています。

また、クズリはユーラシアクズリと、アメリカクズリの2種類に分けられ、ユーラシアクズリはスウェーデンと中国北部、モンゴル、ロシアに。 アメリカクズリは、アメリカ(アイダホ州、アラスカ州、オレゴン州、カリフォルニア州、モンタナ州、ワイオミング州)、カナダに生息しています。

3. クズリの食性

クズリの食性

クズリの食性は肉食です。 決して大きくもなく、他の肉食獣とも生息地域が重なっているのにもかかわらず、捕食されることはありません。 その恐れ知らずな性格で、他の肉食獣、例えば、オオカミやピューマ、熊が捕獲した獲物を横取りします。 また、食料が乏しくなると、身動きが取れなくなったトナカイや鹿、羊など、クズリの何十倍もある大型動物を、襲って食べます。

その、狩りの仕方がユニークで、正面からではなく、木の上などから奇襲し、急所をピンポイントで攻撃し仕留めます。 小さな体からは、想像もできない強い力です。 解体した獲物は、雪の中などで保管します。

4. クズリの性格

クズリの性格

性格は、人間でいうならば、まさに勇猛果敢と言えるでしょう。 どんなに大きな相手にも、臆せず立ち向かっていく、怖いもの知らずの性格です。 アラスカやヨーロッパでは、どんなに頑丈な罠にかかっても壊して逃げたり、罠に獲物がかかっていれば、人間のものであろうと躊躇なく食べる。

狙った獲物に食らいついたら、放さない。 執拗な攻撃をくりかえし、自分か相手が倒れるまで、攻撃を止めない。 とまで言われています。 しかし、このような、凶暴な一面を持っているクズリですが、人間に懐き、雪の中に埋もれた人間を認識し、強力な腕力で救い出してくれたという記録もあります。

5. クズリの天敵

クズリの天敵

決して大きくもなく、他の肉食動物と生息地域が重なっているのにもかかわらず、捕食されることはありません。 これは、実質的に天敵はいないと言っても良いかもしれません。 もちろん、捕食されなくても、熊のような大きな肉食獣に負けることはあるでしょう。 動物界最強の動物とはさすがに言えませんが、体重比率では地上最強と言えるかもしれません。 どのような大きな動物にも立ち向かっていく、その姿勢は、さながら誇り高い野生の戦士とも言えるかもしれません。

飼育フェンスで飼われているクズリは、落ち着かずうろうろしたりしていて、どう猛な雰囲気はないようです。 実際に、動物園で実物を見ると、アラスカやヨーロッパで言い伝えられているような、凶暴な姿は見られないかもしれません。 やはり、野生で生きていてこそ、地上最強のクズリになり得るのでしょう。

6. クズリの発情期

クズリの発情期

クズリは一夫多妻制で、繁殖期は4月〜8月頃です。 遅延着床があるため、妊娠期間は4〜9ヶ月ほどですが、実質の妊娠期間は30〜50日程度で、通常2〜3子を出産します。

食べ物が豊富な時は、年1〜2回繁殖しますが、食べ物が少ない場合は繁殖しません。 生後2〜3年で成熟するクズリの寿命は、約13年と言われています。

7. 日本でクズリを飼育できるのか?

クズリは人間の乱獲や害獣駆除によって、数が減少してしまいましたが、ワシントン条約での制約はされていません。 日本の上野動物園にも20年ほど前にはいたそうですが、今はもういないようです。

世界の動物園でも100頭未満しか、飼育されていないので、個人で飼育するのは、実質不可能に近いと思います。 どうしても実物を見たい人は、海外の動物園に行くか、日本の動物園で飼育されるのを、待つしかなさそうです。


この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!